2012年04月06日(金)23時00分

ゼノブレイド 海外レビュー

xenoblade.jpg

  • 機種: Wii
  • 開発: Monolith Software
  • 販売: 任天堂

ゼノブレイドの海外レビューです。欧米でのタイトルはXenoblade Chronicles。

RPGamer 5.0/5.0

良い点:
・ユニークな世界観と神話
・素晴らしい物語とボイスアクト
・楽しい戦闘システムと豊富なコンテンツ
悪い点:
・リップシンクがずれる箇所がある
・セーブ・スロットが3つだけ?

その長さにも拘らず、Monolith Softは最後まで極めて楽しめるゲームを完成させるという偉業を成し遂げた。愛情を込めて築き上げられたユニークな世界の魅力を、最高級の物語が更に増幅させているし、このジャンルのファンなら一見の価値がある世界に仕上がっている。最後まで良く出来た素晴らしい体験というだけでなく、Monadoの世界と能力は実に新鮮だし、そのサイド・コンテンツの豊富さは、他のゲームの追随を許さないほどだ。比較になるようなRPGが少ないので、Wiiで頂点を極めるのはそれほど難しいことではないが、Xenobladeはコンソール史上最高レベルの傑作の位置まで登りつめている。

Joystiq 5.0/5.0

古臭いハードウェアだけが唯一の不満だということを考慮すれば、本作は文句なくお勧めだ。確かに、物語には馬鹿っぽい部分やデウスエクス・マキナもある(結局はJRPGなのだ)し、戦闘中にも喋り続けるイギリスの声優たちが鬱陶しく感じることもある。とはいえ、それらは全体からしてみれば些細な不満だ。頻繁に言葉を交わすチャーミングなキャラクターたち、ユニークで息を呑む舞台設定、東西の長所を融合させた先鋭的なゲームプレー・システム、そして真に壮大なアドベンチャーに足を踏み入れているという爽快さ。Xenobladeは先祖の罪を償って余りある作品であり、あらゆるRPG好き必携の傑作だ。

Digital Spy 5.0/5.0

Monolith Softは疑いの余地も無く停滞したジャンルに新風を吹き込む一方で、ファンが期待するRPGの基本はしっかりと抑えている。Xenoblade Chroniclesは決してジャンルの革命ではないが、見た目も中身も完全に生まれ変わらせている。

Game Informer 9.5/10

コンセプト: Wii最高峰のビジュアルに、包括的なストーリーテリング、ユニークな舞台設定、充実した戦闘システムを融合させ、JRPGを蘇らせた
グラフィック: 凄まじい遠景描写で描かれる、広大でゴージャスなディテールに富むゾーンは、より強力なハードウェアに匹敵する出来
サウンド: 最高の音楽がムードを決定付ける一方、強力なイギリスの声優陣がJRPGでも最高峰の抑えた恥ずかしくない演技を披露
プレー性: 複雑なシステムが連動しているが、Monolith Softは適切な場所にチュートリアルを配置し、プレーヤーを丁寧に導いている
エンターテイメント性: 全てのJRPGが本作ほど素晴らしい出来なら、このジャンルに疑問が呈されることはなかっただろう
リプレー性: 高い

16ビット時代に私がJRPGに恋した理由は、常に驚きに満ちていたからだ。だがこの15年ほどの間に、殆どの日本のデベロッパーたちは初心を忘れ、同じファンタジーを使い回してノスタルジアに浸ってしまっていた。単に過去の幸せな記憶を思い出させるのではなく、将来が楽しみに思える今世代のJRPGは、Xenoblade Chroniclesが初めてだ。Monolith Softは賞賛に値するだろう。

Worthplaying 9.5/10

Xenoblade Chroniclesを「JRPG」という括りに閉じ込めてしまうのは、殆ど犯罪に近いように思える。Xenoblade Chroniclesは驚異的なRPGなのだ。ある意味、JRPGと欧米製RPGの強みをいとも簡単にブレンドさせた、シングルプレーのMMOのようである。一本道ながら極めて楽しめる物語と選択のない会話といった欠点も、ゲームプレーが補って余りあるのだ。MonadoがShulkに未来を予見する能力を与えたように、Xenoblade ChroniclesもJRPGの未来を予見する作品となるかもしれない。

GameTrailers 9.3/10

加速する一本道デザインのせいで、日本製RPGはその存在感を失いつつあったが、Xenobladeは自由に自分のペースで探索できる世界を提供してくれるので、プレーヤーは多種多様なサイド・クエストに思う存分没頭できるのだ。これはWii最高傑作のひとつであり、決して素通りすべきではない。

