2014年05月03日(土)05時33分

『Below』の新情報がない理由は「ゲーム開発に集中するため」―Capybara Games社長

510.jpg

2013年のE4で初公開されてから約9ヶ月が経過した『Below』だが、それ以降はほぼ新情報などが公開されず、イベントなどにも出展されていない。

このような状況は、ゲーム開発に集中するための意図的なものだという。Capybara Gamesの社長Nathan Vella氏が語っている。

Nathan Vella: お陰で、ゲームだけに集中する機会を得ることができた。デモやプロモーションに多くの時間を割き、そのすぐ後でまた同じ過程を繰り返さずに済むからね。プロモーション、マーケティング、PRは、実際のゲーム開発から多くの時間を奪ってしまう。だから、この9ヶ月間を実際のゲーム開発にあてることができたお陰で、初公開時からかなり進展させることができたんだ。

『Below』は当初Microsoft Game Studiosが販売元として発表されたものの、後にXbox Oneでインディ・デベロッパーが自社販売できるプログラムID@Xboxへと変更されている。これにより、Capybara Games自身が『Below』をSteamでもリリースすることが可能となった。Vella氏は、こうした変更を許可したMicrosoftの姿勢を評価している。

Nathan Vella: Microsoftは多くの批判を受けている――当然の批判もあれば、そうでないものもある――が、彼らは我々の目標を理解している。彼らはこのゲームと我々の目的を理解しているし、我々よりも彼ら自身の利益になるような方向性を押し付けるようなことはしていないんだ。このプロジェクト、そして我々スタジオにとっての最高のシナリオだよ。これは大手パブリッシャーにとってポジティブな変化だね。独立系デベロッパーのやり方を理解するようになったんだ。

[ソース: Edge]

カテゴリ: ニュース タグ: Below

最新記事