2012年09月28日(金)02時53分

『FIFA 13』海外レビュー

fifa13_1.jpg

『FIFA 13』の海外レビューです。

  • 機種: PS3/PS2/Xbox 360/PC/Wii/3DS/DS/PSP/Vita
  • 開発: EA Canada
  • 販売: EA Sports

Guardian 5.0/5.0

『ウイニングイレブン』が調子を取り戻しつつある今、『FIFA 13』はトップの座を死守するために絶好調である必要がある。そして、本作は正に絶好調。もはや純粋なシミュレーションではなくなっているのがその理由だと考えている。アドベンチャー、コレクション、アンロックやアップグレード要素などが一つになったシステムによって、『FIFA 13』は全く別の何かに姿を変えたのだ。単なるシミュレーションよりも、はるかに面白くてやりがいのある何かに。

Canadian Online Gamers 92/100

一つ確かなのは、『FIFA 13』の開発チームが、サッカーの本質をリアルに再現することによって、年刊シリーズを進化させ続けているということだ。様々な新フィーチャーは、既に強固な土台を更に固める役割を果たしている。斬新さこそないが、大幅に洗練することによってサッカーの不確定要素を再現しているのである。ファンなら有無を言わずに手に取るだろうし、少しでもサッカー・ゲームに興味があるなら、決して失望はしないはずだ。

IGN 9.0/10

良い点:
・エキサイティングなゲームプレー
・高いリプレー性
・お洒落な演出
悪い点:
・革新性がない

『FIFA 13』は、新機軸ではなく勝利の方程式を洗練させた作品だ。ゲームプレーへの変更は細かなものばかりだが、『FIFA 12』で成功を収めた革新的要素を、より強化する役目を果たしている。前作の成功に胡坐をかくことなく、新たなフィーチャーやサービス、そしてリーグまでもが追加されている。サッカーや『FIFA』シリーズのファンなら、今年最も楽しめるゲームになるはずだ。

Playstation Universe 9.0/10

良い点:
・強力なAI
・より現実的なゲームプレーと演出
・楽しいスキル・ゲーム
悪い点:
・メニューが鈍い
・稀なAIバグが鬱陶しい
・大きな改善が少ない

EA Sportsは、より現実的なゲームプレーで最高のサッカー・ゲームの座を維持している。フォーミュラに変化はあまりないが、全体としてはこれ以上ないほどのパッケージである。

Video Gamer 9.0/10

良い点:
・優れたフィジカル性とパス
・タッチ一つが試合の流れを変える
・殆どのモードに勝ちある追加要素がある
悪い点:
・刷新が必要だったUltimate Team

『FIFA 13』は、確実に前作を上回っている。前作に追加された要素にも手が加えられ、よりしっかりと馴染んでいる。発達したフィジカル性と不確定要素がピッチ上での出来事を成熟させている。殆どのモードに練られた追加要素が加わったお陰で、長く楽しめる作品になっているだろう。『ワールドサッカーウイニングイレブン2013』が賞賛を受ける様子を眺めるしかなかったEAだけに、『FIFA 13』が今世代を決定付ける仕上がりなのは当然だろう。

IncGamers 9.0/10

『FIFA』は依然としてサッカー・ゲームの王者だろうか?答えはイエスだ。試合の流れ、見た目、そして多種多様なモードの数々。ライバルにはない華やかさがある。

Digital Chumps 9.0/10

EA Canadaは全く新しいゲームを作り上げるのではなく、昨年の前作を改善してみせている。より正確な操作性、平等な競技の場、向上したビジュアル、多種多様なモードなど、手堅い『FIFA』最新作に仕上がった。

Eurogamer 9.0/10

カタログを眺めながらXPやコイン、FIFAポイントのことを考えていると、『FIFA 13』に何故これほど多くのインゲーム貨幣が必要なのか、と首を捻りたくなってくる。サッカー・ゲームにしては奇妙なことだが、実際はそれほど奇妙ではないのだ。サッカーも今ではすっかり商業的になり、『FIFA 13』も例外ではないのである。そこも本作の魅力の一つ。『FIFA 13』は素晴らしいサッカー・シミュというだけでなく、サッカーの現在の姿を見事にシミュレートした作品なのだ。表面的な部分の中毒で、ディーラーはSky Sportsだ。

もしそれが汚れた賞賛に聞こえるなら、その通りなのだろう。こうした方向性に異論を唱えるならば、再建に数年を要した『ウイイレ2013』が確かな代用品になっているため、そちらがお勧めだ。だが『FIFA 13』を選択するならば、これまで以上の多様性とディテールに富む魅力的なゲームプレーを楽しむことができるし、次回作が発売される来年のこの時期までプレーし続けることになるだろう。

