2013年06月18日(火)02時01分

IO Interactiveがスタッフの半数を解雇、『Hitman』一本に絞る意向

io-interactive.jpg

IO Interactiveは17日、ほぼ半数のスタッフをレイオフしたことを発表。『Hitman』フランチャイズ一本に絞る意図を明らかにしている。

スクエア・エニックスのコーポレート・ コミュニケーションVP、Chris Glover氏が発表した声明によると、スクエア・エニックスはIO Interactiveで進行中だった『Hitman』フランチャイズ以外のプロジェクトを全てキャンセル。解雇されたほぼ半数の従業員に関しては、ポジションに空きのあるスクエア・エニックス傘下のスタジオに再配置するか、他社への再就職を斡旋するという。

なお、元プロダクション・ディレクターHannes Seifert氏がIO Interactiveのトップに就任している。

キャンセルされた進行中のプロジェクトに関する情報は明らかにされていないものの、IOは『Hitman』の他に『Kane & Lynch』フランチャイズや『Mini Ninjas』を抱えている。

[ソース: Eurogamer]

カテゴリ: 業界 タグ: -