2013年06月12日(水)19時57分

EAが中古ゲームに対するスタンスを明確化「ファンの要望に応えることが命題だ」

EA Games LabelのPatrick Soderlund氏が中古問題に触れ、EAとしては中古を容認するスタンスを取っていることを明確にしています。

Patrick Soderlund: 我々は既にオンライン・パスの廃止を発表している。もう廃止しているんだ。その理由は、我々のファン、プレーヤーが「こんな形でゲームをプレーしたくない」と言ったからだよ。彼らの意見に耳を傾けて廃止したというだけのことだ。

中古売り上げには何の問題もないと考えている。オンライン・パスの廃止は、そうした我々のスタンスを明確にするものだ。

そうしたスタンスは次世代でも変わらないとSoderlund氏。

Patrick Soderlund: 当然ながらファースト・パーティーの設けたルールに従うことになるが、我々としてはカンファレンスの内容を吟味してから適切な方法を選択することになるだろう。だが、我々の一般的な命題は、ファンの要望に応えることだ。ファンが中古でゲームを売ることを望んでいるなら、その希望に応えることになるだろうね。

peter-moore3.jpgPeter Moore氏

最高執行責任者のPeter Moore氏は、今後の話し合いでスタンスを決定すると語ります。

Peter Moore: 現時点で我々は新作ゲームに集中しているし、我々の公式なスタンスは「追ってお知らせする」というものだ。ソニーはこれまでどおりというスタンスを発表しているし、Microsoftはパブリッシャーが望めば選択できる方法を提示している。だが我々が選択した場合、Microsoftは手数料を取るのだろうか?もしそうなら、その額は?社内でそうした疑問に答えを出す作業は始まってもいないんだ。

さらにMoore氏は、Xbox Oneがオンライン認証を採用したのは、EAのような大手パブリッシャーが圧力をかけたからだとする意見は全く事実ではないと断言しています。

Peter Moore: 全く事実ではない。Electronic Artsの最高執行責任者として断言するが、中古ゲームの許可不許可に関する機能を盛り込むよう、ハードウェア・メーカーに働きかけるようなことは一切していない。私は中古ゲームを支持しているし、あのエコシステムを気に入っているんだ。
8年間にわたって価格を適切なレベルに維持しているし、ディスクを購入して高品質なゲームを手にできるのも嬉しい。それがGameStopに活気をもたらしているし、彼らは販売上の素晴らしいパートナーだ。

私は全ての会議に出席しているが、EAがハードウェア・メーカーに対して、中古ゲームに待ったをかけるようなシステムを入れるよう要請したことはない。全く事実ではないよ。

[ソース: Polygon, Eurogamer]

カテゴリ: 業界 タグ: -