2014年07月21日(月)23時41分

Naughty Dog「PS4では全てのタイトルで1080p、60fpsを目指す」

1105.jpg

『Uncharted 4: A Thief’s End』を筆頭に、Naughty Dogは今後のPS4タイトルの全てで1060p、60fpsを目指すと語っている。

Naughty Dog初のPS4タイトルとなる『The Last of Us: Remastered』は、1080p、60fpsを実現しているが、30fpsに固定してプレーするオプションの搭載が発表されたことで、一部では60fpsを維持できていないのではないかという懸念が持ち上がっていた。

Naughty Dogのコミュニティ・ストラテジストArne Meyer氏は、30fpsオプションはあくまで30fpsを望む人のためのものであり、パフォーマンス上の問題ではないと明言している。

Arne Meyer
60fpsで安定していると感じてもらえると思う。多くのゲームが60と主張し、確かに60には感じるものの、無理させるとフレームレートが落ちる場面もあったりする。全てのゲームがそうなると思うし、我々も例外ではないだろう。違いが分かるほどのことにはならないはずだ。私には違いは分からないが、私はフレーム測定器ではないからね。NeoGAF(訳注:アメリカの大手ビデオゲーム掲示板)には分かる人がいるようだ。

我々が60を目指していることを発表した時、そこが大きな議論になったので、両方の要求を満たそうということになった。どうしても30の方が良いという人のために、オプションを用意しようというわけだ。NeoGAFといえば、30fpsと違って60fpsだと酔ってしまうという人がいた。彼は大いに気に入ってくれているよ。あくまで例外ではあるし、殆どの人は「何の意味があるんだ?」という感じだ。でも、実装できたのは最高だよ。

PS2からPS3への移行にはかなり苦労したことを公言しているNaughty Dogだが、、『The Last of Us: Remastered』が実現したのには、PS4を試す意味合いがあったとMeyer氏。

関連記事:Naughty Dog、PS4でも現行エンジンを継続使用することを明らかに

Arne Meyer
PS4エンジンを色々と試すことができるというのが大きかった。どこまでできるのか?1080p、60fpsは可能なのか?常々望んできたことだが、画面上で表現したいエフェクトのことを考えると、今までは720p、30fpsで問題なかった。それが今では更に進化させることが可能になったので、もう十分ではなくなったんだ。だから、なんとか実現するために努力しているんだよ。

来年発売予定のシリーズ最新作『Uncharted: A Thief’s End』でも1080p、60fpsを目指すという。

Arne Meyer
この世代では、我々はどのゲームでもそこを目指すことになるだろう。PS4エンジンを作り始めた時からの目標だよ。実現できるか、様子を見てみよう。『The Last of Us: Remastered』では実現できたのだから、変える理由はないだろう?

PS3の『Uncharted』トリロジーをPS4に移植する予定、もしくは可能性はあるのだろうか?

Arne Meyer
『Uncharted 2』、『3』、そして『The Last of Us』の成功でスタジオの注目度が上がったので、私個人は上手く行くと考えている。PlayStationプラットフォームは初めてだというプレーヤーに、昔のゲームをプレーする機会を提供するというのは良いことだ。私は最高だと思うが、スケジュール的に可能かどうかは全く分からない。

様子を見るしかないだろうね。私は実現して欲しいと思っているし、シュウ(訳注:SCEワールドワイド・スタジオの吉田 修平氏)も実現を望んでいるんだ。

ソース: Eurogamer

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 業界 タグ: Last of Us, Uncharted 4: A Thiefs End