2011年10月06日(木)23時47分

Dark Souls 海外レビュー

1280.jpg

Dark Soulsの海外レビューです。

GamePro 5.0/5.0

端的に言って、私がDemon’s Soulsの(精神的)続編に望んだ全てが詰まった作品だ。ビデオゲームの限界を推し進めた作品を目にして見たいという人間全てにお勧めする。

Playstation Universe 9.5/10

細かい問題点はあるものの、Dark Soulsは極めて中毒性の高いゲームで、ハマったら抜け出せなくなるだろう。とにかく奥が深く、サプライズと学習に満ちている。From SoftwareによるアクションRPGは万人向けではないが、ハードコア・ゲーマーは大喜び出来るはずだ。遂に登場したDemon’s Soulsの続編は、驚異的な仕上がりである。

GameSpot 9.5/10

Dark Soulsは集中力が求められるゲームだ。明るくカラフルなファンタジー世界での心温まる冒険ではなく、恐ろしい未知の世界への理路整然とした旅であり、だからこそ胸が躍るのだ。不気味な物音や動物の遠吠えで怖がらせようとするゲームもあるが、Dark Soulsにそんなありきたりな怖がらせ方は必要ない。Dark Soulsの恐怖は、一歩進むごとに避けられない死へと近づいていくという根本的な恐怖なのだ。そんな恐ろしい土地が、これほど魅惑的になりうるとはなんと素晴らしい事だろうか。本作の世界観は極めて印象的で、アクションはプレーしていない時ですら頭から離れないほどスリリング。現実世界を抜け出して、この危険な世界に戻りたくなるのだ。Dark Soulsは他のダンジョン探索ゲームを超越しているだけでなく、鋭く尖った矛槍で串刺しにし、魂の抜けた死体を残すのだ。

1UP A/A+

特定のメカニックに関して言及し忘れているとしたら、それはあまりに数が多いからに他ならない。それに、自らの経験ではなく他人から教えてもらうのはチートにあたるはずだ。だが、私がDark Soulsで一番好きなのは、選択肢が豊富なお陰で、問題の解決に明確な答えが存在しない点だ。本作はキャラクターの成長に膨大な選択肢を提供していて、全ての責任はプレーヤーに委ねられているので、各プレーヤーが自分に最も適した戦略を見つけ出す事が出来るのだ。Dark Soulsでは、実験と実験結果の検証を通してのみ成功する事が可能であり、これはプレーヤーからの多大な投資が求められるという事に他ならないが、勝利に至るあらゆる要素を自らが導き出したという感覚は、ビデオゲームでは滅多に味わう事が出来ない達成感をもたらしてくれる。Dark Soulsをプレーし通す時間や気質を誰もが持っているわけではないのは悲劇だが、一つの真実だけは明確であり続ける。それは、君が準備出来ているなら、Dark Soulsも準備万端で待ち構えているという真実だ。

IGN 9.0/10

Dark Soulsのようなゲームの場合、レビュワーの仕事は難しくなる。無条件にお勧めする事はまず無理。リラックス出来るゲームではないのだ。プレーヤーを楽しませようとは全く思っていないし、プレーヤーのエンターテイメント観や幸福感など微塵も気にしていない。楽しむためだけにゲームをプレーする人間向けの作品ではないし、私がいくら無理強いしても心変わりさせる事は出来ないだろう。だが、ゲームがどこまで一点に集中し、純粋かつ妥協せずにいられるかという、ビデオゲームの限界に興味があるなら、Dark Soulsは必ずやプレーすべきゲームだろう。思考回路をDark Soulsに合わせ、苛酷なチャレンジの背後に隠された報酬をコントロールする歪んだ方法を理解し始めると、Dark Soulsはこれ以上ないほどスリリングかつ魅惑的で、夢中になるゲーム体験となるはずだ。

Eurogamer 9.0/10

奇妙な土地で自らの道を切り開く冒険家になれるのがロールプレイングなら、Dark Soulsは最高のRPGだ。スリリングな状況下でプレーヤーの腕を試すのがアクションなら、Dark Soulsは最高のアクション・ゲームだ。忘れ去られた世界の秘密を解き明かそうとするプレーヤーを驚かし惑わすのがアドベンチャーなら、Dark Soulsは最高のアドベンチャー・ゲームだ。

失敗せずに易々と先に進む事が出来るのがエンターテイメントだとすれば、他の作品を当たった方が良い。だが、それでは今年最高の1本を素通りしてしまう事になる。

Metro GameCentral 9.0/10

些細なミスが命取りになるが、ちっぽけな勝利が壮大な偉業に感じられるような、現代ゲームのルールを書き換える傑作だ。

Joystiq 4.5/5.0

奇妙に感じる点もあるが、しばらくすると、それもDark Soulsの容赦ない難易度の一つの側面であると受け入れるようになる。私の場合は15時間だったが、数時間もすると全てが噛み合い始め、Dark Soulsを覆う壁が崩れて内部にある旨みが姿を現すのだ。

Game Informer 8.75/10

細かな不満点こそあるが、Dark Soulsは考えただけでアドレナリンが湧き出てくるようなゲームだ。先月は60時間以上をプレーしたが、その間に100回以上は死んだだろう。叫び、暴言を吐き、コントローラーを投げ付けた。それでも、再び同じ事を繰り返すのが待ち切れない。Dark Soulsは恐らく今年最大のゲームというわけではないだろうが、一番多くの時間を費やすゲームになるのは確かだ。

Cheat Code Central 4.2/5.0

Dark Soulsはプレーヤーに多くを要求するゲームで、間違いなく万人向けではない。だが、精神的前作Demon’s Soulsを気に入った人や、似たようなRPGにウンザリしている人にとって、Dark Soulsは期待以上の作品になるはずだ。難易度が高く、常に楽しいというわけではないが、最終的には満足出来る旅路になるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: Dark Souls