2016年11月24日(木)18時06分

『Watch Dogs 2』海外レビュー

wd23.jpg

【追記 - 11月24日18:06】Arcade Sushi、COGconnected、EGM、Gaming Age、GameCrate、Game Rant、Game Informer、GameSpot、IGN、Playstation Universe、Shacknews、USgamer、Video Gamer、Worth Playing、ZTGDのレビューを追加

『Watch Dogs 2』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション・アドベンチャー
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:Ubisoft Montreal
  • 販売:Ubisoft
グラフィック 4.8: 文句なくゴージャスなゲーム。サンフランシスコは素晴らしい街だし、キャラクターたちは非常に現実的で、車も細部に凝っている
操作性 4.9: ハッキングはとてもお手軽。ほぼ全てに侵入でき、あらゆる場所に行くことができる。ドライビングの操作性も良く出来ており、カー・チェイスが楽しい
音楽/効果音/ボイスアクト 5.0: 素晴らしいサウンドトラックと見事な声優の演技
バリュー 4.9: 収集物、ドライバー・ミッション、サイド・クエスト、メイン・クエストまで、とにかく盛り沢山

私は間違いなく今回の方が『Watch Dogs』を楽しむことができた。今1作目を振り返ると、『Watch Dogs 2』に向けての有望な出発点のように感じられる。Marcusは、彼の友人たちと同様に、とても好感の持てる人物だ。彼らの体験は共感を呼ぶのである。決して説教臭くはなく、じっくりと楽しませてくれるが、現実社会について考えさせる深刻な問題に必ず立ち返る。周囲を変え、自分を向上させる選択肢が実に豊富。サンフランシスコの観光をしたり、サイド・クエストに取り組んだり、Blumeを追及したりできる自由が存在するのだ。同情すべき状況のせいでマルチプレーについては語ることはできないものの、素晴らしく開かれた自由な体験のお陰で、『Watch Dogs 2』はより強力かつ強固で、より楽しめるゲームのように感じられる。

9.7/10 NZGamer
『Watch Dogs 2』は没入感の高い、不気味なほど現実世界に近い世界を作り出している。架空のサンフランシスコであるにもかかわらず、どの部分がフィクションなのか判別が非常に難しいのである。豊かで深みのあるミッション、賑やかなキャラクターたち、楽しいオープンワールド・ゲームプレーなど、私が今年プレーした中でも最高のゲームかもしれない。
9.0/10 ZTGD
良い点:
・探索し甲斐のある世界
・相変わらず超楽しいハッキング
・最高のキャラクターたち
・共感できるユーモア
悪い点:
・違和感のあるシューティング
・相変わらず雑なドライビング

『Watch Dogs 2』はお手本のような続編だ。これでこのシリーズに対する興味が復活したし、これは1作目が印象に残らないゲームだったことを考えると凄いことだ。トーン、奇抜さ、そしてゴージャスなサンフランシスコの探索を最高に楽しむことができた。確かに物語のテンポは悪いし、無意味なオープンワールド・ミッション・タイプも多いが、それでも私は最高の時間を過ごすことができた。

9.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・より派手で改善され、直観的になったハッキング
・ユニークで印象的なキャラクターたち
・馬鹿みたいに大量のアクティビティ
・楽しいマルチプレーと協力プレー
悪い点:
・まとまりに欠ける物語
・協力プレー・ミッションの少なさ

『Watch Dogs 2』は完璧な続編だ。1作目の独創性や独自性を、全て拡張することに成功している。ハッキング、物語、舞台設定、コンテンツのバラエティまで、全てが改善されている。『Watch Dogs 2』は変わり映えしない続編とは程遠い。比べるなら、『Assassins Creed』から『Assassins Creed 2』への飛躍が適切だろう。1作目は期待は持てるものの出来が良くない斬新なアイデアだったが、この続編はそのアイデアを生かし切り、過去10年を代表するシリーズの一つへと変貌させたのだ。『Watch Dogs 2』によって、Ubisoftはその魔法の再現に着実に近づいている。

9.0/10 God is a Geek
良い点:
・生き生きとしており、多種多様で個性的なサンフランシスコ
・面白い物語
・興味深い個性を持った多層的なキャラクターたち
・とにかく楽しいハッキング
悪い点:
・修正が必要な技術的不具合

ミッションは多彩で緊迫感があり、キャラクターたちは最高の見せ場を提供してくれる。ゴージャスで濃厚、ユニークなオープンワールドを欲しているなら、このゲームで決まりだ。

4.5/5.0 Twinfinite
良い点:
・Aidenよりもはるかに優れた主人公Marcus
・美しくて遊ぶのが楽しいサンフランシスコ
・物語は良く出来ており、豊富なサイド・ミッションが世界に深みを加えている
・最高に楽しめるマルチプレー
悪い点:
・開かれたゲームの性質上、ペース配分に問題がある

