2013年06月19日(水)04時34分

Ken Levine氏がリメイク版映画『2300年未来への旅』の脚本家に抜擢

『BioShock』で知られるIrrational GamesのKen Levine氏が、リメイク版『2300年未来への旅(原題:Logan’s Run)』の脚本家としてワーナーに雇われたとDeadlineが報じている。

logans-run.jpg

同名SF小説を基にした『2300年未来への旅』は、人口調整の為に30歳になると抹殺される管理社会を描く1976年のディストピアSF映画。同映画のリメイクに関しては、これまで『Xメン』のブライアン・シンガーや『ドライブ』のニコラス・ウィンディング・レフンなどの名が挙がっていたが、どれも実現しなかった。

Ken Levine氏は以前から同作品のリメイクに関わることを熱望していたとのことだが、Irrational Gamesでのゲーム開発も今までどおり継続するという。

[ソース: IGN]

最新記事