2016年10月07日(金)03時30分

『Gears of War 4』海外レビュー

gearsofwar4.jpg

『Gears of War 4』の海外レビューです。

  • ジャンル:シューター
  • 機種:Xbox One/PC
  • 開発:The Coalition
  • 販売:Microsoft Studios
10/10 NZGamer
『Gears of War 4』はとにかく最高だ。最初から最後まで最高に楽しいし、ずっと大きな笑顔が途切れることはなかった。Xbox Oneで最も美しいゲームの一つであり、XPAフィーチャーも最高。協力プレーと対戦マルチプレーも充実しており、The Coalitionはこのフランチャイズが誇れる物語を生み出しただけでなく、新サーガへのお膳立てをしっかりと済ませている。3人称アクションのファンで、多少のゴア描写が平気なら、諸手を挙げておススメできる。
5.0/5.0 Twinfinite
良い点:
・エキサイティングで手応えのある戦闘を生み出す賢いAI
・高いリプレー性
・Delta部隊と同じくらい面白いJ.D.たち
・新サーガの素晴らしい幕開け
・Horde 3.0のFabricatorは素晴らしい
悪い点:
・物足りないクラス・システム
・盛り上がりに欠ける最終バトル

パッケージ全体として、『Gears of War 4』は私の期待以上の仕上がりとなった。盛り上がりに欠ける最終バトルやHorde 3.0のクラス・システムといった些細な不満もあるが、全体としては、全ての『Gears』ファンが所有すべきゲームだ。『Gears of War 4』が新サーガの序章に過ぎないとすれば、今後の展開が待ちきれない。

96/100 COGconnected
良い点:
・最高のグラフィック
・サウンドとトーン
・好感の持てるキャラクター
・素晴らしいアクション
・楽しいマルチプレー
悪い点:
・たまに邪魔になる仲間AI
・唐突に終わる物語

『Gears of War 4』は決して革命的なゲームではないものの、『Gears』の本質を変化させることなく、十分な改善を施している。凄まじい完成度、驚異的なアクション、シリーズ最高のマルチプレー、魅力的な新キャラクター、そして新旧ファンを満足させるであろう入門的な物語など、『Gears of War 4』はシリーズで一番のお気に入りになるかもしれない。間違いなく私の一番のお気に入りだ。

9.5/10 God is a Geek
良い点:
・驚異的なキャンペーン
・実に美しい
・洗練されたHordeモードは素晴らしい
悪い点:
・少々手に負えないキャラクターたち
・カタルシスよりもお膳立てがメインの物語
・敷居が高いマルチプレー

『Gears of War』が華々しく帰ってきた。常にスリリングで執拗に楽しませる『Gears 4』は、余裕で今世代最高のシューターの一つとなった。

9.5/10 CGMagazine
『Gears of War 4』は全盛期の調子を取り戻しており、新たな武器や末永く楽しめるクラス制Hordeモードのお陰で、シリーズ最高傑作となっている。
95/100 GamingTrend
良い点:
・インタラクティブで驚異的な環境を舞台に繰り広げられる、素晴らしい戦闘
・好きなようにプレーできる、欠点のないマルチプレー
・手堅い物語とキャラクター
・ゴージャスな演出
悪い点:
・ちゃんとしたエンディングのない物語

『Gears of War 4』はファンが待ち望んだ『Gears』リバイバルであり、このフランチャイズが相応しい面々の手にあることを証明している。

9.25/10 Game Informer
コンセプト: 新たなデベロッパー。新たなヒーローたち。新たな敵。いつもの『Gears of War』
グラフィック: 増強された天候効果と破壊が、驚異的なビジュアルを途切れなく提供。新種の敵も美しいアニメーションを披露。4K TVでは更に美しくなる
サウンド: ガチムチ台詞は控えめになり、ちゃんとユーモラスなやり取りに置き換えられている。サウンドトラックはまたしてもテンションが上がるし、戦闘の終わりを告げる充実感のあるギター・リフも帰ってきた
プレー性: 遮蔽物を探し、飛び出して銃を撃つ。『Gears』の戦闘に変化はないが、手元のオモチャはより強力になっている。敵が好戦的なことを考えると、不可欠な要素だ
エンターテイメント性: キャンペーンは既視感が強いとはいえ、ゲームプレーは一流だ。マルチプレー・モードはどれも高レベルの深みとリプレー性を兼ね備えている
リプレー性: 高い

