2011年11月09日(水)03時35分

Call of Duty: Modern Warfare 3 海外レビュー

598.jpg

Call of Duty: Modern Warfare 3の海外レビューです。

G4TV 5.0/5.0

Call of Duty: Modern Warfare 3は、Infinity Wardにとって胸を張れる復活作であり、Sledgehammer Gamesの功績も忘れるべきではないだろう。この2つのスタジオが、引き締まったテンポの良いキャンペーンと共に本格的に始動したのだ。キャンペーン、マルチプレー、Spec Opsはどれも目的を果たしているし、グラフィックと操作性も当然ながら過去作を上回っている。ソーシャル・ネットワークEliteも、ゲーム発売から何ヶ月にも渡って新鮮な魅力を振りまき続けてくれるはずだ。

本作の素晴らしさをわざわざ説明する必要はないだろうが、今までとなんら変わらない。ファンならば今後もファンであり続けるだろう。ファンでないなら、そろそろ波に乗る時期かもしれない。Modern Warfare 3は一流の体験であり、この5年間守り続けているFPS王座の冠を、今後も守り抜くだろう。

Telegraph 5.0/5.0

Modern Warfare 3は洗練と改善の輝かしいお手本だ。馴染み深さはマイナスにならず、むしろシリーズの熱心なファンを尊重し、報いてくれる。新規プレーヤーにとっても、これ以上初心者に優しい入門編はないだろう。素晴らしいサウンド・デザイン、隅々まで磨き上げられたゲームプレーで有名なシリーズだが、Infinity WardとSledgehammerは、このModern Warfare 3でブランドの名に恥じない作品を作り上げただけでなく、超越してみせている。マス・アピールが正当化されるゲームにおいて、期待を裏切っていないのだ。今後末永くプレーされ続けるゲームであり、それも当然だろう。

Destructoid 9.5/10

Call of Duty: Modern Warfare 3は、あくまで慣れ親しんだ土台を改善する事に全力を注いでおり、それで何の問題もない。新たな要素や驚きは一切ないが、ミリタリー・シューターのファンが欲するもの全てを盛り込んだ、ゴージャスなパッケージに仕上がっている。それこそCall of Dutyが現代最もパワフルなビデオゲーム・フランチャイズとなった理由であり、Modern Warfare 3はその質の高さを再確認させてくれる。

本作を気に入るかどうかは個人の好みの問題だが、ベテランたちの職人芸は拒む事が難しいだろう。Modern Warfare 3は極めて高品質な作品だ。

OXM 9.5/10

Modern Warfare 3は、とてつもなく巨大で洗練され、ひたすらエンターテイメントなシューター体験だ。キャンペーンへの全く新しいアプローチや刷新されたエンジンや舞台設定といった希望も当然あるが、これほど巧みでスリリングなゲームを目にした時、あまり文句を言うのは難しいだろう。Modern Warfare 3は間違いなく期待に応えてくれた。

GameTrailers 9.3/10

ある意味、Call of Dutyは現代社会を反映している。ビデオゲームにおけるお菓子のようなもので、短時間でプレー可能ながら、達成感を得る事が可能なのだ。注意力が長続きしない時代に、本作のようなゲームは時間と報酬のバランスのスウィート・スポットを巧みに突いているし、極めて奥の深いマルチプレー体験には、最小限だがインパクトの強い変更が加えられている。過去作からの大幅な進化を求めているなら失望するだろうが、ファンにとって望みどおりの作品となっている。第3次世界大戦がここまで楽しいとは。

CVG 9.0/10

シングルプレー、協力プレー、マルチプレー。Modern Warfare 3とBattlefield 3を並べて比較すると、まるで双子のようだ。もちろん、オンラインは全くの別物であり、あとは好みの問題だろう。だがModern Warfare 3とBlack Opsを比較した場合、どちらが賢い兄かは明らかだ。

Infinity WardとSledgehammerは1作目のModern Warfareをお手本にしているかもしれないが、彼らはTreyarchよりも良く理解している。だが、次回作では独自の色を出してもらえれば嬉しい。

