2015年06月18日(木)06時22分

追加コンテンツの定期配信で拡張を目指す新生『Hitman』、最終的にはディスクでの発売も

タイトルをシンプルに『Hitman』とした人気ステルス・シリーズ最新作で、開発元IO Interactiveはまずベースとなるゲームを12月にデジタル発売し、ユーザーのフィードバックを取り入れながら定期的に新たな暗殺コントラクトやロケーション、新ゲームプレー・メカニックを無料配信していくという、アーリー・アクセスとエピソード形式を融合させたような新たな販売モデルを採用している。

しかしながら、IO Interactiveのクリエイティブ・ディレクターChristian Elverdam氏によると、全てのコンテンツが出揃った暁にはディスクでの販売も行なわれるという。

Christian Elverdam
我々が提供するコンテンツ全てが出揃うことで、『Hitman』はボリュームたっぷりのゲームになるだろう。コンテンツ面では『Hitman: Absolution』を凌ぐよ。

更に、最終的にはディスク版も発売されるので、ディスクでの購入を望むなら、それも可能なんだ。どちらにせよ、価格は60ドルだ。それ以上でも以下でもない。

一部のコントラクトには期間限定のものあるため、ディスク発売まで待つことを選択したプレーヤーは一部コントラクトをプレーできないことになる。

Christian Elverdam
リアルタイムで拡張を続ける世界に加わることを極めて魅力的に感じるプレーヤーもいれば、待つことを望むプレーヤーもいるだろう。一部のコントラクトを逃してしまうことにはなるが、それでも安い買い物だと考えているよ。

『Hitman』は12月にPC、PS4、Xbox Oneにてリリースされる。

ソース: GameSpot