2007年08月21日(火)15時47分

BioShock 海外レビュー

bioshock31.jpg

BioShockの海外サイトによるレビューです。

Euro Gamer 10/10

PCかXbox 360を所持している者は、全員がBioShockを発売日に買いに走り、ゲーム業界に「こういうゲームこそ我々が望んでいるゲームだ」というメッセージを送るべきだ。BioShockは究極の珍品だ。堂々とした約束に応えただけでなく、シンプルで昔ながらの才能と想像性によって、自らの約束を凌いでいる。熱情、スタイル、気品、ウィット、とんでもない野心に関しては言うまでもない。使い古されたFPSジャンルの首筋を掴んで、一から作り直し、息を呑むようなやり方で捻じ曲げてみせた。今後数ヶ月、数年間は、よほど特別な何かがないとこれを超える事は無理だろう。一箇所だけがずば抜けた完成度を誇るゲームというのもありだろう・・・だが、グラフィック、オーディオ、ゲームプレーの深み、空気感、革新性という全ての面を完璧に仕上げるなど、正に前例がない事だ。マジメな話、BioShockに何一つ愛すべき点を見つけられなかったら、最寄の医者に心臓が動いているか調べてもらった方がいいだろう。

Game Informer 10/10

BioShockを一度プレーしたら、FPSというジャンルの見方が変わるだろう。15時間から20時間のプレー時間の中で、一秒たりとも無駄は存在しない。一度クリアしたら、2つ目のエンディングを見るためにもう一度プレーするまで、ディスクを取り出せないだろう。

巧妙で、これ以上ないほど面白く、最も叙事詩的な傑作だ。ビデオ・ゲームが提供し得る最高の経験を体験するために、そろそろRaptureに赴いてはどうかな?

Gamespy 5.0/5.0

単純に、BioShockは前代未聞の偉業を達成したと言える。生々しい感情の繋がりという点で、他のゲームはBioShockの足元にも及ばない。Game of the Yearを選ぶにはまだ時期が早いかもしれないが、心から離れないBioShockの芸術的栄光を体験した後では、他の全てのゲームは相当の努力をしない限り、ライバルとすら見なされないだろう。

Game Pro 5.0/5.0

BioShockは、大金を投じた大作ゲームが使い捨てのエンターテイメントに成り果てた時代に登場した。一度クリアしたら棚に戻され埃を被り、忘れ去られる。結局、そうしたゲームの殆どは大した存在じゃないのだ。嬉しい事に、BioShockは大した存在だ。多くの印象的な作品が存在するジャンルにおいて、品格と風格を持ってその足跡を残している。今年最高のゲームの1つである事に疑いの余地はないし、精神的な前作であるSystem Shock 2によって定められた高いハードルを見事に越えて見せた。

IGN 9.7/10

ゲームでは不可能だと多くの者が言おうとも、ここには芸術品がある。BioShockの中に、ゴージャスな水浸しのRaptureのホールの中に、命を助けるという選択をした時や殺す選択をした時のLittle Sisterの表情の中に、キャラクターの発展の仕方の中に、ゲーム中に手に入る音声ログの中に、物語の構築の仕方やアクションとの自然な融合の仕方の中に、芸術がある。Irrationalはこのゲームに明確なビジョンを持っていて、全ての部分において非凡な精密性を持ってしてやり遂げられている。Irrationalは、ただプレーして楽しい何かではなく、往々にしてやりがいのあるゲームのベンチマークとして引用される基準を作り上げた。BioShockは、収束的な娯楽性の高いゲームプレーと、大量の多様な面を持つキャラクターを取り巻く、邪悪でプレーヤーを没頭させる抵抗しがたい魅力を持った物語の好例だ。これは、本質的なゲーム体験である。

Teamxbox 9.5/10

技術的にも、ゲームプレー的にも質の高いゲームというのは非常に珍しいが、BioShockはそれを実践してみせた。最高なのは、多くの超大作が控えるホリデーシーズンを前にして、ハードルを高く設定してくれた事だ。今年の終わりに、それら超大作がBioShockと同じ「海」にいるか楽しみに見守るとしよう。

Gamespot 9.0/10

もし君がただのありがちなアクション満載のシューターを欲しているなら、BioShockは向いていないかもしれない。弱点は今ひとつなスキルを必要としない戦闘であり、一般的なHaloファンには少し物足りないかもしれない。しかし一風変わったものが好みなら、このゲームの間接的な戦闘方法を存分に楽しめるだろう。強烈なグラフィックとサウンドが不気味なムードをかもし出し、素晴らしい雰囲気を作り出している。しかしBioShockの真の強みは、効し難い魅力を備えた双方向型の物語や、ミステリアスなプロットに組み込まれた歪んだ世界でのユニークなジェットコースター感覚にある。こうした表現に少しでも興味を持ったなら、失望はしないだろう。