2014年05月14日(水)03時06分

『Warhammer 40K: Chess - Regicide』正式発表

Hammerfall PublishingとGames Workshopは13日、『Warhammer』IPにチェスの戦略性と戦術性を持ち込んだという新作『Warhammer 40K: Chess - Regicide』を正式に発表している。

Cathrin Machin(プロジェクト・リード): 『Warhammer 40k』とチェスのファンは、もう10年以上に亘ってこれら2つの要素の融合について語り合ってきた。それを現実にすることができたのは非常に光栄だ。

Machin氏によると、『Warhammer 40K: Chess - Regicide』では迫真のビジュアルにかなりの力を入れているといい、プロのスタントマンを採用してモーション・キャプチャーを行うことで、残酷なキル/デス・アニメーションを実現。無数のユニーク・キルや攻撃シークエンスといったアセットの作成には膨大な時間を掛けているという。

プレーアブル・キャラクターに関しては、『Warhammer 40K』に登場する複数の派閥の中から選択可能になる。シングルプレーとクロス・プラットフォーム対応のマルチプレーの他、最新Codexチェス・エンジンを採用してRoss Watson氏が脚本を手掛ける物語主導型のキャンペーンも収録される。

『Warhammer 40K: Chess - Regicide』は複数のプラットフォームでの発売が予定されているが、具体的なプラットフォームは明らかにされていない。

[ソース: IGN Polygon]