2014年10月27日(月)22時39分

『Sunset Overdrive』海外レビュー

1129.jpg

『Sunset Overdrive』の海外レビューです。

  • ジャンル: アクション
  • 機種: Xbox One
  • 開発: Insomniac Games
  • 販売: Microsoft Studios
5.0/5.0 Joystiq
各システムの相互作用がゲームを完全かつ明確な意図を持つものにしている。より大切なのは、プレーヤーの容姿や武器、プレー・スタイルに豊富な選択肢を提供することで、ありとあらゆるコンビネーションの存在意義を確立している。最高の終末に無駄なものなどなく、Sunset Cityの二次会は全員参加だ。
5.0/5.0 Game Revolution
『Sunset Overdrive』は肩の力を抜いたゲームで、色鮮やかな色彩と同じくらいアクションとキャラクターが突出している。ゲームプレーにちょっとした変化を付けるシークエンスや巨大なボスの存在のお陰で、新世代コンソールで今一番楽しめるゲームに仕上がっている。強烈な移動感覚やワイルドな敵や環境デザインで本作をオススメできないなら、3人称シューター戦闘とユニークなアップグレードが目的を果たしてくれるだろう。

さあ、『Jet Grind Radio』に言及すらせずに仕事を終えたぞ。

9.5/10 Gameplanet
良い点:
・明るくユーモア満点で魅力的な演出
・風変わりで楽しい武器
・ゲームでいることに幸せを感じているゲーム
・悪くない物語
・高品質のマルチプレー
悪い点:
・慣れるのが大変

Xbox One独占の『Sunset Overdrive』は、Microsoftにとって大当たりとなった。Xbox Oneユーザー必携のゲームであり、まだXbox Oneを持っていない人間が購入に走る良い理由になるだろう。

9.25/10 Game Informer
コンセプト: ゴージャスに飾り付けられたオープンワールドを舞台に、ジョーク言いまくりの主人公が滑って飛んで、大暴れするミュータントを吹き飛ばしまくる。強力なユーモアとゲームプレーを備えた楽しく明るいアクションはInsomniacの十八番だ
グラフィック: 黄色とピンクが都市に独特のポップさを加味。主人公のアニメーション(とリスポーン・シークエンス)も素晴らしい。ミュータントの内蔵が擬音に変化するのは不思議と最高
サウンド: 版権&オリジナルのパンク/グランジ楽曲がアクションのテンションを高めている
プレー性: オープンワールドを飛び回るのは素晴らしい体験で、最高のシューティングと膨大な収集要素が楽しさを増強
エンターテイメント性: ミッションはバラエティに欠けているが、20時間以上を隅々まで楽しめた
リプレー性: 高め

ミッションの単調さを除けば、『Sunset Overdrive』は極めてやりがいのある体験で、独特の見た目やスタイルを最高のゲームプレーが支えている。Insomniac Gamesが本領を発揮した色鮮やかな復帰作であり、Xbox Oneのとんでもない独占タイトルだ。

92/100 GameFront
良い点:
・唯一無二の移動メカニックがSunset Cityを文字通りの遊び場に変える
・奥の深い戦闘カスタマイズ
・Insomniac Gamesだけが提供できるぶっ飛んだ武器
・ボリューム満点のキャンペーン、豊富なサイド・ミッション、チャレンジ、そしてやりがいのある収集要素
・様々な戦術や武器を駆使することを強いられる多種多様な敵
・シングルプレーとの連携も素晴らしい、ユニークで充実したマルチプレー・モード
悪い点:
・僅か900pと30fps
・失望させられるキャラクター・カスタマイズ
・少々簡単すぎる

900pという解像度、30fpsというフレームレート、そしてマルチプレー中の稀なカクツキが『Sunset Overdrive』最大の欠点だとするなら、かなり良い線行っているだろうと思う。事実、『Sunset Overdrive』ほど純粋な楽しさを堪能できたゲームは、今年一本もない。Insomniacが楽しみながら作ったであろうことは容易に想像できるし、遊園地で風船の上を跳ね回り、ジェットコースターのレールに飛び乗り、ヘアスプレーの爆弾をばら撒く私に、その喜びが伝わってくるのである。

