2012年10月08日(月)19時30分

『Dishonored』海外レビュー

1835.jpg

『Dishonored』の海外レビューです。

  • 機種: PS3/Xbox 360/PC
  • 開発: Arkane Studios
  • 販売: Bethesda

BigPond GameArena 10/10

『Thief』や『Deus Ex』同様、『Dishonored』は何十回とプレーすることになるタイムレスなゲームだ。スチームパンク版City 17とでも呼ぶべきゲーム世界はゴージャスで、落ち込むほどダークな物語も極めて丁寧に書かれているし、ステルスとしても、アクションとしても、その融合としても、ゲームプレーは素晴らしい。『Dishonored』は、武器、名前、選択など、あらゆるものを与えてくれる。復讐は君にかかっているのだ。

The Escapist 5.0/5.0

『Dishonored』は、驚異的で美しい新世界をプレーヤーに提供し、その中で自由に大暴れさせてくれる。政治的陰謀と裏切りの物語はペース配分も完璧で、情報とアクションを見事に織り交ぜている。『Dishonored』はプレーヤーを過剰に喜ばせようと必死にならない賢明さを持ち合わせており、だからこそプレーヤーは完全に魅了されてしまうのだ。

1UP A+/A+

『Dishonored』は決してこじんまりとしたゲームではないが、劣ったデベロッパーなら、水増しによって長ったらしいゲームにしてしまった可能性は高いだろう。だがArkane Studiosは、決してプレーヤーを退屈させない豊かで充実した体験を完成させている。自らの作り上げた世界観に惚れ込むあまり、ぎこちない台詞を延々と聞かせることで世界観をプレーヤーに押し付けるようなゲームではなく、風景や空気感で世界観を構築するのだ。全ての会話や建物、ゲームプレー要素が完成された体験に繋がっており、これは最高峰のゲームでも実現が難しい。続編だらけの市場において、新規タイトルである『Dishonored』は苦戦を強いられるかもしれないが、2012年最高のゲームのリストがあちこちに掲載される時期になれば、『Dishonored』の名前をリストのトップ付近で頻繁に目にすることになるはずだ。

IGN 9.2/10

良い点:
・ゴージャスなアート・スタイル
・自由度の高いゲームプレー
・最高のパワー
悪い点:
・カタルシスのない物語

ゲームの素晴らしい箇所に物語が追いついていないのが残念だが、ゲームプレーは文句なく素晴らしい。どのミッションも、入り組んだ選択肢を念頭に置いて構築されており、それは主人公に関しても言えることだ。パワーなどのアップグレードはプレーヤーのプレー・スタイルを示し、全てのプレーヤーが異なる旅路を辿るだろう。『Dishonored』は友人と語り合いたくなるタイプのゲームで、プレーヤーは何度もプレーしたくなるはずだ。常に異なる道筋やチャンレジを提示する『Dishonored』は、実に新鮮だ。

Metro GameCentral 9.0/10

良い点:
・素晴らしいアクションとステルス
・想像性溢れるマジックとお手軽操作
・巧みに構築された世界観
・驚異的なまでに開かれたミッション
悪い点:
・少々漠然とし過ぎている一部のクエスト
・ムラのある
・妥協が見えるコンソール版のグラフィック

勇敢なまでに妥協のない自由度の高さとゲームの流行に迎合しない『Dishonored』は、最高峰の大人向けゲームだ。

GameSpot 9.0/10

良い点:
・独創性を推奨する豊富なアビリティ
・道筋や隠し要素が詰まった広大な環境
・都市に命を吹き込む美しいデザイン
・興味深いキャラクターと最高の声優たち

『Dishonored』は最初からリプレーされることを懇願しているゲームだ。1周目とは異なるパワーを解除し、ミッションを違うやり方でクリアし、よりステルスに、より残酷に、そして別エンディングを見ることもリプレーの動機になるだろう。いやおうなしにリプレーしたくなるゲームは稀だが、『Dishonored』はそんなゲームである。充実したアビリティ、大胆なアート・デザイン、多種多様なキャラクターたち、そして何よりも自由度の高さによって、『Dishonored』は今年最も驚異的なゲームの一つとなっている。

Destructoid 9.0/10

『Dishonored』は、2012年最大のサプライズだ。大胆かつ独創的、そして何よりもその素晴らしさでライバルに恥をかかせるタイプの大作である。『BioShock』や『Borderlands』と肩を並べるゲームであり、Arkaneが作り上げた柔軟で多様性に富む陰謀物語は、今世代も王道シューターや模倣品だけではないということを思い知らせてくれる。レベル・デザインは正に最高峰の仕上がりであり、その自由度の高さは実に爽快だし、ミッションを成功させた時の満足感は、プレーヤーのさらなるやる気を喚起する。

