2015年11月08日(日)21時08分

『Call of Duty: Black Ops III』海外レビュー

bops3.jpg

【追記 - 11月8日21:08】Cheat Code Central、Digital Spy、GameTrailers、IGN、Polygon、Shacknewsのレビューを追加

『Call of Duty: Black Ops III』の海外レビューです。

  • ジャンル: シューター
  • 機種: PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/PC
  • 開発: Treyarch
  • 販売: Activision
100/100 GamingTrend
良い点:
・これまでで最も完成されたキャンペーン
・プロットが隠された奥深いストーリーテリング
・バランスの取れた自然なPerkとスキル
・隅々まで高品質
・特徴的で完全な4種類のゲームを収録
悪い点:
・建物を登っている時の透明の壁
・協力プレーで遅れると映像が途切れる

『Call of Duty: Black Ops III 」には時間を投資する価値がある。休暇を取り、プレーしよう。2つのキャンペーン、世界トップのオンライン・バトル、そして奥が深く情熱的なゾンビ・モード(素晴らしいDead Ops Arcade 2は言うまでもない)の進化。万人が楽しめる作品である。

9.5/10 EGM
『Black Ops III』は、これまでで最も奥が深い『Call of Duty』体験だ。1つではなく2つのキャンペーン、新マルチプレー・モード、拡張されたカスタマイズ、そして一番のカジュアル・プレーヤーすら魅了するゾンビ・モードまで、Treyarchは改めてハードルを上げて見せている。
グラフィック 4.5: 細部にこだわった武器、マップ、キャラクター・モデルは美しい
操作性 5.0: 新たなキャラクターの動作は素晴らしく、新たなマップと地形に完璧にフィットしている
音楽/効果音/ボイスアクト 4.2: ここまで武器がリアルに聞こえることはなかったが、声優の演技派少々安っぽい
バリュー 4.7: リプレー性は高く、充実のキャンペーン、お馴染みのマルチプレー、オマケのゾンビまで、あらゆる種類の1人称シューター・ファンを満足させてくれる

ここ最近は当然のように叩かれることの多かった『Call of Duty』シリーズだが、『Black Ops III』はあらゆる固定概念を覆した――過去作のような焼き直しとは程遠いのである。隅々まで丁寧に作られており、二転三転するキャンペーンのプロットを様々な新フィーチャーが支えている。シリーズへの情熱を取り戻してくれただけでなく、当時を彷彿とさせる純粋な原始的反応を引き出してくれた。言うまでもなく、『Call of Duty』が完全復活を果たし、現代の次世代技術のパワーを備えた、かつての魅力を提供している。Treyarchの最高傑作かもしれない。

9.2/10 IGN
良い点:
・楽しいパワー
・最高の協力プレー
・豊富なアンロック
・滑らかな機動力
・楽しいゾンビ・モード

4人協力プレー・キャンペーンから最新パワー、そして本格的なゾンビ・モードまで、『Black Ops III』は『Call of Duty』シリーズを大きく進化させている。革新性が感じられない箇所ですら、『Call of Duty』ファンが求める高い基準をクリアしている。『Black Ops III』は決して『Call of Duty』シリーズ最高傑作ではないが、シリーズで最も多くのフィーチャーが盛り込まれた、最大のゲームであることは間違いない。

9.2/10 GameTrailers
トリロジーの完結編には感じられない。『Call of Duty: Black Ops III』は独立したゲームで、今世代の本フランチャイズで最も充実した内容になっている。次回作までの繋ぎではないのだ。戦闘をスピード・アップし、プレーヤーに見せ場を用意するのに不可欠な洗練なのだ。どの道を選ぼうとも、楽しい時間が過ごせるだろう。
9.0/10 Game Informer
コンセプト: 表面上は複雑なキャンペーンを疾走し、マルチプレー騒乱やゾンビ・サバイバル、そして追加の刷新されたキャンペーンに勤しむ
グラフィック: 未来のシンガポールとエジプトは特に魅力的で、マルチプレー・マップでも素晴らしい風景を堪能できる
サウンド: ビートがドンパチを盛り上げるが、サウンドや楽曲に突出したところはない。ゾンビにおけるジェフ・ゴールドブラムとロン・パールマンの力強い演技は聞き所
プレー性: 取っ付き易く、キャンペーンをプレーするにつれて複雑なメカニックも身に付いていく。手応えを望むなら、マルチプレーとゾンビが期待に応えてくれる
エンターテイメント性: 序盤は平凡だが、徐々にワイルドな領域へと足を踏み込んでいくキャンペーンは『Black Ops III』最弱コンテンツだが、それ以外は水準以上の高品質
リプレー性: 高い

