2012年03月22日(木)18時01分

Ninja Gaiden 3 海外レビュー

677.jpg

  • 機種: PS3/Xbox 360
  • 開発: Team Ninja
  • 販売: コーエーテクモ

Ninja Gaiden 3の海外レビューです。

CVG 8.0/10

良い点:
・喜べ、狂気とも言えるサディステックな難易度が首になったぞ
・戦闘が心機一転、よりアグレッシブになった
・(皮肉な意味で)馬鹿っぽい物語
悪い点:
・嘆け、狂気とも言えるサディステックな難易度が首になったぞ
・マルチプレーはぎこちなさを感じる
・(さらに皮肉な意味で)ばかばかしく笑えない物語

過去作よりもカジュアル寄りになり、ソロでのプレーが楽しくなったが、オンライン・モードは失敗だ。それでも、Bayonettaほどの完成度ではないものの、シリーズ最高傑作である。

Metro GameCentral 8.0/10

良い点:
・ストレスはあまり感じないが手応えはある、最高峰のアクションと操作性
・水準以上のグラフィックと興味深いオンライン・オプション
・協力プレー
悪い点:
・種類が少ない武器とカスタマイズ
・比較的短く、ボス戦も少ない

相反する過去の遺産を処分しつつシリーズの尖ったハートを引き継いだ、印象的な勇気ある再始動作だ。

MS Xbox World 8.0/10

良い点:
・充実感のある切り刻み
・万人向けの難易度
・理不尽な死が大幅に減少
悪い点:
・ロケーションと敵の種類が少なく単調
・不安定なカメラ

Ninja Gaiden 3は、上出来の戦闘システムにハリウッド式のアクション演出を盛り込んでいる。やたら動き回るカメラマンを許し、適切な難易度を選ぼう。でないと、ゲームが台無しだ。

GameTrailers 7.7/10

好き嫌いはともかく、Ninja Gaidenシリーズは独特の頑固なゲームであり続けてきた。Ninja Gaiden 3はその中間を狙おうとする過程で、アイデンティティを失ってしまった。単体で見た場合、本作は爽快感のあるアクションと印象的なアクション演出が盛り込まれた、驚異的なアクション・ゲームである。板垣氏離脱後初の最新作として、Ninja Gaiden 3はより優しく、紳士的で軽めの、少々面白味に欠ける作品となった。

Playstation Official Magazine UK 7.0/10

確かに興味深い最新作だし、壮大な目標を果たすことはできていないものの、概ね楽しめる。クモ戦車を刀で倒した時には、思わず笑みが漏れてしまうはずだ。強力なオンライン要素もあり、プレーする価値はあるだろう。

Cheat Code Central 3.3/5.0

グラフィック 4.5: 生々しく満足感を得られるキルと充実したキャラクター・デザイン、そして広大かつバラエティに富む環境。美しいゲームだ
操作性 3.0: 戦闘は正確性に欠けるし、ボタンやスティック操作一つでやることが多すぎる。やたら重たく感じる時があり、そのせいで戦闘の満足感が減少している
音楽/効果音/ボイスアクト 3.5: 戦闘時の効果音は素晴らしいが、音楽は平凡なロックで敵は同じ台詞を何度も繰り返す
バリュー 3.0: 今後もマルチプレーはプレーすることになるだろうが、キャンペーンを再びプレーして戦術を磨き上げようとは思わないゲームだ

奇妙なのは、シリーズのルーツを恥じているように見える箇所が多く含まれていることだ。平凡なアクション・ゲームなど幾らでも転がっているというのに、Ninja Gaidenがその仲間入りを果たす必要があったのだろうか?私は必死でNinja Gaiden 3を愛そうとしたし、確かに賞賛に値するところも存在する。だがそれ以上のゲームではないし、ぎこちない操作性、投げ大好きな敵、限定されたRyuの能力の使い道といったストレスが溜まる箇所も複数存在し、これらは明らかにデザイン・チョイスを誤ったことが原因だ。

Ninja Gaiden 3、申し訳ないがただの友達のままでいよう。

Play UK 63/100

長年楽しい時間を提供し続けてくれたシリーズにとって、大きな躓きだ。簡略化され過ぎていて退屈、プレーヤーは決して自分が完全にコントロールしていると感じることができない。Ninja Gaiden世界においては最悪だ。

Game Informer 6.0/10

コンセプト: 長寿シリーズを新規ユーザー向けに取っ付き易くする
グラフィック: キャラクター・モデルとフレームレートは安定した出来だが、環境は退屈
サウンド: 「殺しは俺の仕事だ!」を戦闘のたびに6回くらい聞かされる
プレー性: 操作は反応が良いが、武器とムーブのアップグレードがないため戦術が限定される
エンターテイメント性: シリーズのファンは簡単になった難易度に失望し、新規ユーザーは馬鹿馬鹿しい物語と素っ気ないマルチプレーにしらけてしまうかも
リプレー性: 低め

Ninja Gaiden 3は決して大惨事というわけではないが、様々な問題に苦しめられている。アクションはスピーディで引き込まれる箇所もあるが、多くのデザイン上の決定が全体の体験の足を引っ張っているのだ。劣化したAI、限定された武器、シリーズの悪名高きカメラ、インベントリーや貨幣システムの欠如、まとまりのない物語などのせいで、シリーズで最も失望させられる先品になっている。

Gamer Limit 6.0/10

Ninja Gaiden 3はシリーズにとっては後退だが、それでも現在市場に出回っているアクション・ゲームの大半よりは良く出来ている。板垣氏の不在は残念だが、少なくとも全ての望みが絶たれたわけではない。

