2013年04月13日(土)02時56分

Crytek CEOがグラフィックの重要性を語る「ゲームの60%だ」

cevat-yerli3.jpgCevat Yerli氏

Crytekの最高経営責任者Cevat Yerli氏が、ゲームにおけるグラフィックの重要性を語っています。

Cevat Yerli: グラフィックはどうでも良いと言う人がいるが、『Crysis』をプレーしてから同じことを言ってみて欲しい。ゲームプレーを推進してきたのは常にグラフィックだ。

『Crysis 3』では草木の表現が肝だった。物理演算による草木の干渉の仕方や、風でなびく様子などだよ。草木の動きを観察することで、敵の居場所を読むことが可能なんだ。ライティングにしろ影にしろ、グラフィックが多様な感情を喚起し、没入感を増してくれる。プレーヤーをゲーム世界に引き込むには、没入感が最も重要なんだ。

優れたグラフィックに物理演算、サウンド・デザイン、テクニカル・アセット、全体のクオリティ、そしてアート・スタイルによって生み出されたスペクタクルやスタイリッシュさこそ、ゲームの60%だよ。

[ソース: Xbox 360 Magazine]

カテゴリ: 業界 タグ: -