荒唐無稽な物語を地面に引き摺り下ろす平凡な銃撃戦が時にキャンペーンの足を引っ張っているものの、『Call of Duty: Black Ops III』全体は極めて強力なパッケージで、誰もが何かしら楽しめるだろう。いつものマルチプレー騒乱からゾンビ・サバイバルまで、1人でも楽しく、友達となら更に楽しい豊富な選択肢が用意されている。

9.0/10 God is a Geek
良い点:
・驚異的な銃撃戦
・最高峰のマルチプレー
・グレードアップして帰ってきたゾンビ・モード
悪い点:
・少々分かりにくいキャンペーン

『Black Ops III』の3の主要モードを合わせれば、文句なく今世代最高の『Call of Duty』だ。Sledgehammerによる昨年の傑作を凌駕したTreyarchは、『Call of Duty』こそが未だにシューターの王者であるという事実を強固にしている。必携。

9.0/10 Lazygamer
結局はいつもの『Call of Duty』であり、ラン&ガン・メカニックが好きではないなら、本作のことも好きにはならないだろう。しかし、『World at War』以降の『Call of Duty』を一つでも楽しんだことがあるなら、本作を大いに気に入るはずだ。ここまで素晴らしいマルチプレーは久しぶりだし、シングルプレー・キャンペーンは極めてユニーク、オマケも満載でコミュニティも巨大。今年は本作を買っておけば間違いない。
4.5/5.0 Hardcore Gamer
『Call of Duty: Black Ops III』は3年の開発サイクルで作られたゲームで、それが出来栄えにも現れている。基本的に、5本の単体ゲームを1つのパッケージにまとめたゲームなのだ。DLCのリリースも決定しているとはいえ、次回作の発売から恐らくはその後までもプレーヤーを忙しくさせるだけのコンテンツが収められている。キャンペーンはテンポも完璧で最後まで楽しめるし、マルチプレーはカスタマイズ性が高く、ゾンビは新鮮なほど手応えがある。唯一の欠点は仰々しさに片足を突っ込みつつある物語だが、その実存主義は間違いなく魅力的だ。中身の濃いコンテンツが満載の『Black Ops III』は、正に待ち望んだ『Call of Duty』だ。
『Call of Duty: Black Ops III』でTreyarchは、ほぼ無敵の価値とリプレー性を備えた、巨大でフィーチャー満載のシューターを提供している。今世代最高の『Call of Duty』であると同時に、シリーズ全体で見てもトップ・クラスである。
『Call of Duty: Black Ops III』にはあらゆるコンテンツが詰め込まれており、そのどれも水増しには感じられない。シングルプレーでの変化と協力プレーの追加によって、キャンペーンは近作ほど跡付けには感じられず、何度もプレーする理由も豊富だ。Treyarchは、対戦モードとゾンビ・モードでも首席を維持。3年のブランクのせいで『Black Ops II』の素晴らしさを忘れがちだが、『Call of Duty: Black Ops III』はそれ以来最大にして最良の出来栄えだ。
8.5/10 Destructoid
現時点で、少なくとも2つの『Call of Duty』デベロッパー(TreyarchとSledgehammer)が成功を収めている。開発サイクルが3年に延びたことで、各作品が突貫工事の年刊作品ではなくなった。キャンペーンには改善の余地があるものの、『Black Ops III』はそれを証明している。
8.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・隅々まで協力プレー可能
・豊富なモードと隠し要素
・過去最大のゾンビ・マップ
・Specialistsなどマルチプレーの多層性
悪い点:
・時に腹立たしい協力プレー時のチェックポイント
・分かりにくくバランスの悪い物語
・ゾンビの険しい難易度曲線
・オンライン・マップの無数の透明の壁

派手な目玉フィーチャーから細かなタッチ、隠しモードまで、『Black Ops III』にはコンテンツが豊富で、全ての要素は協力プレーを念頭に置いてデザインされている。まとまりのなさを感じる箇所もあるが、多彩で広範囲に及ぶゲームで、特に友達とプレーすればより楽しめるだろう。