新たなデベロッパーが開発を率いているにもかかわらず、『Gears of War 4』はシリーズが好調を取り戻したゲームであり、不必要に過去にしがみついているとはいえ、笑顔が途切れることはない。

9.0/10 Worth Playing
『Gears of War 4』は、これからもThe Coalitionがこのシリーズを手掛けることができることを証明している。シングルプレーから協力プレーとマルチプレーに至るまで、全ての要素において古い伝統と新メカニックを見事に融合させているのだ。最初から盛りだくさんのコンテンツが収録されており、その全てに様々なアクセス方法が用意されている。PCでプレーする方が好ましいとはいえ、Xbox One版も決して悪くなく、手堅い体験に仕上がっている。全体として、アクション・ファンは最高に楽しめるだろう。
9.0/10 EGM
『Gears of War 4』はシリーズの核を成すフォーミュラを見直し、下手にいじくる必要はないと判断したようだ。The Coalitionが追加した要素はどれも、既に素晴らしい土台を更に拡張、洗練させている。幾つかの踏み外しもあるとはいえ、それでも素晴らしいシリーズ最新作である。
9.0/10 Polygon
『Gears of War 4』のキャンペーンを終えた時は、これで終わりなのかと頭をひねったことを覚えている。次の朝になると、私は義務感からではなく自ら望んで再びゲームをプレーしていた。総合すると、『Gears of War 4』はジャンルを再発明するゲームではないし、必ずしも「もっとバカでかく」なっているわけでもない。だが、本作は驚くほど安定した完成度の高いパッケージであり、これほど洗練され、焦点のぶれていないゲームは珍しいだろう。素晴らしいソロ、協力プレー、対戦オプションなど、2016年最高峰のアクション・ゲームである。
驚異的なビジュアルのショーケースたるキャンペーン、末永く楽しませてくれる対戦/協力プレー・モードなど、『Gears of War 4』は正に期待した通りの『Gears of War』作品に仕上がっている。Xbox Oneで遂に『Gears of War』の新作にお目にかかれたのは、実に嬉しいものだ。随分と長く待たされたが、待った甲斐は十分すぎるほどあった。
8.8/10 Gaming Nexus
既視感の強さと新鮮さの奇妙なブレンドである『Gears of War 4』は、楽しく充実した体験を届けてくれた。これといった斬新さはないものの、初代の素晴らしさを思い起こさせてくれる仕上がりだ。
87/100 GamesBeat
素晴らしい技術的エフェクトを盛り込んだ『Gears of War 4』は、バグとは無縁の練りに練られたゲームだ。シングルプレー・キャンペーンは9時間と短めだが、期待に全て応えてくれる。The Coalitionは、ファンの期待に応えると同時にこれまでとは違う何かを提供するという、綱渡りを成功させている。Hordeモードは協力プレーを良い方向に導いているし、ファンはマルチプレーを大いに楽しむはずだ。唯一不満があるとすれば、それは手を広げ過ぎたところで、大量のユーモアと恐怖を詰め込んでしまっている。

