2014年01月25日(土)15時49分

『Titanfall』の対戦人数に対する反発は「理解できる」―Respawnが語る

3292.jpg

『Titanfall』の対戦人数が6人対6人だと発表された際、対戦人数が少なすぎるのではないかと懸念する声が挙がった。

RespawnのデザイナーJustin Hendry氏は、こうした反応に理解を示すと同時に、実際にプレーして判断して欲しいと語っている。

Justin Hendry: 気分を害したことはないよ。そういう風に考えたことはない。この人数がゲームプレーにとってベストだ、と自信を持っているからだろうね。

実際にゲームをプレーした時に理解してくれると嬉しいよ。これまでにプレーしてきたゲームを基にした懸念があるんだろう。つまらなそうだという見方をするのはしょうがないと思う。ゲーマーがこれまでにプレーしてきたゲームを基に推測するのは理解できることだよ。

だから気分を害したことはなし、理解もしているが、願わくばチャンスを与えて、実際にプレーしてから判断して欲しいと思う。

『Titanfall』はMicrosoft最大の独占タイトルだが、仮にマルチプラットフォームだった場合でも、同じような論争が起きただろうか?

Justin Hendry: どうだろう、本当に分からないよ。誰でも自分の意見を持つ権利はあるからね。

誰もが「こういうゲームであるべきだ」という期待を持っていて、そこから少しでも外れたりすると、拒否反応を引き起こすのだろう。だから、ゲームの前評判の高さや、独占かどうかに関係なく、期待されているゲームというのは必ずそういった反応を引き起こすものなんだ。

[ソース: OXM]