8.0/10 Shacknews
良い点:
・楽しめる新ッキャンペーン・メカニック
・キャンペーン体験の楽しさを倍増させる協力プレー
・マルチプレーに新鮮味をもたらすSpecialists
・個別のeSportsアリーナとBOT用のカスタム・ゲームを収録した楽しいマルチプレー・モード
・マルチプレーでの素晴らしい動き
・強力なローグライク要素を含んだゾンビ
・新たなゲーム・モードを含む膨大なアンロック要素
悪い点:
・横道に逸れる物語
・分岐やマルチ・エンディングの排除は悲しい
・容赦ないゾンビ・モード
・カットシーン時のフレームレートの低下
・底が浅く感じるキャンペーンにおける兵士作成

Treyarchは明らかに『Call of Duty: Black Ops III』に多大な労力を注いでいるし、全てが成功しているわけではないとはいえ、ソロ・プレーヤーから社交派までを満足させるのに充分な出来だろう。キャンペーンの物語は馬鹿っぽく感じるものの、協力プレーは見事な追加要素だし、ゾンビを殺す気分ではない者にとって、物語をより楽しめるだろう。一方、マルチプレーは過去の『CoD』とは大きく異なっており、概ね成功している。スピーディなテンポ、滑らかな動き、クールなSpecialist能力まで、『CoD』のマルチプレー・フォーミュラに新鮮なヒネリを加えている。

4.0/5.0 Games Radar
良い点:
・末永く楽しめる各モード
・超楽しいThrusterと特殊能力
・ほぼ全てのモードに実装された協力プレー
悪い点:
・1人で遊ぶと退屈かも
・悲劇的なほど活用されないThruster

巨大で多彩な『Call of Duty』テーマパークは、友達と遊ぶのが最善だ。1人で遊ぶと楽しさは目減りするが、どちらにせよ価格分の価値はある。

4.0/5.0 Digital Spy
『Black Ops III』は、手に汗握るハイテンションの楽しい体験で、息もつかせぬ瞬間があるかと思えば、キャンペーンでは首を捻ることもある。

ド派手なドンパチをたっぷり堪能させてくれるし、長年のファンから風変わりなシューターのファンまで、『Black Ops III』はInfinity Wardが『Ghosts 2』やら『Modern Warfare 4』やらで帰ってくるまでの間は楽しませてくれるはずだ。

4.0/5.0 The Escapist
『Black Ops III』はハードルを上げ、ファンに人気のゾンビと古典的マルチプレーにエキサイティングなアップデートを加えた。しかし、シングルプレーは同等の水準に達していない。
7.0/10 GameSpot
良い点:
・序盤は目新しさを感じるマルチプレーのSpecialist
・奇妙でやりがいのある協力プレー体験ゾンビ・モード
・多彩で練られたマルチプレー・マップ
悪い点:
・退屈でまとまりのないキャンペーン
・シングルプレーよりも作業感のある協力プレー
・10時間を越えるとバラエティに欠けるマルチプレー

ゾンビ・モードと、マルチプレー最初の10時間が素晴らしい。だがそのキャンペーンは、僅かな前進に過ぎない。『Black Ops III』はシリーズを殆ど進化させていないが、『Call of Duty』の現状を維持するのには充分だ。フランチャイズ自体は、どれだけゆっくりであろうとも、普遍の行進を続けている。

7.0/10 Polygon
根本的に、『Black Ops III』のマルチプレーはやはりTreyarch流の『Call of Duty』だ。『Call of Duty』と『Black Ops』は強固な対戦マルチプレーの土台をほぼ10年前に完成させており、現代にも充分通用している。しかし、驚くほど全てに既視感を感じるし、キャンペーンの場合は尚更失望も大きい。大量のコンテンツが本作の売りになるだろうし、それも当然だろう。しかし、Treyarchはシリーズを進化させていない。
3.0/5.0 Giant Bomb
山盛り。とにかく盛り沢山のゲームである。モードもたくさんあり、『Call of Duty』にしては比較的多彩だ。理論上は、過去最大の『Call of Duty』だろう。しかし、悪魔は細部に宿っており、マルチプレーへの様々な変更も、過去数年に足踏みを続け過ぎたシリーズの、新たな足踏みのように感じられる。移動手段が増えたのは嬉しいが、出来れば昨年の操作性でプレーしたかった。未だに巨大な『Call of Duty』のファン層なら、私よりも違いを楽しめるかもしれないが、全てを考慮すると、『Black Ops III』は長所と短所がほぼ同等に混在している。そこそこの出来だ。