A-/A+ Gaming Age
私は『Sunset Overdrive』にとても感銘を受けたし、君たちもそうあるべきだ。操作性と移動メカニックに苦労する雑な序盤を除けば、凄まじいコンソール独占タイトルに仕上がっている。明るくやかましく、たまに笑えるが、何よりも『Sunset Overdrive』はとにかくプレーするのが楽しいのだ。
9.0/10 IGN
良い点:
・スタイリッシュ
・素晴らしい移動メカニック
・最高の戦闘
・巧みなアップグレード・システム
悪い点:
・変わり映えしないミッション構造

『Sunset Overdrive』は壮大でゴージャス、そしてとにかく楽しい。オープンワールドでA地点からB地点へと移動するのがこれほど楽しいことはなかった。Xbox Oneで最も楽しく、ハチャメチャで素晴らしいゲーミング体験を提供してくれる。さて、そろそろ失礼して狼のマスクを身に付け、一番高いビルから飛び降り、爆発するぬいぐるみを怒れるロボット集団に向けて発射しなければ。

90/100 GamingTrend
良い点:
・隅々まで爆笑できる
・多種多様な素晴らしい声優の演技
・チャンレンジ満載の広大なオープンワールド
・楽しいマルチプレー
・シングルプレー・ゲームとしても成立している
悪い点:
・ミップマップに少し問題がある
・一つのハード・ロック
・スキップできないカットシーン

ゴミ運搬船の防御から、ドラゴンの背をグラインドしたり、爆発する敵にボーリング・ボールを投げ付けるなど、『Sunset Overdrive』はとにかく狂っている。私の好みだ。クレージーさ目当てでプレーし、第四の壁を破壊する楽しさで長居するのだ。

9.0/10 Polygon
メカニックとアイデアのコレクションとして、『Sunset Overdrive』はInsomniacが長年に亘って培ってきたものの驚異的な進化だ。『Sunset Overdrive』はその全ての要素が必ずどこかに繋がっており、シューティングやグラインド、ウォールランの一つのパッケージとしての完成度を高めている。だが、『Sunset Overdrive』で最も素晴らしいのは、あらゆる面でありのままの姿を謳歌している点だ。その情熱とそれを支える自由さこそが伝染するのである。
9.0/10 EGM
『Sunset Overdrive』は、『Halo: The Master Chief Collection』や『Titanfall』といったXbox Oneタイトルのような注目を集めることはないかもしれないが、最高に独創的で楽しく、魅力的で充実した選択肢であることに変わりはない。
『Sunset Overdrive』は良い意味であらゆる感覚を攻撃してくるゲームで、延々とプレーし続けていたくなるかもしれない。アート・スタイルから豊富なアクティビティ、シングルプレーに進行を持ち込めるマルチプレーまで、多くの要素が上手く行っているゲームのように見える。Xbox One本体を買うに値しないゲームだと感じる人もいるかもしれないが、そういう人は最高のゲーム体験を見過ごすことになるし、それは非常に残念なことだ。既にXbox Oneを所有している人に関しては、『Sunset Overdrive』を買って存分に楽しもう。
4.5/5.0 USgamer
ビジュアル: 最高峰というわけではないが、明るく色鮮やか
サウンド: Insomniac Gamesはオリジナルのパンク・ロックを山ほど製作しているが、パンクを知らない私にはどうでも良かった
インターフェース: 光には影が必要。ゲームにはちゃんと仕事をするインターフェースが必要。『Sunset Overdrive』にはそれがある
ボリューム: ストーリー・キャンペーンは短めだが、追加ミッションやチャレンジ、Chaos Squadマルチプレーなどがあり、更に週間チャレンジの追加もある

『Sunset Overdrive』は、市場を支配する陰気で深刻なトリプルAタイトルからの歓迎すべき口直しだ。豊富なカスタマイズや最高の武器、非常に肉体的な移動法によって、Insomniacは「何になりたい?」と問う。コンテンツに関しては物足りなさを感じるものの、楽しさは疑いの余地がない。