古臭さを感じさせるビジュアルや新鮮味のない武器も、これ以上ないほど美しく、多面的で、プレーヤーを魅了して止まない『Dishonored』にとっては、欠点ですらないだろう。

TheSixthAxis 9.0/10

『Dishonored』は入り組んだゲームで、メイン・ミッションは9個しかないにもかかわらず、そのどれも中身は実に濃い。クリア済みのミッションはいつでも再プレーが可能なので、ゲームの複雑な構造を色々と実験することができる。これは1人称シューターでもステルス・ゲームでもなく、両方であると同時にどちらでもないのである。『Dishonored』は複雑なデザインと機能を持つゲームだが、同時にレナ・ヘイディ、クロエ、モレッツ、マイケル・マドセン、スーザン・サランドンといった著名な俳優たちが、知的なストーリーテリングに華を添えている。

Strategy Informer 9.0/10

プロットは王道だが、凝りに凝った世界観は無数の二次創作を生むだろう。選択肢の中には、『Deus Ex』や『The Witcher』に要求するような結果が伴わないものもあるが、多くは期待に応えてくれるし、プレーヤーは心の底から驚くことだろう。全く違うマップに送り込まれるサイド・クエストは、後に訪れると全く違う世界が広がっていたりする。一旦『Dishonored』の世界観に浸ってしまえば、クリア後も長い間脳裏から離れないはずだ。『Dishonored』を買い、『Bioshock Infinite』か『Thief 4』が出るまで、じっくりとプレーし続けよう。だが私に言わせれば、IrrationalとEidosモントリオールは相当頑張らないと『Dishonored』を超えることはできないだろう。傑作だ。

Polygon 9.0/10

物語が終盤につまづくものの、『Dishonored』は傑作に仕上がっている。Arkaneが作り上げた一貫したビジョンとデザインは、最近のゲームの中では突出した個性を生み出している。だが何よりも、『Dishonored』は一つのことを上手くこなすだけでは満足しない、野心的なゲームとして成功を収めているのだ。これほどプレーヤーに多くを要求するゲームは滅多にないし、これほど多くをプレーヤーに与えてくれるゲームも殆ど存在しないだろう。

Games Radar 4.5/5.0

良い点:
・開かれたステージ構成
・自由度の高い戦闘の独創性
・プレーヤーを世界に引き込むユニークな設定とキャラクター
悪い点:
・アクションを途切れさせるアビリティ・ホイールと文字表示
・序盤の難易度の高さ
・アクションに比べ有利なステルス

『Dishonored』は、スタイリッシュな美しい世界に多種多様なキャラクターと自由度の高いゲームプレーを盛り込み、何度もプレーしたくなる素晴らしいアドベンチャーを生み出している。自由度の高いミッション、様々な武器やアビリティは、スリリングな遊び場をプレーヤーに提供し、手強い敵は手応えのあるチャレンジをもたらし、複数のクリア方法、キャラクター、舞台設定は息を呑むような世界を作り出している。『Dishonored』は決して逃すべきではないゲームだ。

Joystiq 4.5/5.0

『Dishonored』の素晴らしさは、ゲーム世界が可能にするメカニックに象徴される。殆どのステルス・アクションでは見られない、リプレー性と独創性を提供してくれるのだ。A地点からB地点までの行き方は、全てプレーヤー自身に委ねられている。『Dishonored』は友人との会話が弾むゲームであり、クリア後にも脳裏に残る決断に満ちている。Dunwallという街の歴史は良く知らないが、私は間違いなくそこで過ごした日々のことを友人と語り合うだろう。

Game Informer 8.75/10

コンセプト: 退廃が進む都市で復讐を果たそうとする超人アサシン
グラフィック: Dunwallの街並みは実に美しい。スタイリッシュなアプローチはキャラクターにマッチしているものの、テクスチャは意図した以上にのっぺりと見える
サウンド: 有名俳優を起用しているが、多くのNPCは大袈裟で酷い演技を聞かせる
プレー性: 様々なパワーや武器、選択肢はどれも自然に感じられる。リーンもあるぞ!
エンターテイメント性: 緻密なプランが完璧に成功した時の爽快感は唯一無二だが、ステルス・メカニックには改善が必要
リプレー性: 高め

プレーヤーの行動に制限を設けてしまうChaosシステムにはストレスが溜まるものの、『Dishonored』の本質は、創意工夫と柔軟性、そして冷酷さにある。Arkane Studiosの面々は、Dunwallというバーチャル都市に豊富な可能性を盛り込み、その全てを発見するのは最高の楽しみとなっている。主人公を裏切った宿敵と対面した時、プレーヤーは最もクールな抹殺方法に頭を悩ませることになるだろう。