そして、Infinity WardはそろそろIWエンジンを刷新すべきかもしれない。滑らかな60fpsに文句を言う事は出来ないし、そのスムーズさのお陰で迫力が増している部分もあるが、エンジンは遂に時代を感じさせるところまで来てしまった。素晴らしいアニメーションやパーティクル・エフェクトの陰には、ジャギーやぼやけたテクスチャが見え隠れする。Captain Priceとは違い、IWエンジンは時の経過の影響を受けるのだ。Frostbiteを無視し続ければ、いつかは売り上げに響くだろう。

だが、あと2年は今のままで充分だろう。今手元にある作品、つまり2007年に眩い輝きを放っていたCall of Dutyの拡張版を楽しもうじゃないか。大胆で生き生きとしたキャンペーンと、僅かばかり思慮深さが増したオンライン要素のバランスも素晴らしいが、多くのファンには説明不要だろう。彼らにとって、Modern Warfare 3は家の中で一番の特等席であるテレビの前が指定席となるのだ。

Games Radar 9.0/10

新感覚のシューターを求めているなら、他を当たる事。Modern Warfare 3は、シリーズの長所を更に更に更に膨らませる事で成功を収めている。決して飽き飽きする事はないのだ。

Game Informer 9.0/10

Modern Warfare 3は期待通りの作品だ。マルチプレー、キャンペーンの芯の部分はほぼそのままだが、細かな調整が全体の質をどれだけ向上させる事が出来るのかという好例となっている。色々とイザコザのあったInfinity Wardだが、開発チームの残留組はSledgehammerと協力して史上最も成功を収めたフランチャイズの価値ある続編を作り上げた。

IGN 9.0/10

細かな欠点こそあれ、Call of Duty: Modern Warfare 3は我々が長年愛して止まない素晴らしいシリーズを更に発展させている。フィーチャー、モード、レベルを増やし、Call of Duty Eliteを介するソーシャル要素など、マルチプレーは文句なくシリーズ最高傑作。シングルプレー・キャンペーンとSpec Opsも、パッケージ全体に更なる価値を加味している。完璧ではないものの、素通りするには中毒性が高すぎるのだ。

Edge 9.0/10

Infinity Wardが1作目のModern Warfareを作った時は、モーション・キャプチャー用のスタジオすら持っていなかったため、他社のそれを借りていたというのは面白い話だ。4年が経過した今は当時とは全く違うのは確かだが、アニメーションは変わっていない。一種の遺産なのだ。Infinity Ward自体も大きく変化したが、安定した60fps、皆無なコントローラーの遅延、ド迫力の演出、膨大なマルチプレー、感情移入できる軍人たち、といったスタンダードは揺らいでいない。Call of Dutyシリーズが今後どこへ向かおうとも、Infinity WardのModern Warfareトリロジーは今世代を決定付けるFPSシリーズであり、Modern Warfare 3はフィーチャー満載で目を見張る完結編となっている。

Video Gamer 9.0/10

Call of Duty: Modern Warfare 3には新たな要素は何もないが、失敗している箇所もない。良くも悪くも、本作は良く出来た3種類のモードからなるエンターテイメント満載のパッケージだが、Sledgehammer GamesとInfinity Wardは、シリーズを新たな領域へ都心化させる代わりに、過去作を強化する事にしたようだ。Modern Warfare 3はActivisionがマスターした特大ヒット・リズムを継続する作品だが、今年はイマジネーションの欠如を質の高さで補っている。

Joystiq 4.5/5.0

過去作が最高のCall of Dutyだったのと同じように、Modern Warfare 3は最高のCall of Dutyとなっている。だが、質の高さ以外にも共通点は多く、過去作の時と同じように、完璧を求めてしまうのだ。

