2016年02月19日(金)21時48分

新生『Hitman』のライブ・コンテンツ、時限ターゲットやステージ制モードなどを順次追加へ

549.jpg

新生『Hitman』の「ライブ・コンテンツ」の詳細をIO Interactiveが説明している。

「ライブ・コンテンツ」とは、リアルタイムで多種多様なコンテンツを追加していくシステムで、その一つが時限ターゲットを追加するElusive Targets。既存マップ上に暗殺対象となる独自キャラクターが一定期間だけ登場するElusive Targetsでは、暗殺のチャンスは一度のみ。ターゲットを殺し損なったり、リアルタイムで時間切れになると、そのターゲットは二度と登場しなくなる。そのターゲットの暗殺に成功した場合でも、やり直しは一切効かない仕様となっている。なお、Elusive Targetsに登場するターゲットにはそれぞれ独自のブリーフィング映像があり、バックストーリーなども用意されている。

ターゲットはマップ上にも表示されず、特殊能力のインスティンクトを使用しても判別できないため、ブリーフィング映像やターゲットの写真を手掛かりにして発見しなければならない。Elusive Targetsをプレー中はセーブ機能もオフになっているため、ターゲットに逃走されたり、プレーヤーが死亡した場合は、二度とチャレンジすることはできない。

ターゲットの暗殺に成功したプレーヤーには、過去作に登場したスーツやグローブといった特殊アイテムが進呈される。

358.jpg

一方、Escalationモードではシリーズで初めてステージ制を導入。ステージ1ではサーベルを使った暗殺、ステージ2ではウェイターの変装でサーベルを使って暗殺し、2分以内に監視カメラ映像を消去するなど、ステージごとに異なる達成目標が用意される仕組みとなっている。監視カメラの配置変更や、レーザー式地雷の導入など、同じマップでもステージごとに細部に変化を付けることで難易度がアップしていくようになっている。リアリズムを廃した遊び心のあるモードEscalationは5ステージ制で、ハイスコアを目指していつでもリプレー可能だが、Elusive Targets同様、セーブは不可となっている。

Elusive TargetsとEscalationは、どちらも『Hitman』のロンチ後に定期的に配信される。

それ以外のライブ・コンテンツには、『Hitman Absolution』で導入されたContractsモードが復活する他、コミュニティに触発されたチャレンジを順次追加することも考えているという。

『Hitman』は3月11日にリリースされる。

ソース: GameSpot