2012年12月03日(月)01時20分

『PlanetSide 2』海外レビュー

1553.jpg

『PlanetSide 2』の海外レビューです。

  • 機種: PC
  • 開発: Sony Online Entertainment
  • 販売: Sony Online Entertainment

AusGamers 9.5/10

良い点:
・何百というプレーヤーによる壮大な戦闘
・サーバーにつき2000人の兵士
・息を呑むビジュアル、特にライティング・エフェクト
・ローカルMMOサーバーと素晴らしいデベロッパー・サポート
・無料!
悪い点:
・CPUを食いまくる
・発売時は問題を抱えていたが、現在は改善されつつある
・歩兵にとっての遠景描写は問題になるかも

プレーヤーに要求されるのは時間だけなので、『PlanetSide 2』をプレーしない理由は何一つないだろう。ただ、これは極めて中毒性の高いゲームだし、その壮大なスケール感を味わった後ではもうこれまでのお気に入りのシューターに戻れなくなってしまう可能性があるので、注意が必要だ。これほどまでに洗練され、尚且つ技術的に革新的な無料ゲームが登場したというのは驚くべきことだろう。もし本作が我々の予想ほどに人気となれば、『Battlefield』や『Call of Duty』がMMOFPS化しても驚くべきことではない。今年のサプライズ・ヒットの一つとして、強くお勧めしたい。

IGN 9.0/10

良い点:
・最高のクラス
・巧みなデザインのアンロック・システム
・壮大でスリリングな戦闘
・多様性に富むプレー・スタイル
悪い点:
・バグなど、荒削りな部分

『PlanetSide 2』における壮大なスケールの戦闘は、正に息を呑む仕上がり。一列に並んだ戦車が基地に向けて一斉射撃を加える一方、空には無数の飛行機が飛び交い、何百というプレーヤーの放つ銃撃の光が辺りを埋め尽くす。多様性に富むクラスに奥の深い成長システム、多種多様な陸空の乗り物まで、戦闘への参加方法は無数にあり、開かれた環境の中をしっかりと統率の取れたチームでプレーすると、一切途切れない『PlanetSide 2』の戦いは、これ以上ないほど驚異的な対戦体験となるだろう。荒削りな部分はあるものの、『PlanetSide 2』はオンライン・シューターの最高峰だ。

Ten Ton Hammer 90/100

良い点:
・なんといっても無料。質も高い
・FPS史上空前のスケール
・一つの大地で数千のプレーヤーと戦う
・戦車や爆撃機、もしくは徒歩で敵に立ち向かえる
・手軽なコミュニケーションを可能にしたVoIPシステム
・短時間だけのプレーに適している
・動画を録画してくれるインゲーム・インタフェース
悪い点:
・各クラスの特徴を薄める認可システム
・新規ユーザーは戦う理由や場所が理解し辛いかもしれない
・メカニックを把握するまでは、全体像が掴みにくいかもしれない
・慣れが必要なユーザー・インターフェース
・前作よりも規模が縮小されたマップと、分散する戦闘のせいで壮大さが薄れている

『PlanetSide 2』はプレーする価値があるかと問われれば、答えは当然イエスだ。こうして欲しかったという要望はあるものの、それはあらゆるゲームに言えることだ。

重要なのは、このゲームが楽しく、そして無料であるという点だ。正に勝ちが約束されたコンビネーションである。これほどのスケールは他では味わえないし、不憫な『Call of Duty』には到底無理な芸当である。レベルは関係ないので、プレー時間に関係なく戦況に影響を及ぼすことが可能だ。これは、忙しくて長時間プレーできない人間には朗報だろう。

SOEは手堅いメカニックを備えた美しいゲームを完成させた。しかも無料なのだ。私に言わせれば、これをプレーしないのは馬鹿だろう。今後のFPSのスタンダードとなるべきゲームなので、今すぐ惑星防衛に走るのだ!

AtomicGamer 9.0/10

『PlanetSide 2』の素晴らしいところは、ハイエンドPC以外ではまず不可能なゲームであるという点だ。数百人のプレーヤーが一箇所に集まり、乗り物と歩兵が入り混じる戦闘で戦術を駆使するというのは極めて魅力的だが、一対一の接近戦ですらしっかりとした出来なのだ。更に素晴らしいのは、課金ユーザーと無料ユーザーのバランスが取れているところだろう。多少慣れが必要な癖はあるし、フレームレートにも改善が必要だが、『PlanetSide 2』はSOEが手掛けたゲームの中で最も野心的で優れたゲームだ。改善の余地は残されているが、その仕上がりにはいたく感心させられた。ハイエンドPCのユーザーで、真の戦術と組織をチーム制FPSに持ち込みたいと思っているなら、『PlanetSide 2』はマストだ。プレーを始めるのにお金は掛からないので、必要なのはダウンロードしてパッチを当て、プレーする時間だけである。

Eurogamer 9.0/10

『PlanetSide 2』は『Guild Wars 2』に良く似ていて、サーバーをどれだけ満員に保つことができるか、という点に全てが掛かっている。サーバーに幾つかの問題を抱えているとはいえ、今のところはその心配はなさそうだ。将来のことはとりあえず横に置いておこう。

今現在重要なのは、『PlanetSide 2』がシューターとMMOを見事に融合させた傑作に仕上がっているという点だ。どちらの要素も一流というわけではないが、シューターとMMOをここまで上手く融合させたゲームは存在しない。1人でプレーするにしても、その壮大な戦闘を目撃するだけでもチェックする価値はあるし、連携の取れる友人とプレーできるなら、『PlanetSide 2』は忘れがたい体験となるだろう。

PC Gamer 90/100

ハイエンドPCのユーザーにとって、『PlanetSide 2』は正に驚愕の体験である。1人でプレーしてもスペクタクルだ。遠くから見渡せばほぼ全てを眺めることができるが、どこを見れば良いのか分からなくなってしまうほど。チームメイトがいれば、見事に焦点を絞ることができる。空中ではドッグファイトが繰り広げられ、生い茂るジャングルの中では歩兵たちの銃撃戦、そして砂漠を疾走する戦車。夜空に浮かぶ星のごとく、『PlanetSide 2』は美しい。

GameSpy 4.5/5.0

良い点:
・『Battlefield』クオリティのシューター
・あちこちで火の手が上がること確実のメタゲーム
・無料
悪い点:
・クラッシュし易い
・ハイスペック必須
・飛行機は調整が必要

ゴージャスなライティングから凄まじい遠景描写、そして手に汗握るマルチプレーまで、『PlanetSide 2』はPCの凄さを見せ付ける。古い雛形を基にしているものの、その雛形はあまりに時代を先取りしていたため、現在でも十分に新鮮でエキサイティングに感じられる。まるで次世代が到来したかのようだ。

Game Revolution 3.5/5.0

『PlanetSide 2』は質にムラがあり、多くのゲーマーが待ち望むバランスの取れたMMOFPSにはなりきれていない。友人と部隊を組み、クラスのシナジーや乗り物を活かして戦況にインパクトを与えるのは楽しいが、白熱の壮大なバトルは、ラグやイライラさせられるバグによって蝕まれている。FPS部分は上手く行っているものの、底の浅いMMO部分が足を引っ張っている。『PlanetSide 2』はそれなりにエキサイトできる基本プレー無料のゲームだが、あまり多大な期待はしないように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: PlanetSide 2