2012年02月25日(土)02時55分

Remedy 「Skyrimの成功はモチベーションになる」

マルチプレーのないゲームは売れないという見方もある一方で、Remedyのフランチャイズ・デベロップメント部門のトップOskari Hakkinen氏は、Skyrimの成功が物語主導型のゲームの需要があることを証明していると語っています。

Oskari Hakkinen: Call of DutyやBattlefieldはアメリカで極めて大きな成功を収めていて、人気があるのはああいったタイプのゲームだから、物語を主体としたSkyrimをはじめとするRPGが同様の成功を収めているというのは、非常にポジティブなことだよ。

物語を楽しんでくれる客層が存在しているという証拠だから、我々にとっても物語主導型のゲームを作るモチベーションになるね。

ああいったゲームが成功しているのを見ると、自分たちもあえて物語を簡素化する必要はないんだと思わさせてくれる。我々のゲームの物語は必ずしも複雑なものではないが、物語の占める役割が極めて大きいゲームではある。Skyrimのようなゲームが成功しているのを見るだけで、物語の役割を薄めたりするのは止めよう、という気になるよ。

それが我々の得意な分野であり、DNAに刻まれているんだ。我々は常に、ビデオゲームにおけるストーリーテリングを進化させることを目的としてきた。物語を簡素化したりせず、今後も継続して行こうと考えている。

[ソース: Eurogamer]

カテゴリ: ニュース タグ: -