2012年02月14日(火)22時21分

UFC Undisputed 3 海外レビュー

1341.jpg

UFC Undisputed 3の海外レビューです。

  • 機種: PS3/Xbox 360
  • 開発: ユークス
  • 販売: THQ

IGN 9.0/10

プレゼンテーション 9.0:
豊富な実在のファイターたちによるビデオやインタビュー、忠実に再現された入場テーマ、PPV的な演出など、どれも素晴らしい出来
グラフィック 8.5: キャラクター・モデルは美しく、実在のファイターの容姿はもちろん、リアルタイムのアザまでもが忠実に再現されている一方、作成ファイターはどれも同じ見える
サウンド 8.0: 音楽は平凡で実況は単調だが、PrideモードにおけるBas Rutten氏の実況はとんでもなく素晴らしい
ゲームプレー 9.0: 格闘メカニックはこれまで同様に奥が深いが、柔軟性と手軽さも最高レベルだ
寿命 9.0: アンロック要素が豊富な充実のキャリア・モード、Prideのルールセット、Title Defenseモードのお陰で長くプレーできるだろう

UFC Undisputed 3に収められた新コンテンツの膨大な量は凄まじい。様々な要素を組み合わせることで、初心者にも優しいゲームでありながら、ハードコアなファンをも唸らせる新フィーチャーが数多く追加されている。前作から時間を置いてプランを練り直したのは彼らにとって最善だった。史上最も奥が深く、リアリズムに溢れたMMA体験だ。

AtomicGamer 9.0/10

UFC Undisputed 3は、全体的に過去作から大幅に改善された。幅広いロースター、改善されたビジュアルとオーディオ、そしてゲームプレーも豊富なオプションでバランスが向上している。初心者に優しくなかったり、Careerモードに遊びが少なかったりといった問題点があるとはいえ、UFCゲームの最高傑作であることは間違いないだろう。当然、いわゆる格闘ゲームが本作の直接的な競争相手になると見ている人は多く、それらはここ数年で劇的な進化を見せているので、本作もかなり厳しい競争に直面することになる。とはいえ、UFC Undisputed 3は毎年新作を出すという流れを打ち破り、フィーチャーの追加やゲームプレーの調整に時間を掛けるとどんな作品が出来上がるのか、という輝かしいお手本になるべき仕上がりだ。さあゲーマーたちよ、グローブを身に付けよう。プレー方法さえ習得すれば、本作は勝利者となるだろう。

G4TV 4.5/5.0

良い点:
・良く練られたゲームプレーと操作性
・出来が良くバラエティに富むフィーチャーとオプション
・素晴らしいアニメーション
悪い点:
・寝る時もMike Goldbergの声が頭から離れない
・やたら複雑なトレーニング・エクセサイズ

とある熱戦の最中、ルームメイトが私に「お前とこのゲームのせいで酔ったよ」と言われた。その時点で初めて気付いたのだが、私はまるで駄々をこねる子供のように、ソファの上で跳ね回っていたのだ。それくらい、UFC Undisputed 3のファイトは白熱している。即効でKOを奪った時などは、いつの間にか立ち上がってテレビに向かって叫んでいたくらいだ。気絶しているから私の声が聞こえないじゃないか、いや、本物じゃなかった、と気付いてすぐに腰を下ろしたのは言うまでもない。Undisputed 3には素晴らしいゲームプレー、とんでもない量のバラエティ、他の格闘ゲームとは比較にならない激しさがある。MMAや格闘ゲーム好きだけでなく、あらゆるゲーマーがチェックすべき作品だ。

Joystiq 4.5/5.0

UFC Undisputed 3は決して無傷というわけではないが、エキサイティングなMMAの世界を垣間見させてくれる。THQとユークスはMMAに命を吹き込んでおり、これといった欠点の存在しない傑作に仕上がっている。MMAファイティングの戦略的な駆け引きに没頭させられる一方で、手応えのあるスピードや難易度は保たれている。いつもBJ Pennにボコボコにされようとも、私は喜んでオクタゴンに上がり続けるのだ。

