2013年10月29日(火)11時08分

スクエア・エニックスが『Final Fantasy』欧米開発の可能性に言及「興味深い作品が生まれるかも」

final-fantasy-logo.jpg

スクエア・エニックスのディレクター阿部 雄二氏と鳥山 求氏がOXMの取材に応じ、欧米のデベロッパーに『Final Fantasy』シリーズを任せる可能性に言及。現時点でその予定は一切ないものの、可能性があることは認めている。

阿部 雄二: 数年前にスクエア・エニックスはEidosを買収したので、アメリカの開発チームに直接アクセスすることが可能になった。Eidos、もしくはそれ以外のチームに『Final Fantasy』シリーズ新作を任せる可能性に関しても、当然のことながら社内で議論されたことはあるよ。

情熱を持って臨んでくれる適切な開発チームが見つかり、適切なゲームがあれば、当然考慮することになるだろう。

鳥山 求: 『Final Fantasy』シリーズというのは、新作を出すごとに大きく異なるゲームになっている。開発チームも毎回変わるので、根底にある着想やコンセプトも異なっている。

そういった枠組み内であれば、毛色の異なる開発チームも上手く行くかもしれない。適切な人材がいれば、最終的に非常に興味深い作品が生まれるかもしれないね。

[ソース: OXM]

カテゴリ: 業界 タグ: -