2012年11月17日(土)17時19分

『Call of Duty: Black Ops: Declassified』海外レビュー

1509.jpg

『Call of Duty: Black Ops: Declassified』の海外レビューです。

  • 機種: Vita
  • 開発: Nihilistic Software
  • 販売: Activision

1UP D-/A+

『Black Ops: Declassified』はシリーズの系譜に全く無頓着のようで、同時にゲーム・デザインの基本ルールをも無視している。プレーヤーを楽しませることよりも、金儲けしか頭にない凡作だ。救いは、障害が残る前に終わってくれるキャンペーンと、プレーを積極的に阻止しようとするオンライン・マルチプレーだ。『Black Ops II』がシリーズの進化に全力を注いだ一方で、『Black Ops: Declassified』は必死でその進化を打ち消そうとしているようだ。

IGN 4.0/10

良い点:
・メニューと演出はフランチャイズに忠実
悪い点:
・貧弱な操作性
・出来の悪いマルチプレー・マップ
・酷い物語
・意味不明なほど馬鹿なAI

Vita期待の一人称シューター『Call of Duty: Black Ops: Declassified』は、あらゆる面でがっかりの出来だ。出来の悪いマルチプレー、酷い物語、退屈なレベル・デザイン、山積みの問題点が、Vita最大の大作になるはずだったゲームを、最大の駄作にしてしまった。

Pocket Gamer 4.0/10

『Declassified』は隅々までファンに喧嘩を売ったゲームだ。『Black Ops II』の興奮冷めやらぬうちに本作をフル・プライスで購入するのは、大きな間違いである。

物足りないシングルプレー、殆ど使われていない『Black Ops』ユニバース、ほぼ完全に破綻したマルチプレーなど、プレーヤーをイライラさせるために存在するゲームである。

Eurogamer 4.0/10

『Call of Duty: Black Ops: Declassified』は、シリーズのフォーミュラが抱える欠点を白日の下に晒してしまった。ベタなゲームで、スリルは限定され、時間を引き伸ばすお馴染みのやり口が明確となっている。『Call of Duty』らしさは含まれているものの、スペクタクルを剥ぎ取られたことで、その平凡で面白味のない土台が浮き彫りとなっている。

Cheat Code Central 2.0/5.0

グラフィック 2.0: 一応『Call of Duty』っぽい
操作性 3.0: 操作性は全く悪くない。ゲームで一番優れている箇所かも
音楽/効果音/ボイスアクト 1.0: 全くの無意味
バリュー 1.0: ジュネーブ条約で拷問は禁止されたはずでは?

『Black Ops: Declassified』は『Call of Duty』ではない。御馴染みブランドの名前がくっ付いた偽物のカメラのようだ。Activisionは不注意にもVitaの寿命を大きく縮めてしまったかもしれない。

Game Informer 3.0/10

コンセプト: 名前だけでゲームを売り逃げ
グラフィック: 平凡な環境にバグが盛り沢山
サウンド: 無意味なFワードの連呼が多い
プレー性: 馬鹿げたタッチ画面操作と雑なスプリント機能以外は上手く機能している
エンターテイメント性: このゲームはプレーするな
リプレー性: 低め

『Call of Duty: Black Ops: Declassified』には呆れさせられる。ゲーマーが『Call of Duty』に期待する水準に全く達していない。コンソール・レベルのゲームを期待してVitaに250ドルを支払った私のようなゲーマーは、大きく失望することになるだろう。『Declassified』は全くお勧めできないゲームで、カジュアルなFPSファンや『Call of Duty』ファンは、Nihilistic Softwareが作り上げた駄作にガッカリするはずだ。

Metro GameCentral 3.0/10

良い点:
・設定をちゃんとすれば操作性は悪くない
・充実したマルチプレー・オプションとクラス・カスタマイズ
悪い点:
・侮辱的なほど貧弱なシングルプレー・モード
・ほぼ存在しないAIとまともな物語
・8人までしかプレーできない小さなマルチプレー・マップ
・技術的問題点

ソニー携帯機の運命を左右するゲームだったが、このような未完成シューターはVitaと『Call Of Duty』フランチャイズ両方にとって面汚しだ。

Games Radar 1.5/5.0

良い点:
・外出先でマルチプレー
・コンソール版の操作性をそのまま引き継いでいる
・マルチプレーのカスタマイズ・オプション
悪い点:
・酷いAI
・極めて短いキャンペーン
・接続に問題を抱えたマルチプレー

『Call of Duty: Black Ops: Declassified』は、大ヒット・フランチャイズをVitaに忠実に移植するという任務を、ほぼ完全に失敗している。シングルプレーはまるで幾つかのデモを繋ぎ合わせたかのようだし、酷いAIも平凡さに拍車を掛けていて、完全なる未完成品となっている。まずまずのマルチプレーは熱心な『Call of Duty』ファンなら興奮できるかもしれないが、そのマルチプレーですら急ごしらえの手抜きのようだ。『Declassified(機密扱いから外す)』は、機密のままにしておいた方が良かったゲームだろう。

Edge 2.0/10

Vitaユーザーは聞きたくないかもしれないが、もう慣れっこになっているかもしれない。「コンソール・クオリティを外出先で」というのがVitaの売り文句だったが、巨大フランチャイズの全く血の通っていないバージョンを見ると、その正反対に感じられてしまう。「手のひらサイズの超大作シューターを」と約束したJack Tretton氏の予想とも全く違うだろう。むしろ、『Declassified』は超駄作だ。

Giant Bomb 1.0/5.0

ゲーム自体の出来も悪いが、技術的な問題点が最後のトドメとなっている。しかも、このゲームは50ドルなのだ。50ドルを出すようなゲームではない。