2014年07月30日(水)23時04分

EAがXbox One独占の月額課金サービスEA Accessを発表、定額で対象ゲームをプレー可能に【追記】

【追記】

EA Accessは、Xbox Liveゴールド会員でなくとも利用できることをEAが明らかにしている。

全てのXbox OneゲーマーがEA Accessに参加し、メンバーシップの恩恵を享受することができる。Xbox Oneプラットフォームでマルチプレー・ゲームプレーにアクセスするには、Xboxゴールド会員になる必要がある。

ソース: VG247

eaaccess.jpg

EAは29日、Xbox One独占の月額課金サービスEA Accessを正式に発表した。

月額4.99ドル、もしくは年額29.99ドルを支払ってEA Accessの会員になると、The Vaultと呼ばれるEAのゲーム・コレクションにアクセスすることが可能になり、対象となるタイトルを自由にプレーすることができる。現在はまだベータ期間であり、『FIFA 14』、『Madden NFL 25』、『Peggle 2』、『Battlefield 4』の4タイトルのみが対象だが、追って更なるタイトルを追加するとのこと。

それ以外の会員特典として、有料会員はEAのデジタル・コンテンツ全て(ゲーム本体からDLCまでを含む)が10%引きになる他、体験版に一般ユーザーよりも1週間早くアクセスできる。体験版のセーブ・データを製品版に引き継ぐ機能も盛り込まれており、現時点では『Madden NFL 15』、『NHL 15』、『FIFA 15』、『NBA Live 15』、『Dragon Age: Inquisition』の5タイトルがセーブの引継ぎに対応する。

EA Accessのメンバーシップは、Xbox Live上だけでなく小売店からも購入が可能になるとのこと。EA Accessは北米と欧州で近日中にサービスを開始する。

ソース: IGN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 業界 タグ: EA Access