2012年09月28日(金)05時46分

『Black Ops II』Zombies「これ以上の新情報公開はなし」とTreyarch

1473.jpg

『Call of Duty: Black Ops II』のZombiesモードに関して、Treyarchはこれ以上の新情報を公開するつもりはないようです。

これまでのモードに加え、新モードTranzitとGriefが追加されることが発表されている『Black Ops II』のZombiesですが、Treyarchのゲーム・デザイン・ディレクターDavid Vonderhaar氏がEurogamerに語ったところによると、これ以上の詳細を発表する予定はないという。

David Vonderhaar: 具体的に話してしまうと、Zombiesの秘密をバラしてしまうことになる。登場するバスは、移動手段と関係があるだろうね。Zombiesの世界観というのはZombies特有のもので、Tranzitモードはその世界観を行き来するための手段だ。不可欠なものではない。

バリケードで防御を固めるというのも一部だ。全てのメカニックがZombiesにとって重要で、ゲームに勝つ方法はたくさんあるんだよ。

それこそがZombiesの真髄だ。発見こそが重要なんだ。モンスターであったり、いかに協力するかであったり、世界観やバスの意味であったりね。バスに乗る必要はあるのだろうか?霧の中に足を踏み入れる意味は?霧の中には何が潜んでいるのか?それら全てがZombiesの一部なんだ。全てが発見のために構築されている。お楽しみを台無しにしたくないから、私としては話したくないよ。

発売初日には誰かが全てをインターネットに投稿するだろうから、全部読めるだろう。でも、私の口から明らかにすることはないよ。

Treyarchが『Call of Duty』ユニバースにゾンビを登場させたのは、2008年の『World at War』から。2010年の『Black Ops』にも再登場したこのモードは、Treyarchのトレードマークとして確立すると同時に、数多くの熱心なファンを生み出すに至っています。

Vonderhaar氏は、Zombiesが単体のゲームであったとしても購入するというファンの声に感謝の意を示しています。

David Vonderhaar: とても光栄なことだ。だが我々、そして『Black Ops II』にとっては、ゲーム全体が提示する価値の一部なんだ。我々にとっては重要ことで、Treyarch文化の一部だ。キャンペーンはそれ自体が一つのゲームで、マルチプレーも同じ。Zombiesも一つのゲームだ。1本分の値段で3本のゲームが手に入るんだよ。何十時間も楽しめる、お得なゲームなんだ。Zombiesがそれ単体でも成り立つくらい巨大だと感じてもらえるのは嬉しいよ。我々がちゃんと仕事をしているということだ。Zombiesメインでゲームを買うというなら、それは最高だ。全てが含まれているし、とにかく巨大なゲームだよ。

Vonderhaar氏によると、『Call of Duty』にゾンビを出すというアイデアは、当初上層部から反対されたという。

David Vonderhaar: 開発チームのことはとても誇りに思っている。全くの無から、ここまで巨大なものを作り上げたんだ。考えてみて欲しい。もし君が3年前にTreyarchの幹部だったとして、我々がゾンビを出したいと言ったら、正直な話、どう返事をする?

今ゾンビと聞いても、Treyarchの『Call of Duty』にゾンビが出てくるのは当たり前だ、と思うだろう。『Call of Duty』とゾンビを並べて口に出しても、全く奇妙な感じがしなくなった。でも、3年前に君がTreyarchかActivisionの社員だったら、と想像してみて欲しい。「なんてこった!ゾンビなんて我々のブランドに存在しないぞ!」となるだろう。Treyarchは何年にも渡って『Call of Duty』のルールを壊し続けてきたし、今後もそうするだろう。数年後か明日か、我々はまた壊すべき他のルールを見つけるはずだ。それがTreyarchのやり方なんだ。

[ソース: Eurogamer]