Cheat Code Central 4.4/5.0

Call of Duty: Modern Warfare 3は、繰り返しのように感じられる。キャンペーンは現実味のある戦争物からマイケル・ベイ風味の復讐物語へとシフトしているし、核となるシューティング・メカニックはそのまま、マルチプレーも充実しているが、プレーヤーが目的地に辿り着くまでのエサに過ぎない敵が大挙してやってくるキャンペーンにはあまり勢いが感じられない。Killstreakに加えられた変更点は、チームとしての連携を重視した優れたバランスを生み出しているが、武器のレベル・システムは少々やり過ぎで、ただ手軽にプレーしたいだけのプレーヤーは初期武器しか使えないという状況を生み出す可能性を秘めている。Spec Opsは素晴らしい出来だが物足りないし、Survivalは長くはプレー出来ないだろう。とはいえ、決してModern Warfare 3が悪いゲームだと言っているわけではない。タイトな操作性、中毒性の高いマルチプレー、ミニチュアではない本物の戦場にいるという感覚を与えてくれる、魅力的で洗練されたゲームであり、隅々まで手の込んだ極めて高品質な傑作である。

GameSpot 8.5/10

本作で導入されたStrike Packageは、プレーヤーと戦場に提供される報酬の流れを根本的に変えるものではあるが、Modern Warfare 3は既に確立されたフォーミュラを崩そうとはしない。発売されたばかりの現在、マッチメキングのプレーリストは一般的なものだけだが、プライベート・マッチでは膨大な数のカスタマイズ・オプションが用意され、Black Opsの面白いモードを再現する事まで可能となっており、奇妙な組み合わせのポテンシャルを秘めている。Modern Warfare 3の未来にどんな娯楽や革新が待ち受けていようとも、対戦マルチプレーはファンの期待を裏切らないスウィートな満足感を提供してくれるはずだ。本作は最高峰のオンライン・シューターであり、手応えあるSpec Opsやエキサイティングな世界を股にかけるキャンペーン、Modern Warfare 3は今世代を変えたゲームの新たな素晴らしい子孫である。

Eurogamer 8.0/10

シングルプレーでは遂にModern Warfareサーガに終止符が打たれるのだから、お祝いものだろう。来年新作が出るなら、何らかの革新的要素が不可欠だが、今のところは、男臭さと超大作っぽさの華麗なブレンドによって、少なくともあと1年は、Call of Dutyがシューターにおける最も巨大で大胆なジェットコースターという冠を保持出来るはずだ。

GamePro 4.0/5.0

Activisionは再び野心的でないエンジンからディテールに富んだ舞台設定を生み出し続け、それもまた極めて野心的なBattlefield 3のグラフィックとの差別化となっている。コンソール版も劣化せず、PCを必要以上にアップグレードする必要もないが、しっかりと決められた瞬間に破壊が繰り広げられる。その過程で、何百という頭の弱い連中が撃たれるだろう。戦争らしさに満ち、充分に映画的でもある。同じジェットコースターにもう一度乗るようなものだが、今回はマルチプレーに頼らなくても隅々まで堪能できるだろう。

Giant Bomb 4.0/5.0

あらゆる要素を考慮しても、Call of Duty: Modern Warfare 3が今年最高峰のFPSであるという結論は変わらない。マルチプレーへの変更点は、また一からクラスを作り直そうという気にさせてくれるし、マップはどれも出来が良い。様々な伏線を回収するキャンペーンは、ムラのある出来ではあるが、目にする価値があるだろう。それに、ZombieよりもSpec Opsの方がエキサイティングだ。とはいえ、全てが古臭く感じられるのも事実。本作で導入された新要素はどれも、Call of Duty 4がどれだけ革命的だったかという点を忘れさせようとする目くらましに感じられてしまうのだ。当然ながら私はModern Warfare 3を買ってプレーするが、他の事を全て忘れ、取り憑かれたかのようにプレーする事はないだろう。フランチャイズの絶頂期は過ぎてしまったのか?Infinity Ward、Sledgehammer、そして2012年にはBlack Opsに続く新作を出すであろうTreyarchは、今後どこへと向かうのか?そういった疑問を抱かせるゲームだ。

最新記事