2012年04月21日(土)03時15分

EA 「ゲームにおける物語はあくまで付加価値に過ぎない」

『Dead Space』フランチャイズのストーリー・プロデューサーを務めるEAのChuck Beaver氏が、ゲームにおける物語の役割について語っています。

▼ 物語が他のゲーム要素よりも重要になることがあると思いますか?物語以外は全て駄目駄目なゲームというような。

Chuck Beaver: そうは思わない。ゲームはまず何よりもゲームで、そのレベルで面白くしなきゃいけない。物語は強力な付加価値になるが、物語だけで酷いゲーム・デザインを救うことはできないよ。たとえば、Tim Schafer氏のキャリアを見て欲しい。彼は文字通り天才だが、彼には強力なゲーム・デザイナーによるバックアップが必要だよ。

chuck-beaver.jpgChuck Beaver氏

▼ 物語がゲームを台無しにすることはあると思いますか?

Chuck Beaver: 物語を気にしている人にとってはそういうこともあるだろうから、条件次第だろうね。たとえば、『Gears of War』は物語の基本というものを侮辱するかのような酷い出来だ。それでも、多くの人は気にしていないようだね。文字通り最低の脚本だけど、何の弊害もないみたいだ。

一方、『Portal』シリーズのように、少なくともその見事なレベル・デザインと同じくらい成功を収めている脚本もある。

▼ 全ては楽しいかどうかなんですね。

Chuck Beaver: そうだね。映画も同じだよ。『トランスフォーマー』を嫌いな人もいれば、好きな人もいる。脳みそが空っぽのマイケル・ベイ映画を好きな人もいれば、大嫌いだという人もいるんだ。ゲームも同じだよ。

[ソース: EA]

カテゴリ: 業界 タグ: -