8.5/10 Destructoid
『Sunset Overdrive』には多くのオープンワールド・ゲームが抱える本質的な問題点を抱えているし、物語は物足りないかもしれないが、とんでもなく楽しく賑やかなゲームであり、最近のゲームに多い過剰にダークなトーンからの丁度良い休憩になっている。『Fuse』の後にInsomniac Gamesが必要としていたのは、正に本作のようなゲームだ。
8.5/10 Lazygamer
『Sunset Overdrive』のスタイリッシュなゲームプレーと幼稚な態度は、決して万人向けではない。しかし、極めて楽しく、ビジュアル的にも美しいオープンワールド・ゲームであり、箱庭ゲームのあるべき姿を示している。タイトでスタイリッシュな動き、魅力的な戦闘、カオスなオンラインによって、『Sunset Overdrive』はXbox Oneユーザー必携のタイトルとなった。
85/100 GamesBeat
『Sunset Overdrive』は非常に楽しい。友達とよく「自分たちvs敵のウェーブ」モードをプレーするようなら、更に楽しめるだろう。

その見た目、感覚、サウンドにすっかり魅了された。優しいミッション構造とどうでもいいタワー・ディフェンスを忘れてしまえば、本作には新世代コンソールのアクション・シューターに期待する全てが詰まっている。

それに、「コンバット版『Tony Hawk』」というのは、はるか以前に誰かが思い付いているべき素晴らしいアイデアだろう。

8.0/10 GameSpot
良い点:
・鮮やかでド派手なアクション
・プレーヤーを楽しませる寛容さ
・説得力のある楽しい声優の演技
・爽快感のある超人的な機動性
悪い点:
・序盤にお使いクエストが多すぎる
・マルチプレーのバランスが今一つ

Insomniac Gamesは、『Sunset Overdrive』で素晴らしいゲームを完成させた。不満点はあるものの、楽しすぎてどうでも良くなるはずだ。『Crackdown』や『Tony Hawk’s Pro Skater』、『Ratchet and Clank』といったゲームとの比較も可能だが、そうしたゲームの長所を一つにまとめつつ、何でもアリのロック的な態度を注入することで、独自性を見事に獲得している。陽気さが新鮮な、Xbox One最高のゲームの一つだ。

8.0/10 God is a Geek
良い点:
・ゴージャスなグラフィック
・Sunset Cityを移動しているだけで楽しい
・全てがプレーヤーを楽しませることを目的としている
悪い点:
・万人向けではないユーモア
・少々がっかりな銃

『Sunset Overdrive』ほど独創的なゲームは久しぶりだ。オープンワールドを自由奔放に移動できるのは本当に新鮮だし、敵の種類や動作全般が楽しさを第一に追求している。退屈さを一切感じさせないゲームで、第四の壁の破壊やユーモアは好き嫌いが分かれそうだが、あらゆるXbox Oneユーザーが手にすべきゲームである。

8.0/10 Shacknews
良い点:
・豊かでカラフルな環境による素晴らしい世界構築
・充実の武器システム
・終盤には実にスムーズに機能する移動システム
・充実感のある移動と戦闘のコンボ
悪い点:
・必死にパンクを装い過ぎている一部のユーモア
・奇妙な難易度曲線を感じる移動と戦闘
・限定されたキャラクター・カスタマイズ

『Sunset Overdrive』はInsomniacらしからぬゲームだが、それまでの経験が見事に活かされている。ファンならば、独創的な武器の数々や優れたデザインの移動方法に気付くだろうが、この2つがこのような形で融合したことは今までなかった。そうした要素が反抗的なティーンを特別な存在にしており、懲りすぎなところのある態度ですら削ぐことはできないのだ。

8.0/10 Eurogamer
手厳しくいきたいなら、野球帽を逆さに被っている人間がこのプロジェクトにゴーサインを出したことに疑念を表明することもできるが、キャンペーンが終わって街に新たなチャレンジが溢れているのを見ると、手厳しい気分にはなれないのだ。技術的にも見事だし、脚本が落ち着いてくれば、『Sunset Overdrive』は素晴らしく強烈で心がこもっている――まるで、古い4ADアルバムの背ジャケのよう。このネタが理解できる人なら、本作も分かるはずだ。
グラフィック 4.0: カトゥーンっぽさが最高だし、実に新鮮で鮮やかだ
操作性 4.0: 扱い辛い箇所もあるが、概ね自然に操作できる
音楽/効果音/ボイスアクト 4.5: 脚本が最高!声優も皮肉っぽい脚本を見事に演じている
バリュー 4.0: 真面目くさったゲームに飽きているゲーマーなら数十時間楽しめる