これが最後の『Gears』にならないことは確実だし、コンソール戦争におけるMicrosoftの命運にとって切望されていた後押しになるはずだ。

8.5/10 Arcade Sushi
『Gears of War 4』は価値ある続編であり、残虐な戦闘、中毒性のあるマルチプレー、お馴染みの腰の高さの壁を見事に復活させている。キャンペーンは初代の良さを生かしつつ、『Gears of War』の世界を更に豊かにする新たな装飾を付け加えている。マルチプレーはこれまで以上に楽しく、新モードがオンライン要素に新鮮味、そして何よりも中毒性をもたらしている。再びCOGアーマーを身に付けて殴り合うのは、疑いようのないほど楽しい。
良い点:
・相変わらず最高の3人称戦闘システム
・新たに拡張されたマルチプレー・オプションは真剣に受け止められるべき
・素晴らしいグラフィック
悪い点:
・面白味のないストーリー・キャンペーン、一人でプレーすると尚更
・戦っていても楽しくないロボット

ストーリー・キャンペーンは、少なくとも一人でプレーすると少々退屈だが、それを除けば『Gears』を見事に現行世代に持ち込んでいる。

8.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・クールな新武器と敵
・手堅い声優陣
・美しいビジュアル
・素晴らしいHorde 3.0
・優れたPC版とのクロスバイ/プレー
悪い点:
・少々盛り上がりに欠けるキャンペーン
・あまり変わっていない対戦マルチプレー
・未だに使われている一部の極めて古臭いアニメーション

そのデビュー作で『Gears of War』を新世代に移行させるという困難な任務を背負ったThe Coalitionだが、彼らは華麗に成し遂げている。対戦マルチプレーはあまり進化していないし、キャンペーンは少々中弛みがするが、そのハイライト部分はプレーする価値があるし、新Hordeモードは文句の付けようがない。これまでこのフランチャイズを楽しんできた人、協力プレーを楽しむ友人が何人かいる人は、『Gears of War 4』を考慮すべきだろう。その価値は間違いなくある。

8.0/10 Destructoid
『Gears of War 4』の本質はというと、今後さらなる続編を重ねてからでないと、その遺産が分からないことだ。これは現時点ではストレスが溜まるものの、今後エキサイティングになることを願っている。1作目としては悪くないものの、The Coalitionの独自性をもっと見せてもらいたかった。Epicの土台を活用するというのは理解できるし、予想していたことでもあるが、それが足枷に感じられることが多いのである。Marcusの息子は彼と瓜二つに育ったようだ。
8.0/10 Lazygamer
『Gears of War 4』は、過剰に既視感が強いとまではいかないものの、充実したシリーズ最高峰の調子を取り戻している。際立ってダークなキャンペーンが歓迎すべき驚きと失望すべき繰り返しを同じ分量だけ提供する一方、洗練されたHordeモードと隅々まで楽しめるマルチプレーが、あらゆるファンを満足させるバランスの良いパッケージを生み出している。
4.0/5.0 Games Radar+
良い点:
・巧みで新鮮なアイデアを惜しげもなく注ぎ込み、古典的『Gears』の本質を再活性化させている
・戦略的に苦労させられると同時に本能的な興奮もある
・巧みで独創的なヒネリを加えた新マルチプレーとHordeモード
・好感の持てる新キャラクターとトーン
悪い点:
・キャンペーンの後半になるまでビジュアル的な輝きに欠ける
・盛り上がりに欠けるエンディング

『Gears of War』が新鮮さと興奮を取り戻した。『Gears of War』の未来は更に明るいかもしれない。

4.0/5.0 USgamer
ビジュアル: 滑らかなシネマチック、ゴージャスで細部に凝ったキャラクターや背景まで、実に美しいゲーム
サウンド: サウンドトラックはアクションに完璧にマッチしているし、効果音も素晴らしい
インターフェース: メニュー・システムは練られており、複数のモードを迅速かつ簡単にナビゲーションできる
ボリューム: キャンペーンは少々短めだが、Horde 3.0と素晴らしい対戦モードが末永く楽しませてくれる

