2013年02月10日(日)02時18分

『Antichamber』海外レビュー

3247.jpg

『Antichamber』の海外レビューです。

  • 機種: PC
  • 開発: Alexander Bruce
  • 販売: Demruth

GamesBeat 92/100

映画『キューブ』からホラー要素と死の恐怖、大根演技を抜いたようなゲームが『Antichamber』。巧みに構築されたパズルの全てがそうであるように、馬鹿みたいに難易度が高く、痛々しいほどシンプルなゲームである。Bruce氏は、極めて優れた手応えのあるパズル・ゲームを完成させた。さて、ゲームをクリアしなければいけないので、そろそろ失礼したいと思う。

Game Informer 9.0/10

コンセプト: 斬新な頭の体操でプレーヤーを驚かせ続けるシュールな1人称パズル
グラフィック: ベーシックなビジュアルは見づらいこともあるが、本作の空間イルージョンには必要
サウンド: パズルや環境を際立たせる素晴らしいアンビエント・サウンドトラック
プレー性: ジャンプ・メカニックは少し扱いづらいが、それ以外の操作性はばっちり
エンターテイメント性: 最初から最後まで、多種多様で独創的なパズルに圧倒される
リプレー性: 控えめ

見逃した道筋を追い詰めようとした最後の瞬間まで、退屈さを感じることはなかった。そんな退屈さも、摩訶不思議なエンディングと私の間に立ち塞がる、複数の部屋からなるパズルを前にした瞬間に消え去った。物語が存在しないにもかかわらず、『Antichamber』のパズルを乗り越えていく達成感は、ビデオゲームに無数に存在する「世界を救う任務」をはるかに凌駕するものだ。これ以上ユニークで魅力的なパズルゲームは殆どないだろう。

Hardcore Gamer Magazine 4.5/5.0

『Antichamber』にはルールを教えたあと一気に厄介度が増すパズルが沢山収められているが、理不尽なパズルは一つもない。パズルを解くのは素晴らしい気分で、ズルをせずに実験と観察から解法を導き出した時の気分は最高だ。環境/ブロック・パズルは概ね均等に配置され、何時間もプレーし続けても飽きることはない。いわゆる物語は存在せず、最終エリアには何の説明もないが、パズルを一つずつ解いていく満足感は、どんな物語よりも優れた推進力足りえている。『Antichamber』は巨大かつ驚異的で、飾り気はないがカラフルなスタイルと取っ付き易いFPSの殻に包まれた、純粋な精神鍛錬だ。是非プレーして脳みそを鍛えよう。

IGN 8.6/10

良い点:
・知的なパズル
・巧みな色の使い方
・上達を実感できる
・独創的な環境との干渉方法
悪い点:
・個性がない無意味な物語

『Antichamber』ほど知的なパズルが収められたゲームはプレーしたことがない。個性という面ではそれほどでもないし、奇妙なエンディングはそもそも入れる必要があったのかと頭を捻ってしまうが、探索はこれ以上ないほどスリリングだ。一歩進むたびに世界への理解が深まり、新たなスキルを身に付けては、ユニークでやりがいのあるパズルが最後まで登場し続ける。Unreal Engine 3ゲームが動くPCを持っているなら、『Antichamber』を是非とも体験して欲しい。頭の体操になるし、楽しみながら人生について学べるかもしれない。

GameSpot 8.5/10

良い点:
・頭がこんがらがるような創意工夫に富むパズル・デザイン
・飾り気のないスタイリッシュなビジュアル
・不気味なサウンドトラックがゲームの雰囲気にマッチ
・達成感がある
悪い点:
・ストレスが溜まる箇所がある

最後のパズルを攻略し終えた後も末永くプレーヤーの脳裏に残り続ける瞬間が『Antichamber』には存在する。味気ない壁の中に作られたパズルは、極めて知的かつ独創的で、敷居を下げるために自らの理想を犠牲にしていない。ストレスを感じる部分もあるが、それらはあくまでつかの間のことであり、デザインンとスタイルにおける偉業を傷つけるものではない。ゲームの冒頭には「全ての旅は選択の連続である」というメッセージ。君も今すぐ『Antichamber』で旅をスタートさせよう。他では味わえない体験ができる。

Destructoid 8.5/10

『Antichamber』は、少々駄目なタイプのパズルに寄りかかり過ぎた、ユニークかつ楽しい1人称パズル。あえて曖昧にしている筋書きを完全に無視するプレーヤーもいるだろうが、全体の体験の邪魔になるようなことはない。『Antichamber』は非常に美しくて良い意味で分かりにくく、ビデオゲームにおけるパズルだけでなく、現実の障害物へのアプローチまで変えてしまうかもしれないゲームである。

Metro GameCentral 8.0/10

良い点:
・一貫した演出、不親切さ、そして頭がこんがらがるパズル
・難易度は高いが論理的
悪い点:
・ヒントやナビゲーションを極力廃し、あえて分かりにくくなっている
・質素だが、敵対的な雰囲気には嫌な気分にさせられる

あえてストレスと混乱を与えるかのようなゲームだが、『Antichamber』ほど知的で想像性溢れるパズル・ゲームは久しぶりだ。

Games Radar 4.0/5.0

良い点:
・手応えがありユニークなパズル
・シンプルでクリーンなビジュアル
・閃く瞬間
悪い点:
・難易度が異様に高い箇所がある
・すぐ分かりにくくなるマップ・レイアウト
・次に行くべき場所が分からない

『Antichamber』は、そのシンプルさが強みだ。パズルは分かり易く、解法は大抵の場合目の前に存在するにもかかわらず、とにかく歯応えがある。ミニマリストな優雅さは万人向けではないだろうが、Alexander Bruce氏のゲーム・デザインへのアプローチは極めて巧みである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: Antichamber