2015年07月21日(火)00時40分

Bethesdaが『Fallout 4』のグラフィックに言及「最高のグラフィックだけが目標ではない」

1224.jpg

『Fallout 4』は美しいゲームだが、史上最高に美しいゲームの一つと呼べるほどではない。それは、Bethesdaの目標が違うところにあるからだと、宣伝部門を統括するPete Hines氏が語っている。

Pete Hines
我々もできる限り美しいゲームを作ろうとはしているが、決して最高のグラフィックだけを目指してゲームを作っているわけではないんだ。

(『Skyrim』は)史上最も美麗なRPGを目標に掲げていたわけではない。我々が望んでいるのは、人々と話したり、自分の道を選んだり、オブジェクト全てが本物で意味がある、そういった広大なインタラクティブ性の高い世界なんだ。

世界に存在する全てに実体がある。部屋に入ってみたら全てが偽物だらけだった、なんてことは決して起きないんだ。全てのアイテムがそこに存在する。室内でグレネードを爆発させれば、あらゆる物が吹き飛んでしまう。オブジェクトがどこに吹き飛んでいったか、サイクルとトラッキングを消費して演算しなければならないんだよ。

カオスになることもあるが、『Skyrim』では大量のチーズを丘の上から転がすこともできる。笑えるし楽しいんだ。そういう自由があるし、触れた物全てが本当にそこにあるので、その世界の実存感をより強く感じることができる。本物の本であり、本物のリンゴなんだ。世界から消えてしまう、リンゴの絵ではない。拾って他の場所に置くことができるんだよ。

『Fallout 4』のグラフィックを他のゲームと比較するのであれば、同等のインタラクティブ性を実現したゲームでなければ公平ではないとHines氏。

Pete Hines
もし他のゲームと並べて比較するのであれば、全く同じことをしているゲームであるべきだ。ゲーム世界をリアルタイムで解体、再構築できたり、全てのアイテムが、単なるテクスチャではなく手に取ることができて、初めて比較になるだろう。でなければ、比較することはできないよ。

Hines氏は、グラフィックだけではなく全体を見て欲しいという。

Pete Hines
自分たちがやりたいことは知り尽くしていて、それは一つだけではない。より大きな全体像を構成するパーツ全てだ。インタラクティブ性であったり、ビジュアルもだが、他を犠牲にしないビジュアルなんだ。

ソース: Games Radar