2013年12月17日(火)19時40分

Bethesdaが『TES Online』のターゲット層に言及「万人向けではない」

12133.jpg

Bethesdaでマーケティングを取り仕切るPete Hines氏が『The Elder Scrolls Online』のターゲット層に言及。あくまでフランチャイズのファンがメイン・ターゲットであると語っている。

Pete Hines: 既に人気のある体験をオンライン空間に持ち込むというのは、初めての試みだと感じている。異なるバージョンというわけではない――気に入ってくれたのは分かっているので、同じ名前で他のことをやって、それも気に入ってもらおうということだ。

『Skyrim』や『Oblivion』を気に入ってくれたなら、今度はそれをオンラインで友人と一緒にプレーしたり、他のプレーヤーと対戦したりできるんだ。そういったものを望んでいる層もいると考えている。決して万人向けではないだろう。しかし、Xbox Oneにもこのようなゲームに興味がある層が充分いると感じている。

ゲームを選ぶ基準が「一切課金無し」というものなら、本作はリストから外されるだろう。我々はそれは受け入れているよ。「エルフ無し」とか「剣が出てくるゲームは無し」という基準の人もいるだろうしね。その基準を決めるのは我々ではないから、我々としてはそういう層は除外して、「クールで壮大で一味違うゲームがプレーしたい」という層に向けて作るだけだよ。

ゲームを買って、1ヶ月だけプレーして満足する層もいるだろうと思う。それは何の問題もない。ゲームを買って、150時間ほどプレーして、1ヵ月後くらいに「もう隅々まで見終わったから、もう止めよう」となるのは別に何の問題もないんだ。支払った金額に見合うだけの価値を見出せたと感じてくれる限り、それでいい。

課金してプレーを継続するくらい気に入って、最後までクリアしたいコンテンツがあったり、Daggerfall Covenantをクリアしたキャラクターがいて、その同じキャラクターでAldmeri Dominionをプレーしたいなら、15ドル支払ってそのコンテンツを体験できる――そうなったら最高だよ。気に入ってもらえて嬉しい。

[ソース: OXM]