『Sunset Overdrive』は、E3で公開された予告編の公約を全て実現している。脚本、物語、武器、グラフィックの色彩、広大な世界の移動方まで、全てに楽しさが詰まったゲームだ。レビュー中で本作の新鮮さが気に入ったと言ったが、もっと綺麗にまとめられる。『Sunset Overdrive』は今年最も新鮮なゲームであり、本作に興味がない人は、これから大量にリリースされるありふれた焼き直しで忙しくなるだろう。ありきたり以上のゲームを求めている人にとって、『Sunset Overdrive』こそ待ち望んだゲームだ。

4.0/5.0 Games Radar
良い点:
・Sunset Cityの移動がとても楽しい
・色鮮やかなグラフィックと巧みな全体のスタイル
・素晴らしい主人公
悪い点:
・ムラがあり時にぎこちないシューティング
・必要性が全く感じられないトラップを駆使したディフェンス・ミッション
・当たり外れのある気取ったユーモア

こんなオープンワールドは未だかつて存在しなかった。『Sunset Overdrive』の怪しいシューティングとムラのあるミッションは、文句の付けようがない機動性と熱狂が伝染するカオスが補っている。

4.0/5.0 Hardcore Gamer
『Sunset Overdrive』に似たゲームは殆ど存在しない。コミカルで多様性に富むシューターで、リアリズムよりも楽しさを追求している。過剰なお使いクエストや尻切れトンボになることがある音楽などは気になるものの、それでも良い部分が沢山あるゲームだ。第四の壁を破壊するジョークが満載の優れた脚本、最高峰の移動メカニック、色鮮やかなビジュアル、中身の濃い世界など、プレーヤーはこの最高の終末に没入することだろう。協力プレーに最適そうなキャンペーンが対応していないのは残念だが、マルチプレーも悪くない代用品になってくれるだろう。『Sunset Overdrive』は、ハードコアなシューターだらけの市場に新鮮な息吹を吹き込んでいる。
良い点:
・ありきたりのシューターとは異なる素晴らしい武器の数々
・最高に楽しいグラインドとウォールラン
・笑えるジョークの数々
悪い点:
・戦闘を始め、全てが浅薄で非常に簡単
・敵の種類やシンプルなミッション・デザインなど、バラエティが殆どない

浅薄で単純、自分で思っているほど笑えもしないが、それでも本作には他の次世代フランチャイズにはないエネルギーとイマジネーションがある。

7.0/10 CVG
良い点:
・シームレスなぶっ飛んだ戦闘と動きが楽しい
・実際にかなり笑えるジョークの連発
悪い点:
・常にエンジン全開なので疲れる
・一部のキャラクターは本当に本当に酷い

時としてやかまし過ぎることもある、エネルギーに溢れた風変わりなシューターだ。

7.0/10 GameTrailers
『Sunset Overdrive』には素晴らしい部分が沢山あるが、難易度の欠落と癪に障るトーンが足枷となっている。とはいえ、最良の部分を楽しむために、最悪の部分を我慢する価値はあるだろう。デニム・ジャケットを羽織ったニンジャのように街を飛び回るという体験は他では味わえないのだから。Sunset Cityに次があるなら(あることを願う)、本作よりもまとまりのあるゲームに仕上がるはずだ。
6.0/10 Video Gamer
良い点:
・非常に楽しいマルチプレー
・卓越した移動メカニック
悪い点:
・酷いミッション構造
・すぐ退屈になる敵との戦闘

『Sunset Overdrive』は、当初の公約を果たせていないように見える。素晴らしい要素は必ず、貧弱なデザイン決定に足を引っ張られている。自由で簡単な移動すら、音楽が掛かっていないことや、新たな高所がなく、コンボを繋げないことが判明して台無しになっている。そこにあるのは無音だけで、この世界は空っぽだという洞察が後に続く。マルチプレーが本作のハイライトだが、貧弱なキャンペーンを救うことはできていない。