2015年08月28日(金)03時44分

『Splinter Cell』『Far Cry 2』のディレクターClint Hocking氏がUbisoftに復帰

ubisoftront.jpg

Ubisoftは27日、『Splinter Cell』や『Far Cry 2』を手掛けたClint Hocking氏がUbisoftに復帰したことを発表した。

Clint Hocking氏は、Ubisoft Montreal在籍時に『Splinter Cell: Chaos Theory』や『Far Cry 2』のクリエイティブ・ディレクターを務めた人物。2010年のUbisoft退社後は、 ValveやLucasArts、Amazon Game Studiosに参加していた。

Ubisoftによると、Hocking氏は2009年に設立されたUbisoft Torontoに参加。具体的なプロジェクト名は明かせないものの、『Splinter Cell』の次回作には関わらないことは明言している。

Clint Hocking
『Chaos Theory』以降『Splinter Cell』に関わらなくなった時は・・・率直に言って、あれ以上のゲームを作れるとは思わなかったんだ。自分に作れる最高の『Splinter Cell』が出来たと感じたし、今までとは方向性が異なるか、より優れたゲームを作る術を知っていて、新しいビジョンや雰囲気を持ち込める他の誰かに任せることが、Ubisoftと『Splinter Cell』ファンにとって最善だと判断したんだ。いつの日か、5年後か10年後なら、また『Splinter Cell』を作るタイミングがやって来るかもしれないが、今はその時ではないんだ。

現在私が取り組んでいるプロジェクトに関しては明かすことができないが、興味深い、挑戦的で革新的な作品に、最高のチームと共に取り組んでいるよ。プレーヤーとUbisoftの将来にとって、ゲームが向かうべき方向に向かって進んでいる。Ubisoftは先進的だし、この媒体と業界全体、そしてプレーヤー・コミュニティを進化させることに強い関心を抱いているのは素晴らしいことだ。Ubisoftは、ここトロントで開発コミュニティの構築にも力を入れている。私もそれら全てに興味があるので、力を入れていくことになるだろう。

ソース: IGN

カテゴリ: 業界 タグ: -