IGN 9.0/10

プレゼンテーション 8.5: 美しいデザインがグラフィック上の欠点を補っているが、台詞と口の動きが合っていないのが残念だ
グラフィック 7.0: Wii最高峰だが、現代の基準には達していない。アート・スタイルが技術的不満を補ってくれる
サウンド 8.5: バラエティに富むスコアと、全体的に素晴らしいボイスアクト。とはいえ、戦闘時の音楽は繰り返しが多い
ゲームプレー 9.0: 素晴らしい戦闘システムと、文字通り無数に存在するサイド・クエストによって、これ以上ないほどエキサイティングな体験を生み出している。単調さはあるが気にならない
寿命 9.0: 終わりが見えないほどの壮大さ

Xenoblade Chroniclesは、今世代最高の日本製RPGだ。旧世代のゲームのように見えるところだけが唯一の欠点だが、そんな技術的制限も、想像性溢れるアート・デザイン、革新的で充実した戦闘、考え抜かれたゲーム・デザインによって相殺されている。このジャンルの最盛期へのオマージュであり、ストーリーテリングには常に新たな方法が存在することを証明している。奥の深い壮大なゲームがWiiにはないと感じたことがあるなら、本作を手に取る事は義務である。

GameSpot 9.0/10

良い点:
・素晴らしいペース配分
・奥が深く楽しい、素晴らしい出来の戦闘
・広大で美しいロケーション
・隅々まで面白いことが詰まった凄まじいボリューム
・伝統に敬意を払いながらジャンルを現代化している
悪い点:
・どこに行けば良いのかが分からなくなることがある

Xenoblade Chroniclesは驚異的なゲームだ。JRPGを21世紀に引っ張り出し、ジャンルのお約束を現代風にアレンジし、殆どのJRPGを凌駕するペース配分を実現してみせた。Chrono Triggerや数々のXenoシリーズで知られる高橋哲哉氏の作品としても、驚くほど変幻自在なゲームに仕上がっている。長年のJRPGファンが望む全ての要素が詰まっているが、同時にこのジャンルに馴染みのないユーザーにとっても格好の入門編となっている。伝統は維持しつつ、必要な箇所は現代風にアレンジされている。近年最高のJRPGの一つであるだけでなく、RPGとしても史上最高の一つである。Xenoblade Chroniclesはプレーヤーを掴んで離さない魔法のようなゲームで、正に革命として賞賛されるべきだろう。

Metro GameCentral 9.0/10

良い点:
・探索が喜びとなる壮大なアドベンチャーと広大な世界
・奥が深いが取っ付き易い戦闘システムとカスタマイズ
・素晴らしいグラフィックと音楽
悪い点:
・台詞とボイスアクトが平凡な出来
・上達するまでの道のりが険しい

今世代最高の日本製ロールプレイングであり、取っ付きやすさと野心という意味では、ジャンルの大きな前進となっている。

Eurogamer 9.0/10

ここまで様々な要素を巧みに融合させることに成功した今世代の日本製RPGは、他に存在しない。ジャンルそのものを再評価させられるゲームであり、過去に敬意を払いながらも、同時に大胆な未来を提示している。偉大なる傑作だ。

Games Radar 8.0/10

良い点:
・美しい景色だらけ
・独創的で見事な融和をみせるゲームプレー
・チャーミングで質の高いローカライズ
悪い点:
・手応えがない
・仲間AIに改善の余地あり
・Wiiのグラフィック・チップ

難易度の低さは残念だが、かといって本作の偉業に影を落とすようなものではない。本作にはずば抜けて美しい世界や簡略化された面白いゲームプレー、好感の持てるキャラクター、素晴らしいサウンドトラックが含まれており、それだけでもWiiで発売されたRPGの最高傑作と言えるだろう。Xenobladeは最近では珍しいほど爽快で魅力的なゲームであり、かつては誇り高かったジャンルにも未来があるという希望を持たせてくれる。Xenobladeの一風変わった世界で100時間以上を過ごせば、君も同じように感じるはずだ。

Destructoid 8.0/10

スクエアエニックスやtri-Aceによってこの数年抑圧されてきた、コンソールJRPGに対する愛情を再燃させてくれたXenoblade Chroniclesに、私は心から感謝している。日本製RPGにここまで魅了されたのはLost Odyssey以来のことだ。この文章を書いている今も、私の頭の中では見事なチェーン・アタックや巧みに作り上げたジェムの良き思い出と共に、Bionis’ Leg地方の音楽が鳴り続けている。Xenobladeに短所があるのは事実だが、長所はジャンル全体でもトップ・クラスのものだ。Wiiを所有しているなら、躊躇している暇は無い。これはWiiのマスト・タイトルなのだ。

あとは1200万回聞かされた「Monado」という単語を忘れることさえ出来れば・・・。