2016年08月02日(火)23時42分

映画版『The Division』の製作が正式に発表、主演はJ・ジレンホール氏とJ・チャステイン氏

division-movie.jpg

Ubisoftは2日、映画版『The Division』の製作を正式に発表した。

『Tom Clancy’s The Division』は、今年3月に発売されたオープンワールドのオンライン・シューター。生物兵器テロによって荒廃したニューヨークを舞台に、秩序を取り戻すために奮闘するエージェントたちの活躍を描く。

映画の製作はまだ初期段階で、監督や脚本、公開時期などは未定だが、主演には『ブロークバック・マウンテン』『ナイトクローラー』のジェイク・ジレンホール氏と、『ゼロ・ダーク・サーティ』『インターステラー』のジェシカ・チャステイン氏が決定済み。両氏は、それぞれの製作会社も交えて製作にも関与する。なお、ジレンホール氏はかつてUbisoft製ゲームを映画化した『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』に主演した経歴を持っている。

Ubisoftは近年、フランチャイズのブランド力を高めるためとして映画製作に力を入れており、マイケル・ファスベンダー氏を主演に迎えた『Assassin’s Creed』が12月に公開される他、『Ghost Recon』『Watch Dogs』『Splinter Cell』などの映画化企画も同時に進めている。

ソース: Eurogamer

最新記事