2012年03月19日(月)14時24分

【コラム】オン・ディスクDLC騒動に見る問題の本質

4132.jpgMass Effect 3: From Ashes

Mass Effect 3とStreet Fighter X 鉄拳のダウンロード・コンテンツの一部が既にディスクに収録されていたことが発覚し、このような「オン・ディスクDLC」と呼ばれるやり方に対する反発が改めて強まっていますが、GameSpotが「オン・ディスクDLC騒動は的外れ」とするコラムを掲載し、問題の本質に迫っています。

ゲーマーたちはこの数週間、Mass Effect 3とStreet Fighter X 鉄拳のダウンロード・コンテンツがディスクに収録されていた件に関して、怒りを爆発させている。ディスクを購入するということは、そこに収録されたコンテンツ全てを所有することであり、それにアクセスするために別途お金が必要になるのはおかしい、という主張だ。

その主張は確かに道理にかなっているが、ディスクにDLCを収録するというオン・ディスクDLCだけを攻撃するというのは、戦術的な過ちだ。パブリッシャーはDLCをビジネス・プランに盛り込んで当てにしているし、それをディスクに収録しておくというのは、彼らにとって利便性の問題でしかない。仮に、世界中のゲーマーが一致団結してディスクにDLCを収録したゲームを金輪際買わない、という考えられないことが現実になったとしても、パブリッシャーはディスクからDLCを抜いて、後でダウンロードさせるようにするだけだろう(お金だけでなく、ゲーマーの時間とHDDのスペースを無駄に消費することになる)。そこまで来ると、後はゲーマーたちの怒りを最小限に抑える提示の仕方を慎重にやりくりするという、意味論と物流の問題になってくる。パブリッシャーが真に抜きん出ているのはその2つだけなのだから、確実にそれが現実となるだろう。

オン・ディスクDLC商法と戦うベストなやり方を見極めるには、まず不平不満の根っこを探ることが不可欠(つまりはお金だ)。Mass Effect 3やStreet Fighter X 鉄拳のような期待作に60ドルを費やす時、ゲーマーたちは当然それが一大イベントのように感じたいのだ。新作ゲームにそれだけのお金と期待をつぎ込んだのだから、完成されたトータル・パッケージを期待するのは当たり前である。

残念ながら、最近ではそれは難しい(もしくは、金が掛かる)。60ドルで全てを買うことはできないのだ。店舗別予約特典やダウンロード・コンテンツ、60ドル以上する限定版といったものは、60ドルが一流の完全版体験に相応しいと感じているゲーマーを、自然と遠ざけることになる。最終的には定価が倍に膨れ上がるほどのマップ・パック、モード、コスチュームといった発売後のDLCの雪崩に関しては、もはや言うまでもないだろう。そしてシーズン・パスの登場で、ゲーマーたちはその内容を全く知りもしないDLCを「予約」し始めている。たとえ傑作ゲームのものであったとしても、そういったアドオンの質には大きくムラがあることを歴史が証明しているにも関わらずである。

5106.jpgStreet Fighter X 鉄拳

ゲーム業界を負い続けている者にとって、こうしたトレンドは驚くべきことではない。パブリッシャーたちは長年にわたって、ゲーマーたちを現在の方向に追い込んできたからだ。Xbox 360が発売された時、売り上げに響くことを恐れたMicrosoftは、ファースト・パーティー・タイトルの価格を旧世代と同じ50ドルに抑えていた。だが翌年のGears of Warが発売される頃になると、消費者は60ドルのスタンダードを泣き言も言わずに受け入れた。そこから、価格設定におけるゲーマーの痛点を見極める争いがスタートすることになる。その間もずっと、上昇を続けるHDゲーム開発のコストが、それまでは慎重だったパブリッシャーたちを、ファンと衝突するリスクを冒すまでに追い込んでいった。

この問題を解決するには、「もうとっくに痛点は通り過ぎている、うんざりだ」とパブリッシャーたちに分からせることだ。だがこれは、オン・ディスクDLCや発売日に配信されるデイ・ワンDLC、限定版、シーズン・パスといった個別の問題であってはならない。「完全な体験を適切な価格で購入できないのなら、決してお金は払わない」とパブリッシャーに明確に示さなければならないのだ。お金を支払うべきかどうか十分な情報を得た上で決定できるよう、付随するコンテンツに関する価格とリリース日を含めた、全ての情報を明らかにするようパブリッシャーに要求する必要がある。拡張パックを複数の5ドルのアドオン・パックに切り刻むようなことをするな。発売直後にストーリーのギャップを埋めるシングルプレーDLCを配信するにも関わらず、パッケージは単体で機能すると主張するな。そのようにパブリッシャーに明確に要求しなければならないのだ。

でないと、我々は不完全なゲームにフル・プライスを支払い続けるしかなくなってしまうだろう。

[ソース: GameSpot]

カテゴリ: 業界 タグ: -