2014年08月13日(水)04時41分

PS4、ゲーム未所有でもオンラインで一緒にプレー可能なShare Playを実装へ

3285.jpg

ソニーは12日、ゲーム未所有でもオンライン経由で他のプレーヤーと共にプレーできるフィーチャー、Share Playを次回アップデートで実装することを発表した。

オンライン経由で「バーチャル・カウチ体験」を作り出すことが目的だというShare Playでは、ゲームを所有していない友人を招いて、同じカウチでプレーしているかのような感覚で、オンライン・プレーを楽しむことが可能になる。

更に、Share Playでは隣に座っている友人に代わりにプレーしてもらうのと同じことがオンライン上でも可能になる。どうしてもクリアできないセクションなどに遭遇した場合、オンライン上でフレンドに代わりにプレーしてもらうことができるという。友人がプレーする様子を観戦することも可能だ。

Share Playは、この秋に配信予定のアップデートv2.00にて実装される予定。

アップデートv2.00では、他にもYouTubeの専用アプリやキャプチャ動画のアップロード機能が追加される他、フレンドの配信が新着に表示されたり、実名での検索オプションも実装されるとのこと。

ソース: PS Blog

カテゴリ: 業界 タグ: Share Play