GameTrailers 8.7/10

『Dishonored』は、豊富な隠し要素や生死をプレーヤーが決定するNPC、そのための方法を広大な世界の中に盛り込んでいる。実に興味深く、爽快感のある体験だ。ジャンルの枠組みに縛られることのないステルス・ゲームであり、銃弾を一発も発射する必要がなく、ジャンプ一つにイライラさせられることのないFPSなのだ。だが、その複雑さゆえに生まれるぎこちなさや欠点は非常に残念。プロットを改善し、ペース配分を練り上げ、近接戦闘を向上させれば、『Dishonored』は単なる素晴らしい作品を超えた、真のクラシックになりえただろう。

GamesBeat 86/100

『Dishonored』は、『Thief』風のゲームプレーを成功させる一方、『BioShock』級の物語が欠けており、真のスペシャルなゲームにはなりえておらず、素晴らしくクールなゲームに落ち着いている。細かな欠点はあるし、1つのステージは退屈で長ったらしいが、驚異的な奥の深さ、懐の深さ、卓越したバランスによって、文句なくお勧めできるゲームに仕上がっている。何度もプレーするタイプではないゲーマーはフル・プライス分の価値を見出せないかもしれないが、私にとっては、一度だけでは物足りない。隅々までケアとイマジネーションに満ちた『Dishonored』は、何度も訪れる価値があるだろう。

Canadian Online Gamers 85/100

Bethesdaの『Dishonored』は非常に良いゲームだが、「必携」と呼ぶには後一歩が足りない。素晴らしいゲームが数多く発売されるこのホリデーシーズン、本作が一般層の注目を集めることができるかどうかは疑問が残る。とはいえ、多種多様な戦闘、ダイナミックなゲームプレー、奥の深さを備えた『Dishonored』は、注目されるべきゲームだ。混み合うホリデーシーズンにおいても、極めて印象的な作品である。

Video Gamer 8.0/10

良い点:
・最高のアート・スタイル
・極上のステルス場面
悪い点:
・複数の道筋

長く楽しめる良く出来たシングルプレー・アドベンチャーだが、その明らかなポテンシャルをより活かすことに失敗しているのが残念だ。底の浅さを感じさせる箇所が多々あり、多大なポテンシャルを感じさせるにもかかわらず、結局は全てが主人公の持つ刃に集約されてしまっている。

Machinima 8.0/10

『Dishonored』は良いゲームだ。ペース配分は物足りないし、奇妙な行動満載のAIはすぐにストレスが溜まるが、全体としては、他では味わうことのできない体験を提供してくれる。権力の腐敗、捕鯨や環境主義、階級差別、科学、神秘主義、殺人といった複雑なテーマを抱える『Dishonored』は、昨今のビデオゲームとは大きく異なっている。こんなゲーム世界は他に存在しないし、スチームパンク版バットマンになれるゲームもこれだけだろう。新規タイトルとして、『Dishonored』は良いスタートを切った。クリエイティブで野心的だ。素晴らしいポテンシャルが完全には活かされずに残されたままなので、このユニバースの継続を望んでいる。

Eurogamer 8.0/10

『Dishonored』は自信に満ちた力強いゲームだ。自らの世界観と細部に至るゲームプレーの満足度への献身に最大限の信念を持ち、結果として明らかに作り手の意図したものであるにも関わらず、完全に偶然かつ自然に感じられる幾つものシチュエーションを生み出している。より引き締まった操作性とリプレー性への寛容なアプローチが本作を真のクラシックへと昇華するだろうが、現状のままでも今年最高の1本であることに変わりはない。

Giant Bomb 4.0/5.0

『Dishonored』は素晴らしいゲームであり、注目に値する。『Deus Ex』などが確立したジャンルにもたらした『Dishonored』最大の貢献は、このジャンルの進化を最初から見守ってきたファンが一番良く理解できるだろうが、AIを欺くことがベースのゲームを、Arkaneはドンパチだけを望むプレーヤーにとっても優れたゲームに仕上げてみせている。これは正に偉業と言える。

Gamer Limit 7.0/10

『Dishonored』は1人称ゲームやステルス・ジャンルを根底から変えるものではないが、面白いコンセプトを楽しいゲームプレーとして提供している。何度もプレーするのが好きでないなら、価格が下がるのを待つのが賢明かもしれないが、広い心の持ち主は、『Dishonored』を間違いなく気に入るはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: Dishonored