2012年04月26日(木)02時57分

FIFA 12: UEFA Euro 2012 海外レビュー

5114.jpg

  • 機種: PS3/Xbox 360/PC
  • 開発: EAカナダ
  • 販売: EA Sports

『FIFA 12』のダウンロード・コンテンツ『UEFA Euro 2012』の海外レビューです。

Video Gamer 8.0/10

良い点:
・美しい演出
・Expeditionモードは奇妙で素晴らしい
悪い点:
・Clive Tyldesleyの実況
・ゲームプレーに改善が一切ない

美しいアニメーション、素晴らしいディテール、超興奮させられるゲームプレーを備えた『FIFA 12』は、今でも史上最高のサッカー・ゲームだ。『UEFA Euro 2012』は良く出来たダウンロード・コンテンツで、フィーチャーが入れ替わるパッケージ・ソフトを懐かしく思う一方で、今後しばらくのタイイン・ゲームにとってはこれがより優れた解決策になるのだろう。

さて、あとはイングランドに監督が来さえすれば・・・。

IncGamers 8.0/10

『FIFA』ファンなら、これを買わない理由は何もない。トーナメント・モードだけでも実際の大会を乗り切るのに十分だし、Expeditionモードには『FIFA 13』までもつポテンシャルがある。価格を考えれば、バーゲンと言えるだろう。

あとは6月にイングランドが躍進してくれることを願うばかり。

GameSpot 7.0/10

良い点:
・トーナメントに特化した実況解説は素晴らしい
・シャープな演出でEuro 2012の雰囲気を再現
・相変わらず素晴らしいゲームプレー
悪い点:
・Expeditionモードは退屈でやりがいがない
・FIFA体験に殆ど変化なし

FIFA体験を殆ど変化させない楽しく良くできたFIFAスキン、それが『UEFA Euro 2012』だ。これがフル・プライスのパッケージだったらEAは相当叩かれていただろうが、拡張パックなら、決してお金の無駄遣いではないだろう。自分のチームで欧州制覇を目指したいならなおさらだ。ただ、Expeditionモードでだけは止めるように。

Official Xbox Magazine UK 7.0/10

大会終了までファンを満足させるだけのコンテンツが収録されているが、それ以上長くはもたないだろう。これが『2010 FIFA World Cup』のようなフル・プライスのパッケージ・ソフトだったら、間違いなくボッタクリと言われていただろうが、その寿命にマッチした価格で『UEFA Euro 2012』を配信したEAは賞賛に値する。

Game Informer 6.75/10

コンセプト: 欧州の代表チームが激突するUEFAトーナメントを祝福する『FIFA 12』の拡張パック
グラフィック: 『FIFA 12』の馴染み深いグラフィックとアニメーションを覆う新たな演出パッケージング
サウンド: 追加実況解説はごく僅か
プレー性: 素晴らしい『FIFA 12』の操作性がそのまま帰ってきた
エンターテイメント性: 新モードExpeditionは大失敗だが、欧州選手権のファンは大会を再現するために手にするかも
リプレー性: 控えめ

表面的な演出の変化だけでゲームプレーには何の新要素もないこの『FIFA 12』拡張パックは、埋め合わせの新フィーチャーのない見た目だけのアドオンだ。トーナメント・モードは大会の素晴らしさを捉えることができていないし、新モードExpeditionは実に退屈。代表チームの熱狂的なファン以外は、全く印象に残らないこの拡張パックは素通りすべきである。

IGN 6.5/10

『UEFA Euro 2012』はダウンロード・コンテンツの中でも最も高額な部類だが、その価格を正当化できるだけの中身がない。かつては単体のパッケージとしてリリースされていたことを思えば、それでも破格に見えるかもしれない。デジタル配信のお陰で可能となった、前向きな寛大さである。だが、楽しくイライラできるFezやウットリするようなJourneyといったゲームと並んでいるのを見ると、無駄に高いと感じてしまう。核となるゲームプレーは相変わらず素晴らしいのだが、それは8ヶ月前に発売済みの『FIFA 12』と全く同じだからである。新たなゲーム体験ではなく、大会のオフィシャル・ブランドにお金を払っているだけなのだ。

熱狂的なサッカー・ファンや本物以外は認めないという人にとっては、価値のある拡張パックかもしれない。だがそれ以外の人間は、自らのイマジネーションを駆使すれば全く同じ体験ができるのだ。