2016年06月10日(金)02時59分

Ubisoftが『The Division』などのチート対策強化を発表、初犯で永久BANへ

r6siege1.jpg

Ubisoftが2本のオンライン・ゲーム『The Division』と『Rainbow Six: Siege』においてチート対策の強化を発表。チーターは初犯でアカウントが永久停止されることを明らかにした。

『The Division』ではDark Zone内でのチートが蔓延しており、Ubisoftはこれまでにも3800を超えるアカウントの永久停止といった処置を講じてきた。しかし、初犯は14日間のアカウント停止というこれまでの措置では十分な抑止力足りえないと判断し、Ubisoftは初犯での永久停止に踏み切ったとのこと。

Ubisoftは、同様に『Rainbow Six: Siege』でも初犯でのアカウント永久停止処置を取り入れている。

Ubisoftは、今回の決断と併せてチーターの摘発にもより力を入れると話している。

ソース: GameSpot GameSpot