GameTrailers 8.7/10

UFC Undisputed 3は、最高峰の格闘メカニックを備えた、豊かなMMAビデオゲーム体験に仕上がっている。だが、もはやこれ以上進化できないレベルに達してしまったのも明らかだろう。長年のファンは充実したロースターとPrideルールセットを楽しめるだろうが、それ以外の人間は、また新たに新作を買う気にはならないかもしれない。オクタゴンでの最高級の格闘をまた1年楽しみたいだけなら躊躇すべきではないが、もし革命を求めているなら、UFC Undisputed 3には存在しない。

GameFocus 8.5/10

良い点:
・今まで以上に強力な演出
・カジュアル・フレンドリーや操作性のお陰でプレー方法を学ぶのが容易に
・Prideモードは最高の追加モード
・Careerモードが大幅に改善されている
悪い点:
・UFC 2010やUFC 2009によく似ている
・実況が単調
・Prideのオプションが物足りない

UFC Undisputed 3には、数多くの改善や追加要素が収められているが、それでも過去作とあまり変わりはない。THQとユークスは、UFC 2009 Undisputedで素晴らしい核を築き上げ、そこに僅かな改善を加えたのが、UFC Undisputed 2010。いつもよりも長めの開発期間を取ったUndisputed 3が、これほど過去作に似ているというのは実に奇妙な話である。熱心なUFCファンなら間違いなく本作を気に入るだろうし、よりフレンドリーになった操作性のお陰で、新規ユーザーも気に入るはずだ。ゲームプレーの奥深さと新モードには誰もが満足するだろう。だが、ユークスにはさらに上を目指して欲しかったと思わざるをえないのも事実である。

Games Radar 8.0/10

良い点:
・驚異的なPrideモード
・新たなサブミッション・モード
・様々な修正点のお陰で、UFCゲームの最高傑作となった
悪い点:
・Prideには改善の余地あり
・ロード時間が長い
・キャリア・モードの新たな演出

THQとユークスにとって、毎年新作を出すモデルを止めたのは良い選択だった。時間的余裕ができたお陰で、完璧ではないものの、これといった欠点のない洗練された4作目となっている。複雑さを失うことなくより手軽に、排他的になることなくより奥深くなっており、実装方法に改善の余地があるとはいえ、コンテンツ量も膨大だ。去勢されたキャリア・モードは残念だが、続編で拡張されることに期待しよう(その続編が一年以上先ならなお良し)。さあ、スケジュールを空けておこう。しばらくは本作をプレーし続けることになる。

GameSpot 8.0/10

良い点:
・新サブミッション・システムは素早いスティック操作よりもスキルが要求される
・包括的なチュートリアルのお陰で手軽になっている
・格闘とその準備に焦点が置かれたCareerモード
・Ultimate Fightsモードで歴史を書き換えるのは楽しい
・ハイライトをオンライン上でシェアできるオプションは素晴らしい
悪い点:
・長いTitle Defenseモードにセーブがない
・TV放送的なイントロが長すぎる

最高のMMAファイターと同様に、UFC Undisputed 3は非常にバランスの取れた傑作だ。ほぼあらゆる面で過去作を改善しており、現時点では文句なくMMAゲームのチャンプだ。

Cheat Code Central 4.0/5.0

グラフィック 4.0: ディテールに富むファイター・モデルは相変わらずプラスチックっぽいが、アニメーションは良く出来ているし、打撃も痛そうに見える
操作性 4.5: 面白味のないトランジション・システムと奇妙なフェイントを除けば、操作性は直感的で優れた仕上がり
音楽/効果音/ボイスアクト 3.5: 効果音は最高で選手の入場曲も全て揃っているが、実況は今一つ
バリュー 3.7: ゲームの核となる部分をどれだけ楽しめるかにかかってくる

UFC Undisputed 3は非常に良く出来たMMAゲームだ。格闘エンジンは非常に洗練されているし、プレーヤーそれぞれが独自の格闘スタイルを比較的容易に発展させることが出来るようにデザインされているため、対戦プレーに最適だろう。とはいえ、UFC体験を捉えたゲームを望んでいる単なるUFCファンは、本作の素っ気なさに物足りなさを感じるだろう。