2012年03月25日(日)00時36分

Blades of Time 海外レビュー

2240.jpg

  • 機種: PS3/Xbox 360
  • 開発: Gaijin Entertainment
  • 販売: コナミ

Blades of Timeの海外レビューです。

EGM 6.5/10

よく出来た迫力ある戦闘も、プロットとキャラクター成長の欠如の埋め合わせはできていない。

Playstation Official Magazine UK 6.0/10

本作は2つの顔を持ったゲームだ。クオリティは極めて低いが、戦闘システムはクレージーでユニーク。もし、大予算の大作で他の誰かがこのシステムを「借用」すれば、スペシャルなゲームが出来上がるかもしれない。

Destructoid 6.0/10

Blades of Timeはあまり良いゲームではない。薄っぺらで安っぽく、核となるギミックも即飽きてしまうだろう。なんにせよ、どこかチャーミングな誠実さがあるのも事実で、シンプルな戦闘システムもある程度のスリルは与えてくれるはずだ。廉価でも購入はお勧めしないが、ハック&スラッシュのファンなら、週末にレンタルするのが良いだろう。仮に20ドル程度で買うことができるなら、購入を考えても良いかも知れない。決してお気に入りにはならないだろうが、一度でもクリアすれば、少なくとも「それほど酷くはなかったよ。良い箇所もあった」と言うことができるだろう。

GameSpot 6.0/10

良い点:
・魅力的で良く出来た時間操作メカニック
・面白いパズル
・充実した戦闘に繋がる優雅な動き
・バラエティに富む環境
・豊富な敵の種類
悪い点:
・不安定な操作性
・銃を装備すると動き回る喜びがなくなってしまう
・印象の薄いマルチプレー

マルチプレーの追加も予想外だ。対戦と協力プレーがあるが、どちらも楽しくない。時間操作パワーはなくなり、スムーズだが素っ気ない戦闘システムはすぐに飽きてしまうだろう。Blades of Timeは、良い部分には悪い部分が付いて回る。創意工夫に富む時間メカニックは上手く機能している部分もあるが、プレー中は盛り下がる部分でモチベーションを必死に保たなければならないだろう。代償付きの目新しさということだ。Blades of Timeのムラのある構成は高いポテンシャルを維持することができていないが、極めてユニークなゲームなのは間違いなく、時間を費やす価値はあるだろう。

Eurogamer 5.0/10

最初の数時間をプレーしたところで、私は最悪を覚悟した。クリアする頃には、なぜこのちぐはぐなシリーズが熱心なファンを僅かでも獲得できているのか、理解できた。このところ具合の悪い風変わりな叔父がいるなら、君も同じ結論に達するはずだ。

GameTrailers 4.9/10

ユニークな時間操作要素のお陰で、凡百のアクション・ゲームとの差別化は図れているが、その出来自体のマズさと荒削りなせいで、結局は平均以下のアクション・ゲームに落ち着いている。このブレードもまだまだ研ぎ足りないだろう。

Game Informer 4.5/10

コンセプト: 剣と銃を手に、モンスターだけでなく恐ろしい数の退屈という名の強敵の大群とも戦う
グラフィック: ヒロインのAyumiは、腹話術人形と同じくらい繊細な感情表現を見せてくれる。Dragonlandの環境はその名称と同じくらい独創的
サウンド: 勢いのあるスコアがハイライトだ。今世代最悪の部類に入るボイスアクトをかき消すほどではないのが残念
プレー性: ハック&スラッシュは見かけだけで、ゲームの大半は遠くから馬鹿なAIを手当たり次第撃ちまくるだけでクリアできてしまう
エンターテイメント性: 駄作X-Bladesの精神的続編も駄作に。なんという驚き!
リプレー性: 低い

私は君の財務顧問ではないし、君が自分のお金をどう使おうと知ったことではない。だが1人の人間として、この退屈極まりない作品には関わるなと助言しなければならないという責任を感じている。他にもっと優れた駄作は山ほどあるし、時間を費やす価値のある良いゲームはさらに沢山ある。Ayumiと違い、我々は本作をプレーする前まで時間を巻き戻せないし、若返ることもできないのだ。