1作目の発売からの2年間でUbisoft Montrealが完成させた本作に、私は大いに満足させられた。当初から彼らが抱いていた野心を失うことなく、1作目に浴びせられた批判に合わせて見事に修正を加えている。その結果生まれた本作は、本質こそ変わらないものの、バラエティと、疑問を抱かずに支持できるヒーローによって命を吹き込まれているのである。『Watch Dogs 2』はあらゆる意味で続編のあるべき姿だ。1作目をよりデカく、より優れた、より大胆な作品へと変貌させている。

4.5/5.0 Hardcore Gamer
概ね、『Watch Dogs 2』
は1作目の長所を維持しつつ問題点を修正するという、続編の条件を満たしている。メイン・ミッションは魅力的だが、サンフランシスコに散りばめられた大量のサイド・クエストに気を取られがちである。Ubisoftは『Grand Theft Auto』の素晴らしさを見事に再現しているが、独自性を十分に盛り込むことで、Marcusの冒険に新鮮味を持たせている。メイン・キャンペーン外にもやることが大量にあるし、都市全体をハッキングできるお陰で、大暴れしたいタイプの人間は特に謳歌できる独特の楽しさを提供している。つまるところ、『Watch Dogs 2』は今年最高のゲームの一つということだ。
4.5/5.0 Digital Spy
『Watch Dogs 2』は、1作目で我々がプレーしたかったゲームに仕上がっている。大胆で美しく、物語には感情移入できるキャラクターたちが満載だし、練られたミッションはエキサイティングで爆笑できることもある。

物語自体のトーンは深刻なのだが、拡張されたハッキング・オプションのお陰で、ミッション中にも独創性を発揮して楽しむことができるようになっている。プレーヤーの選択肢も豊富で、自由意志を最大限尊重してくれている。

ドライビングさえもっと個性的であったなら、『Watch Dogs 2』は完璧なゲームになっていただろう。

4.5/5.0 Game Revolution
『Watch Dogs 2』は1作目をあらゆる面で改善しており、サンフランシスコはずっと居たいと思わせてくれるし、Marcusも楽しい主人公だ。チャーミングで想像性に満ちている一方で、深刻になり過ぎていない。『Red Dead Redemption 2』が発売されるまで楽しめる箱庭アドベンチャーを渇望しているなら、『Watch Dogs 2』が満たしてくれるかもしれない。
『Watch Dogs 2』は1作目がこうあるべきだったゲームであり、面白いキャラクターたちに賑やかな世界、自由なミッション攻略法を備えている。
細かな不満はあるものの、全体を見れば『Watch Dogs 2』は過剰なネットワーク社会の危険性を提示しつつ、1作目を改善している。これは銃よりも脳みそが物を言うゲームであり、テクノロジーに依存した我々の社会についての興味深いトピックを扱っており、このようなテーマを掘り下げたUbisoftは称賛に値するだろう。キャラクターと物語は、1作目の復讐譚よりもはるかに魅力的で面白い出来だ。
おススメ Eurogamer
オンラインの不具合にもかかわらず、Ubisoftによるこの続編は、Rockstarの作品群をお手本にしながら、存分に楽しめるオープンワールド・ゲームを作り上げている。
B+/A+ Gaming Age
『Watch Dogs 2』は1作目をはるかに凌駕しており、恐らくUbisoftの当初のビジョンにより近いはずだ。とはいえ、ライバル作品と比較すると少し粗削りだし、現時点でシームレス・マルチプレーがオフラインなのは一部のプレーヤーを遠ざける要因になるかもしれないが、現代的なオープンワールド犯罪ドラマを求める向きには最適だろう。チェックしよう。
8.5/10 GameCrate
演出 8.0: 技術的不具合にも遭遇したものの、バーチャルなサンフランシスコは見た目も感触も素晴らしい
物語 8.0: 物語全体に革新性はないものの、全ての枝葉、クライマックスまでの道のりは楽しめる出来だ。悪徳警官を倒すサイド・ミッションから、サイエントロジー風のカルトを馬鹿にするメイン・ミッションまで、確実に楽しめるはず
ゲームプレー 9.0: 成長システムの刷新、アップデートされたスキル・ツリー、そして本拠地の役目を果たすアプリの導入など、前作よりも自然に感じられる。ドライビングは大幅に改善されているし、主人公の動きも全般的に滑らかさを増している
サウンド 9.0: 収録楽曲は少なめではあるものの、5つのラジオ局から流れる音楽のセレクションは悪くない。Wrenchにはもう少し落ち着いて欲しいと感じたことも何度かあったとはいえ、声優の演技も手堅い

『Watch Dogs 2』は確実に1作目を改善している。好感の持てる主人公や軽いユーモアなどシリーズ全体の雰囲気も良くなっているし、新たなハッキングやガジェットもプレーヤーを飽きさせない。

8.5/10 IGN
『Watch Dogs 2』の特徴的なハッキングとパズル・メカニックは、これがありきたりな『Grand Theft Auto』クローンではないことを見事に思い知らせてくれる。カオスの使者としてのMarcusは少々フレンドリーすぎて現実味がないものの、ミッションには柔軟性があるため、ステルスに長けていれば殆ど暴力を使わずに攻略できるのだ。そして上手く機能さえすれば、マルチプレーは風変わりな鬼ごっこを楽しめるだろう。
8.5/10 Destructoid
私は『Watch Dogs 2』が、銃や車種を増やし、マップを広くしただけのありきたりな続編になると思っていた。しかし、本作はハッキングを好きなように使って世界と遊ばせてくれる自由をプレーヤーに提供し、印象的で概ね明るい物語を楽しませてくれた。根底にある題材が極めて重たいものだということを考慮すると、見かけ以上の偉業と言えるだろう。1作目を少しプレーした時、私はより魅力的な主人公の登場する続編を夢見た。続編を終えた今は、既に3作目への心の準備ができているが、これからはずっとMarcusが主人公でもいいのではないかな?

