2013年09月05日(木)06時10分

『Grand Theft Auto Online』プレビュー - オンラインでできること10選

13410.jpg

『Grand Theft Auto Online』のプレビュー記事がIGNに掲載されている。

  • 機種: PS3/Xbox 360
  • 開発: Rockstar
  • 販売: Rockstar

私は今回、名刺に「Rockstar」と書いていない人間としては初めて、『Grand Theft Auto Online』をプレーする幸運に恵まれた。『Grand Theft Auto Online』は、ショッキングなほど野心的な16人プレーの独立した『Grand Theft Auto V』のマルチプレー・モードで、本編とは別に10月1日にサービスが開始される。私が見た限り、オンライン『GTA』に夢見たこと全てが実現している。持続要素も含まれているが、決してMMOではない。

『Grand Theft Auto Online』を表現するには、「ワイルド」という単語が最適だ。もちろん良い意味で。では、仲間と共にオンラインに行った時に遭遇できる、クレージーで凄まじいアレコレ10選をお送りしよう。

1 - 一緒に酒屋に強盗に入り・・・お互いを裏切る

友人のVinewoodにあるアパートの外でクラクションを鳴らす。外に出てきた友人が、君のAston Martinっぽい車に乗り込む。ラジオをいじる友人。「WCTRトーク・ラジオに戻せよ、おい」と君。「Lazlowを聞きたいんだ」。君は数マイルほど車を走らせ、車を止めて降りる。2人は『GTA Online』固有のインベントリーからマスクとメガネを選んで装備し、コンビニに入っていく。1人がレジにいる店員に銃を突きつける。ヘッドセットを使って実際に大声で脅せば、金を出すのが早くなるぞ。追ってくる警察を撒くためにスピードを上げ、Los Santosのダウンタウンにある高層ビルの駐車場で警察を振り切ることに成功する。追っ手が去った今、金をどう山分けするかは、実際に店員から金を奪った友人次第だ。10%しかくれないかもしれないが、単純に車を止めて降り、顔面を撃ち抜いて、金を独り占めすることも可能だ。もしくは、紳士らしく半分ずつ分けることもできる。

因みに、他のプレーヤーに盗まれる場合に備えて、車に保険をかけることもできる。何千ドルもの大金と調整に多大な時間を費やしたカスタムCheetahを失いたくはないだろう?

2 - 友達とレース・・・他の友達が邪魔しないよう祈りながら

いつでも、最大12人で集まって、マップ上の好きな場所にピンを置き、全員が同意すれば、カウントダウンがスタートする。私のレースでは、超高性能のスポーツカーに乗ったRockstarの広報2人が対決をした――激しく車体をぶつけ合い、ヘッドセット越しに相手を挑発しながら。拮抗したレースだったが、それも彼らが飛ばしていた4車線の道路が警察に封鎖されるまでの話。2台の車がバリケードの隙間をすり抜けていくと、その騒ぎはどうやら他の2人のプレーヤーが起こしたもので、4つ星の手配レベルが発動し、警察と銃撃戦を繰り広げていることが分かったのだ。当然これは私のデモ用に仕組まれたものだったが、最大16人でプレー可能なのだから、こうした騒ぎが自然と起きるのは明白だろう。まるでRockstarが、10倍はあろうかという巨大なマップに、『Burnout Paradise』と『Need for Speed: Most Wanted』を詰め込んだかのようだ。

12510.jpg

3 - 飛行機を盗む・・・そして友達のエスコートで無事着陸させる

私がプレーすることができた壮大な『GTA Online』ミッションは、『GTA V』で最高レベルに位置する強盗ミッションだった。Titan Stealと題するこのミッションは、4人組で軍事基地に飛び、輸送機を盗み、遠くにある自分たちに滑走路まで運ぶというものだ。恐らく麻薬の密輸などに使用するのだろう。

ともかく、我々はSan Andreasの美しい夕日を上空から眺めながら、ヘリコプターで基地まで向かうことにした。『GTA V/Online』の描画距離は正しく息を呑む。私はただ座って景色を楽しんでいただけだったが、1人は副操縦士になることもでき、ターゲットにマークを付ける役割を果たすことになる。

現場に到着する頃には、Titanの格納庫近くで軍との壮絶な銃撃戦が始まっていた。Titanの行く手を邪魔するセミ・トラックをどかす間、仲間は私のカバーをしてくれた。Titanに乗り込んだ私は、Rトリガー(プレーしたのはXbox 360版だ)を押す。数秒するとエンジンに命が宿り、輸送機が動き出した。仲間たちが飛び乗って滑走路へと向かう。輸送機が軍の攻撃で酷いダメージを受ける前に、無事離陸した。

私は北へと向かう――相変わらず景色が美しい――が、一度目はSandy Shores飛行場の滑走路に上手く進入することができなかった。2度目も失敗。だが3度目でようやくいい感じになったので、左スティックを押し込んでタイヤを出し、スロットルを絞り、少しブレーキをかけ、何とか巨大な輸送機を着陸させることができた。仲間に1人の犠牲者も出さずに成功だ!