G4TV 4.5/5.0

良い点:
・前作の問題点の多くを改善している
・いつも通りボリューム満点
・優れたボール・コントロール
悪い点:
・初心者に厳しいファーストタッチ・コントロール
・最適化できないメニュー

『FIFA 13』をプレーすると、コンソール・サイクルが長くなったことの恩恵を思い知らされる。Xbox 360で7作目(PS3では6作目)となる『FIFA 13』では、前作の大きな欠点を修正する必要がなかった。『FIFA 12』には大きな欠点など存在しなかったからだ。安全策を取ったことで『FIFA 13』には革新性が欠けているが、この最新作は現実の試合を見ているかのようなリアリズムに溢れており、それは他のスポーツ・ゲームでは決して味わえない感覚だろう。

Gaming Age B+/A+

長年プレーし続けてきたベテランから、今まで一度もプレーしたことがない初心者まで、今年の『FIFA』は万人が楽しめる作品だ。これまでで最も完成されたパッケージであり、最高のビジュアルとコメンタリー、奥の深いオンラインとオフライン・モード、豊富なカスタマイズ・オプションまで、末永く楽しめるはずだ。アメリカではフットボールというと『NFL』だが、『FIFA』のファンは鼻で笑ってこう言うだろう。「世界にフットボールは一つだけ、それはサッカーだ」と。

Game Informer 8.75/10

コンセプト: 多くの改善点が本作に輝きを与えているが、ゲームプレーの一部は相変わらずスクリプト演出のように感じられる
グラフィック: 『FIFA 12』との違いはあまりない
サウンド: 日々更新されるコメンタリーはクールで、キャリア・モードの試合結果アップデートは催眠的だ
プレー性: ボックス内の酷い守備と、予め決められたアニメーションに足を引っ張られている。だが、マニュアル操作なら少しは改善される
エンターテイメント性: 多くのフィーチャーは楽しめる仕上がりで、多少の不満点が全体のクオリティの妨げになっている
リプレー性: 比較的高い

『FIFA 13』はサッカーの情熱や華やかさを見事に捉えているが、ゲームプレーが抱える欠点が、サッカーの真髄である美しい動きの足を引っ張っている。

Machinima 8.5/10

改善点は気に入った。スペースに走りこんだり、オーバーラップする動きは、得点のチャンスを生み出してくれる。自らの弱点を浮き彫りにするスキル・ゲームもありがたい。監督、そして選手として数々の栄光の物語を紡ぎだしたキャリア・モードに費やした時間も楽しんだ。そうした部分部分は全て素晴らしい出来で、全体を向上させているのだが、サッカー・ファンを熱狂させるほどではないだろう。では、新作に買い換えるべきなのか?『FIFA 11』以来新作を買っていないなら、そうすべきだろう。『FIFA 12』を最近購入したというなら、『FIFA 14』まで待っても問題ないかもしれない。

Metro GameCentral 8.0/10

良い点:
・史上最もリアルなサッカー・シミュ
・最高の操作性と演出
悪い点:
・革命的要素が何もない
・選手がより多くのミスを犯すようになったため、ウザく感じることがある

前作を進化させるだけでもサッカー・ゲーム頂上決戦を勝利するには充分だが、『ウイニングイレブン』が改善しつつあることを考えると、来年は一層の努力が不可欠になるかもしれない。

Games Radar 4.0/5.0

良い点:
・奥の深いオンライン要素
・改善されたファースト・タッチと味方AI
・チュートリアルに最適なスキル・ゲーム
悪い点:
・少々いじくりすぎた物理エンジン
・ほぼそのままのキャリア・モード
・ハゲそうになるスキル・ゲームの難易度

『FIFA 13』は最高に楽しいゲームだ。シリーズに革命を起こすゲームではないが、『FIFA 12』で導入されたフィーチャーの多くを引き締めている。過剰に手が加えられたように感じる物理エンジン、欧州トップ・リーグ以外だと明白になるキャリア・モードの欠点といった不満点もあるが、「『FIFA 12』を超える」という重要な任務を見事に成功させている。去年のユニをきるのはオッケーでも、去年のゲームをプレーするのは耐えられないはずだ。

EGM 4.0/10

『FIFA』シリーズにおける攻撃やゴール付近の動きはこれまでも平凡だったが、それ以外の部分が改善されてきたので、大目に見てきた。だが今年は事情が違う。ここ10年で最も貧弱な『FIFA』最新作で、最初から「ロースター・アップデート2013」色が強すぎるのだ。