2015年06月18日(木)20時30分

IO Interactiveがシーズン・パス商法を批判、『Hitman』の追加コンテンツは全て無料に

IO Interactiveを率いるHannes Seifert氏が、シーズン・パス商法を批判している。

『Hitman』はまず60ドルのデジタル・ゲームとしてリリースされ、その後数ヶ月をかけて無料で追加追加コンテンツを配信し、物語が完成次第ディスク版として発売される予定。

Hannes Seifert
ロンチの時点で既に完成しているが、そこで終わりではないんだ。12月8日に旅をスタートさせるということであって、我々が(ロンチ時に)送り出すのは大きなゲームだ。だが、2016年を通して、我々は更なるロケーションやミッションを追加していく。そこには、例えば2日しか現れないターゲットなども含まれているんだよ。生きた世界でしか実現できないことだ。

我々がやろうとしているのはEarly Accessとは違う。Early Accessというのは未完成のゲームを指しているからね。開発に参加できる。我々が12月8日にリリースするものは全て完全に完成していて、洗練された体験に仕上がっているんだよ。それに、とても巨大なゲームになる。ゲームを60ドルで販売しておきながら、更に40ドルでシーズン・パスを売ろうとする製品もある。最終的には100ドルや120ドルを費やすことになってしまうんだよ。それだけは避けたかったんだ。

そのようなやり方は間違っていると考えている。プレーヤーは体験に参加することを望んでいるが、必ずしもボッタくりを認めているわけではないからね。我々の製品はそういった要素を全て含みながらも、価格が固定されたパッケージなんだ。

ロンチ時に収録されるコンテンツのボリュームに関してはまだ決まっていないとするSeifert氏。新コンテンツ配信のスケジュールに関しても未定だという。

Hannes Seifert
何をいつの時点で配信するかはまだ決まっていないが、初日の段階で非常に大きなゲームになることは約束できるよ。何十時間ものゲームプレーが収められている。世界中を飛び回るんだ。ファッショナブルなパリからスタートし、マラケシュの込み合った市場、そしてイタリアの海岸線などなど。今言えるのは、毎週コンテンツを提供するということだ。毎週イベントが開催されるし、プレーヤーは即座に参加できるんだ。

シリーズ最大のボリュームを誇るゲームになるという『Hitman』。追加コンテンツを含め、一切の追加投資は必要ないとSeifert氏。

Hannes Seifert
本格的な『Hitman』ゲームになる。実際、『Hitman』史上最大のゲームになるよ。『Absolution』を凌駕しているし、最大のステージは『Blood Money』のどのステージよりも広大だ。AIも、過去作では40から50人だったところを、本作では300人に増えている。巨大なゲームを、継続的なアップデートで拡張していくんだ。価格は60ドルで、DLCも小額課金も存在しないので、それ以上は一切必要ない。一度購入すれば、その後数ヶ月に亘って楽しめるんだ。

『Hitman』は、PS4、Xbox One、PCにて12月8日に発売される。

ソース: VG247