『Gears of War』シリーズが調子を取り戻した。練られていて美しいキャンペーンは唐突に終わってしまう感はあるものの、終わるまでは手に汗握るスリリングな銃撃戦と荒唐無稽な見せ場を堪能できるだろう。多少単調で容赦ないように感じることもあるが、全体としては最高に楽しめる。6モード用意された対戦マルチプレーは洗練されているように感じられるし、末永く楽しめそうだ。一方、Horde 3.0は、友達と一緒に白熱した長丁場を生き抜きたい人にとって理想的である。

4.0/5.0 Hardcore Gamer
『Gears of War 4』には、『Halo 5: Guardians』との類似点がある。最高峰に楽しめる協力プレーと対戦モードを備えながらも、物語が物足りないのだ。その短さだけでなく、閉じた世界観の構築と取るに足らないキャラクターの成長に問題を抱えている。キャンペーンの最後まで行動を共にするキャラクターの名前を覚えられないのだから。とはいえ、プレーヤーをのけぞらせ、笑顔にさせる魅惑的な場面が次々と登場するキャンペーンでもある。Hordeモードのメカニックを限定的に組み込もうとして失敗している箇所はあるものの、キャンペーンは最初から最後までアクション満載のアドベンチャーで、エキサイティングな見せ場がてんこ盛り。だが結局のところ、マルチプレーが全てである。Hordeは今でもあらゆるゲームの中で最高のモードの一つであり、単純なウェーブ制サバイバル体験を、それ以上のものへと昇華させている。戦闘に多様性をもたらす素晴らしい3つの追加要素が加わった対戦モードについては言うまでもないだろう。『Gears of War 4』に思慮深い物語を期待しないこと。アクション満載のシナリオ、一流のマルチプレー、最高峰のシューティング・メカニックを目当てに挑もう。
4.0/5.0 Digital Spy
マルチプレーのお陰で、パッケージ全体のバランスはとれていると言える。シングルプレー・キャンペーンは『Gears』5作品の中で最強というわけではない。スタイルの変更は尊重するし、相互作用は気に入ったが、キャラクターは退屈で見せ場は旧トリロジー――言ってしまえば、『Gears of War: Judgement』よりも――ほど充実していない。

ロボットとの戦闘には感心していないし、感動的な見せ場もあまり上手く機能していない。

幸運なことに、マルチプレーは過去作と同等かそれ以上に強力だし、ビジュアルは息を呑む出来だ。期待したようなド派手な再スタートではないが、The Coalitionに次回作をお願いしたいと思わせるには十分の出来である。

『Gears of War 4』は、より好感の持てるキャラクターと、より優れた物語を備えたシリーズ最高傑作だ。友情や家族の物語は、シリーズが目指してきた夏の超大作映画スタイルに適している。アクション満載、それなりのユーモア、そこに多少のホラー演出までをも盛り込んでおり、そして何よりもThe Coalitionは『Gears』フランチャイズを成熟させようとしているように見え、これは決して悪いことではないはずだ。
『Gears of War 4』は、少々既視感が強いものの、大人気カバー・シューター・フランチャイズの手堅く楽しい新作だ。ベテランは即座に馴染めるだろうし、新参者も快く受け入れてもらえるはずだ。
7.0/10 GameSpot
良い点:
・独創的な新対戦モード
・素晴らしいHordeモード
・効果的な移動動作の改善
悪い点:
・テンポの悪いキャンペーン
・メニューのフリーズとゲーム中のグリッチ
・浅薄なストーリーラインと脚本

このシューターはより素晴らしい傑作に片足を突っ込んでいるが、この名高いフランチャイズに施された改善にもかかわらず、幾つかのつまずきが足を引っ張っている。『Gears of War 4』の新たなマルチプレーには創造性があるし、閃きもある。だが、盛り上がりに欠けるキャンペーンと技術的不具合が、爽快なシューターに影を落としている。その結果、往々にして素晴らしい部品のクオリティが、全体に反映されていない。