2014年08月23日(土)07時21分

リード・デザイナーが『Alien: Isolation』に登場するNPCに言及「プレーヤーと同じくらい怯えている」

272.jpg

エイリアンが一体しか登場しないことでも話題のサバイバル・ホラー『Alien: Isolation』には、主人公リプリー以外にも様々なNPCが登場する。

リード・デザイナーGary Napper氏が、NPCの果たす役割について語っている。

Gary Napper
リプリーが誰も殺さないという、いわゆる「正史プレースルー」が好きなんだ。私にとっては、人間を1人も殺さずに最後までプレーできることが重要だった。映画では、リプリーは1人も殺していないからね。

とはいえ、ビデオゲームでは人間を攻撃するのが自然だ。それが我々のデザインのコアにもなっている。人間は、闇雲にプレーヤーを襲ってくる没個性な存在ではないんだ。彼らはプレーヤーを見つけると、近づくなと警告してくる。プレーヤーと同じくらい怯えている彼らは自分を守ろうとしているだけで、そんな彼らにとってはプレーヤーが脅威なんだ。彼らはプレーヤーのことを何一つ知らないし、同じ物を追っているかもしれない。その点は白黒が明白だ。ステーション内には、プレーヤー以外にも逃げようとしている人間がいるということだね。彼らは丸腰で、プレーヤーの脅威ではないものの、少々状況を複雑にしてしまう存在なんだ。

ソース: Now Gamer