2014年05月11日(日)04時46分

MachineGames「シングルプレーとマルチプレーを同時開発することは絶対にない」

324.jpg

『Wolfenstein: The New Order』は、近年のFPSでは珍しくシングルプレー・オンリーのゲームとして5月末に発売予定だが、開発元MachineGamesのクリエイティブ・ディレクターJens Matthies氏は、続編をマルチプレーのみにするというアイデアは楽しそうだと認めながらも、シングルプレーとマルチプレーを同時開発することは絶対にないと断言している。

Jens Matthies: 『Enemy Territory』スタイルのマルチプレー・ゲームを作るのは凄い楽しいだろうね。しかし、MachineGamesは決して両方を同時に作ることはない。プロジェクトの期間中、チーム全体が単一の体験に集中することが最善の結果を生むと考えているんだ。

続いてMatthies氏は『The New Order』のボリュームに触れ、全体のボリュームは約20時間弱だが、、異なる時間軸を体験するというリプレー性も存在すると語っている。フレームレートと解像度に関しては、全ての機種で60fps/1080pを実現するとしている。

Matthies氏は最後に、『Wolfenstein 3D』を生んだJohn Carmack氏とJohn Romero氏がシリーズの新たな方向性を誇りに思ってくれることを望んでいると語っている。

Jens Matthies: このゲームは、我々が子供の頃から親しんできたシューターやid Softwareへの我々からのラブレターなので、彼らが気に入ってくれることを願っているよ。ここまで発展したストーリーラインは彼らの予想外だろうね。

idの面々の信頼を裏切らないよう、全力を注いだんだ。

[ソース: IGN]