2013年08月02日(金)14時40分

Volitionが『Saints Row』に対するCliff Bleszinski氏の発言に反論

12120.jpg『Saints Row: The Third』

今年1月、Cliff Bleszinski氏が『Saints Row』フランチャイズについて「幼稚さを捨てれば『Grand Theft Auto』に匹敵するフランチャイズになれる」と話した件(詳しくはこちら)に関して、『Saints Row』の開発元であるVolitionのプロデューサーJim Boone氏とデザイン・ディレクターScott Phillip氏が改めて反論している。

Jim Boone: 映画と同じように考えている。

幼稚だからといって『ハングオーバー!』のような映画を作らなくなるとは考えにくい。確かにオスカーを獲得するような映画ではないが、最高に笑える素晴らしいエンターテイメントだ。誰もが私の映画観に同意するわけではないだろうが、だからと言って作るべきではないということにはならないんだ。

Scott Phillip: (Bleszinski氏は)『Saints Row』をマイケル・マンの『ヒート』のような銀行強盗ゲームにした方が良いと語っていたが、そういうゲームは既に他の誰かが作っている。我々の4倍の人数をかけてね。

他の誰かが既に作っているゲームではなく、『Saints Row』を作らなければならないんだ。Jimが言ったように、同じ映画を何度も見たくはないだろう。ドラマが見たい時もあれば、コメディが見たい時もあるし、『Saints Row』は他では得られない体験をプレーヤーに提供しているんだ。

[ソース: GameSpot]