4 - マルチプレーでゴルフとテニス

予告編で示唆されていたように、『GTA V』にはプレーアブルのゴルフとテニスのミニゲームが収録されている。ただ、どちらもちっとも「ミニ」ではない。私は両方共プレーできたが、『Tiger Woods PGA Tour』と『Top Spin』が隠されているかのようだった。Los Santosには複数のテニス・コートが点在し、18ホールのゴルフ・コースは一つ存在する。メカニックはどちらも似ていて、フル機能搭載だ。スティックを引き、タイミングを見て前に倒してゴルフ・クラブを振ることになるが、テニスの操作性はほぼ『Top Spin』そのものである。これは驚くほど楽しい出来で、テニスは2人でプレー可能、ゴルフはフォーサムが可能だ。友達と無駄話をしながらコースを廻るのは、それだけで大きな魅力だろう。

12310.jpg

5 - 家でくつろぎながらハイになる

そう、マジだ。自分の部屋――インゲーム貨幣で購入可能――に友達を招き、ソファでくつろぎながら、マリファナを決めることができるのだ。ハイになると、画面がぼやけるエフェクトもある。望遠鏡を覗くこともできる――宇宙を見るのは無理だが、ゲーム世界の遠くを拡大表示してくれる。『Republican Space Rangers』の新エピソードといったテレビを見ることも可能だ。他の友達が外で暴れている場合は、テレビでニュースを見ると、彼らの暴れっぷりを生中継で見れるのである。もしくは、自宅付近をうろつく様子を、自宅の監視カメラで覗き見をすることもできる。当然ながら、殺戮の一日を終えて帰宅し、シャワーで血を洗い落としてリラックスしたいだけなら、それも可能である。

6 - 一番人気のミッションが浮上する

『GTA Online』には、ミッション・プレーリストが存在する(もちろん、Free Roamモードに飛び込むことも可能)。ここでは仲間と一緒にプレーする多種多様なミッションが用意されており、一番多くの票を集めたものを次にプレーすることになる。ミッションを終えると次の投票に移るので、仕事が途切れることはない。Rockstarによると、発売時には数百のミッションが用意されるとのことだ。ミッションは随時追加されていくが、殆ど票を集めることができず、嫌われていることが明白なミッションは、Rockstarによって削除されることになる。因みに、ミッションのプレー人数は2人から16人までと様々だ。

7 - 映画に行く

『Grand Theft Auto V』では映画を見ることができるが、『Online』では友達と一緒に見れるのだ。一緒に笑ったり、映画に突っ込んだりできるかもしれない。悲しいことに、私のプレー中には映画館を訪れることはできなかったし、16人同時に映画を見れるという以外の詳細は提供されなかった。ちょっとしたサプライズ扱いといったところか・・・それが悪いわけじゃないが。

10710.jpg

8 - ATM

酒屋を襲ったり、レースに勝利したり、ミッションをクリアすると、お金を手に入れることができる。その全ては君の財布の中だ。唯一の問題は、前述したように、San Andreasで暴れている最中には何が起きてもおかしくないということだ。不運に見舞われて殺されたりすると、君の財布は君の死体と共に道路に横たわったまま、誰かに拾われるのを待つことになる。自分の稼ぎを安全に保管するためには、街中に点在する無数のATMでお金を預ける必要がある。ラッキーなことに、銃砲店や不動産屋はデビット・カードを受け付けているので、大きな買い物をする時にも、大金を下ろす必要はない。

なお、iFruitと呼ばれるスマフォからもお金の出し入れは可能とのことだ。

9 - 自分だけのミッションを作る

これは予告編で見たはずだ。私自身は目にできなかったが、Rockstarは独自のミッションを作成できるエディターをリリースする。だが私が今回入手した情報によると、最初にリリースされるツールはデスマッチとレースのエディターとのことだ。追って追加される。

10 - ストリップ・クラブを訪れる

1人でストリップ・クラブに行く人間なんていないだろう?友達が見物している最中に、札をばらまけるボタンまであるのだ。更に、プライベート・ダンスの最中に女の子に触ることもできるが、用心棒が見ていない瞬間を狙うこと。タッチしているところを3回見つかると、店を叩き出されてしまう。

[ソース: IGN]