2015年02月24日(火)01時51分

Avalancheが語る『Just Cause 3』マップの目指す方向「サイズを維持しつつ、密度を濃くしたかった」

1140.jpg

Avalanche Studiosにとって最大級のマップを目指しているという『Just Cause 3』だが、ゲーム・ディレクターRoland Lesterlin氏によると、彼らは単なる広さよりもマップの密度に尽力しているという。

Roland Lesterlin
400平方マイルのマップに力を入れている。我々が作り上げた最大のマップにすることで、垂直方向に広げたかったんだ。

ここ最近のゲーム・デザインの傾向を考慮すると、壮大なスケールはもう必要ないのかもしれないが、広大な世界がオモチャをより楽しくしてくれるので、サイズを縮小したくはなかった。同じサイズを維持しながら、密度を濃くしたかったんだ。

水にも力を入れている・・・変化する地形がもたらす偶発性や跳ねる感覚のお陰で、ボートの運転が最高に楽しいんだよ。

広さよりもその質が大事だと語るLesterlin氏は、『Just Cause』らしさを維持しつつ新鮮味を感じさせるロケーションにこだわったという。

Roland Lesterlin
『Just Cause』シリーズは、他のゲームと比較するとバケーションのようなもので、眩い原色的な色彩、透き通った海や緑の木々、美しいビーチがある。あの感じは保ちたかったが、ジャングルはもう2回もやったし、多くのゲームに真似をされた。そこで我々は、美しい透き通った海とバケーション感覚を提供してくれると同時に、上下に広い空間を見つけたかったんだ。そしてたどり着いたのが地中海だ。あそこは歴史も豊富だしね。

その広大なスケールは、旧世代では実現不可能だったとLesterlin氏。

Roland Lesterlin
どんなゲームでも、開発当初にはまず「このゲームにとってベストとは何か?」と考える。率直に言って、我々が最初から本作で望んでいたことはどれも、旧世代には不可能なことばかりだったんだ。新世代コンソールがもたらす、更なるメモリと処理能力が不可欠だった。私自身オタクだから、これまでは不可能だったことを可能にする膨大な処理能力を楽しんでいるよ。

『Just Cause 3』は今年のホリデー・シーズンに発売予定。

ソース: Red Bull