2016年07月08日(金)08時01分

PS NeoとXbox Scorpioを歓迎するEpic CEO「7年ごとの世代交代は狂っている」

scorpio.jpg

Epic Gamesの最高経営責任者Tim Sweeney氏は、PlayStation NeoとXbox Scorpioの登場を歓迎している。

Sweeney氏は、数年おきに世代が完全に交代するという伝統的なコンソール・サイクルが、この2つのハードウェアによって終了するだろうと考えている。

Tim Sweeney
とても興奮しているよ。両方の良いところ取りといったところだ。PCのアップグレード・サイクルでは、最新最高のハードウェアと、7年ごとに時代に取り残されることのないゲームを確実に入手できる。それに、全てが動くことが保証されているハードウェアが、常に店頭に並んでいるんだ。開発者にとってのコンフィギュレーションも非常にリーズナブルだと思う。

業界人から見ると、7年ごとにユーザー基盤をリセットせずに済めば、コンソール業界はユーザー基盤をより効率的に成長させ、維持することが可能になるはずだ。7年ごとに全てを投げ捨てて一からやり直すというのは、完全に狂っているよ。Epicでは、末永く維持する予定のオンライン・ゲームを作る場合、ユーザー基盤をゼロにリセットせずに新しいフィーチャーを追加できるゲームを構築するという点を最重要視しているんだ。

ソニーとMicrosoftの新ハードウェアはどちらも、4Kゲーミングへの対応を打ち出している。

Tim Sweeney
4Kにも価値はある。4Kテレビは驚異的なクオリティを誇り、非常に安価になってきているので、対応するのは良いことだろう。一般的なテレビを所有するユーザーの多くは、3倍から4倍の処理能力を既存のピクセル数の改善に充てて欲しいと考えているはずだ。それぞれのゲームが異なる選択するだろうね。いずれにせよ、この新ハードウェアによって、全てのゲームのグラフィック・クオリティが3倍は改善されることになるはずだ。解像度を上げるか、ピクセルをより綺麗にするかはゲーム次第で、活用の仕方はそれぞれ異なるだろう。

CPUよりもGPUの強化に力を入れた両社の選択を、Sweeney氏は理に適っているとしている。

Tim Sweeney
コンソールはバランスを維持するだろうと感じている。現在最も複雑なゲームを見れば、CPUは複雑なシナリオにも十分対応できていることが分かるはずだ。ゲーム開発者は、GPUよりもはるかに多くの時間をCPUの最適化に費やすことが可能だ――GPUはパワーが物をいう処理デバイスで、決まったアルゴリズムで2倍速くしろと言われてもできることはそう多くなく、2倍速く走らせるために1年を費やすことになるだろう。現在の業界は、GPUのパフォーマンスの伸びがCPUのそれを上回っている状態で、こうした傾向は今後も続くと考えているよ。

ソース: Eurogamer

カテゴリ: 業界 タグ: -