2015年11月07日(土)15時23分

Activision Blizzardが映画/テレビ部門を設立、『Call of Duty』を映画化へ

actibliz.jpg

Activision Blizzardが人気フランチャイズを映画/テレビ化する部門Activision Blizzard Studiosを設立、『Call of Duty』の映画化と『Skylanders』のテレビ・シリーズ化を進めていることが明らかとなっている。Activision Blizzard Studiosを率いるのは、10年近くディズニーのSVPを務めてきたNick van Dyk氏。

テレビ・シリーズ『Skylanders Academy』は、オモチャとゲームを組み合わせた人気ジャンルの火付け役として知られる『Skylanders』を基にするアニメで、『ダイ・ハード4.0』のジャスティン・ロング氏、『ハイスクール・ミュージカル』のアシュレイ・ティスデイル氏、『ブレイキング・バッド』のジョナサン・バンクス氏らが声優として参加する。

『Call of Duty』の映画化に関する詳細は明らかにされていないものの、2018年から2019年にかけて1作目を公開し、その後複数の続編を絡めたシネマチック・ユニバースの構築を視野に入れているという。

Activision Blizzard Studiosでは、前述の2作品以外にも『Diablo』『StarCraft』『Hearthstone』といった自社IPの映像化を計画しているとのこと。

ソース: GameSpot

カテゴリ: エンタメ タグ: -