GameSpot 5.5/10

良い点:
・派手で残虐な戦闘はいつ見ても楽しい
・成長感覚を味わえるオンライン
・一部の印象的な戦闘
悪い点:
・過去作のような深みも手応えもない浅い戦闘
・テンポを著しく悪くする物語
・殆どスキルを必要としない使い回しのボス戦

対戦プレーは物珍しさ以上のものを提供してはくれないが、少なくとも勝利は自らの腕で勝ち取らねばならず、弓矢を雨のように降らせることはできない。だが一方のキャンペーンでは、宙を舞いながら燃え盛る矢を四方八方に撃ちまくることが可能で、あとはオート・エイムが全部やってくれる。キツイ作業は全てやってくれる、それがNinja Gaiden 3というゲームだ。この印象に残らないアクション・ゲームは、プレーヤーの暴力願望を満たしてくれるかもしれないが、シリーズの研ぎ澄まされた切れ味の鋭さは、一般受けを狙うTeam Ninjaによってなまくらにされてしまった。

Destructoid 5.0/10

Ninja Gaiden 3は決して酷いゲームではないものの、過去作から大きく後退していて、シリーズの特徴の多くを排除する一方で、様々なアクション・ゲームで見てきた要素を付け加えている。皮肉なことに、シリーズを刷新しようとするTeam Ninjaの試みは、シリーズで最も安定したありふれたゲームを生み出してしまった。浅いが充実した虐殺を散発的に楽しめる部分があるのは確かだが、最終的には全く印象に残らない。

伝統的なアクション・ゲームに飢えているプレーヤーなら、結局は当たり障りのない時間の無駄でしかない本作から、つかの間の満足感を掻き集めることができるかもしれない。しかし、その一本調子なアクションはすぐに飽きてしまうし、これほどのシリーズならばそれでは許されないだろう。結局のところ、お店の棚に並ぶビデオゲーム商品以上の作品にはなりえていないということだ。

Video Gamer 5.0/10

良い点:
・グロい戦闘
悪い点:
・ナンセンスなQTE
・スカスカ
・スッキリしない

過去作ほどの出来を期待しなければ、Ninja Gaiden 3でそこそこ楽しい午後を過ごせるだろう。とっ散らかった表面の下には、テンポが速くエキサイティングな新戦闘システムが埋もれているし、ゴージャスなアニメーションと素早いテイクダウンも爽快だ。それでも、問題点が長所をはるかに上回っていて、失望以外の感情が沸いてこない。本作はシリーズの大胆な再出発であるべきだったが、スタートに失敗してしまったようだ。

Game Revolution 2.5/5.0

良い点:
・テンポの速い戦闘
・粋な演出
・一部の面白いアクション演出
悪い点:
・ボロボロの物語
・敵を切り刻み、QTEを繰り返す。何時間も
・戦闘にご褒美がない
・中身が薄く無意味に感じるマルチプレー

Ninja Gaiden 3は主人公に対する同情を掻き立てようとしているが、結局は道を見失ってしまったようだ。部分部分は決して悪くないし、良い出来ですらあるのだが、全体としてみると引き伸ばされて薄くなっている。2時間のキャンペーンしかない安価のゲームであれば、皮肉なことにもっとお勧めしやすかっただろう。だが実際の製品は、週末に楽しむポップコーン映画のビデオゲーム版を求める層しか満足させることはできない。

IGN 3.0/10

プレゼンテーション 5.0: カメラがスタイリッシュでぶっ飛んだアクションを台無しにしている
グラフィック 4.0: Ryuは悪くないし、女性はリアルドールのよう。それ以外は低解像度の汚物だ
サウンド 5.5: ボイスアクトは雑だが、馬鹿っぽいメタル曲は戦闘を超楽しくしてくれる
ゲームプレー 2.5: 何が起きてるか分かる時は、戦闘は簡単で単調かつ退屈だ
寿命 2.0: 武器は一つだけ、キャラクターの成長要素もなく、意味不明なマルチプレー。再びプレーする理由は殆どない

Ninja Gaiden 3はフランチャイズの顔に深い傷をつける作品で、アクション・ジャンルでも史上最低の部類に入る。ファンの望みはもちろん、新規ユーザーの好みも全く考慮に入れていない。簡単で退屈な悪夢のようなゲームで、かつては機能した箇所を、全く機能していない酷いアイディアに置き換えている。いかなる理由があろうとも、これほど自己中心的な駄作で時間を無駄にすべきではないだろう。

Games Radar 3.0/10

良い点:
・ボス戦
・コンボは凄い・・・何でもかんでもキルカムしない時だけは
・キル・アニメーションはクール・・・最初は
悪い点:
・シリーズの特徴から完全に逸脱している
・ありきたりな敵
・武器や魔法、アイテムが少ない

Ninja Gaiden 3は、シリーズの特徴全てを完全に見失っている。手応えのある戦闘、武器のバラエティ、魅力的な敵、伝説的な難易度はすべて排除され、平凡な物語、派手なフィニッシュ・ムーブ、ボタン連打に取って代わられている。Ninja Gaidenの難易度が初心者への障害になるとしても、取っ付き易さが本作の魅力を増すようなことはなく、むしろ新規ファンはこのシリーズがなぜ絶賛されているのか理解できないだろう。本作と比較するためにNinja Gaiden IIを再びプレーしてみたが、最後にはNinja Gaiden 3はケースにしまい、IIをディスク・トレイに入れたままにしておきたくなった。