あと、私がレビューを書き終えた瞬間にWindows 10がアップデートして全てを消去し、締め切りの2時間前に書き直す羽目に陥った。DedSecの仕業かな?8.5は高得点なのだから、私のコンピューターに二度と触れないようお願いしたい。

8.5/10 CGMagazine
不安定なフレームレートはともかく、極めて政治的な『Watch Dogs 2』は1作目を隅々まで改善している。
8.0/10 GameSpot
良い点:
・探索し甲斐のある美しいサンフランシスコ
・潜入とアクションを巧みに融合
・楽しむことを忘れない好感の持てるキャラクターたち
・陽気で馬鹿っぽいミッションが満載
悪い点:
・矛盾した物語
・運転が苦痛な殆どの乗り物
・ムラのあるAI
・雑なカバー・メカニック

1人でプレーしたとしても、『Watch Dogs 2』は可能性と活気に満ちた楽しいゲームだ。手強いはずの敵AIの裏をかくのが簡単なのが欠点ではあるものの、ごちゃごちゃ考えずに暴れるチャンスなのだ。『Watch Dogs 2』の世界は1作目のどんよりしたシカゴからステップアップしているし、このジャンルの横綱たちと肩を並べるほどではないとはいえ、陽気な雰囲気と活気に満ちたキャラクターたちに別れを告げるのは難しい。

8.0/10 Shacknews
良い点:
・1作目よりもはるかに引き込まれる
・探索が楽しいオープンワールド
・ハッキングで爆笑できる
悪い点:
・現時点では利用できないシームレスなマルチプレー
・面白味のない箇所が健在

マルチプレーはレビューできないものの、『Watch Dogs 2』は成功したフォーミュラに固執する代わりにリスクを取った、希有な続編だ。私個人は1作目のファンではなかったものの、商業的には大きな成功を収めたわけだし、Ubisoftは見た目だけを変えた退屈なゲームを再びリリースすることもできたはずだ。だが、彼らはそうしなかった。『Watch Dogs 2』の素晴らしさを見ると、他のデベロッパーにも是非とも彼らの姿勢を見習ってもらいたいと思う。

8.0/10 Video Gamer
良い点:
・最高のキャラクターたちとシングルプレーを備えた爽快な楽しさ
・ベイエリアを再現した最高のオープンワールド
・ゲームプレーに多様性をもたらす改善されたハッキング・メカニック
悪い点:
・一部の粗削りな箇所

『Watch Dogs 2』は少々洗練に欠けており、マルチプレーには問題を抱えているものの、DedSecに加わるのはやはり最高に楽しいのだ。魅力的なキャラクターたちと大暴れできる楽しさであり、街全体を遊び場に変貌させることができるのだ。

良い点:
・探索するのが楽しいオープンワールド
・素晴らしいサイド・ミッション
・美しいグラフィック
悪い点:
・不必要に思える戦闘
・楽しくない一部のメイン・ミッション
・酷い出来のシームレスなオンライン

『Watch Dogs』の頂点はまだ見れていないという気持ちは拭えないものの、『Watch Dogs 2』は1作目から順調に進化している。ハッカーになり切るのは最高に楽しいが、平凡な3人称シューター化すると途端に面白くなくなってしまう。陽気なキャラクターたちと調和しないことのある物語に我慢できるなら、近年で最も面白いオープンワールド・ゲームを体験できるはずだ。

良い点:
・ジャンル最高峰の動き、シューティング、ドライビング・メカニック
・ハクティビストというテーマの上手い使い方
・革新的なオンライン・オプション
悪い点:
・カリスマ性に欠ける物語とキャラクター
・面白味に欠けるオープンワールド
・型通りのミッション・デザインとムラのあるAI

相変わらず突出したところがないとはいえ、1作目から確実に改善されており、『GTA V』の代用品としてもかなりの出来だ。

8.0/10 Arcade Sushi
1作目の深刻なトーンを捨て、鮮やかな色彩と楽しいキャラクターたち、軽いユーモアに置き換えるという、Ubisoftの決断にはこれ以上ないほどの喜びを感じている。戦闘はかなり退屈なのだが、ハッキングの選択肢が複数用意されているため、ちゃんとプレーすればシューティングは必要ないほどだ。何度か試したオンラインも悪くなかったが、Ubisoftが宣伝していたシームレス・マルチプレーはまだ利用できないため、判断は保留だ。ハッカーたちのサーガにとって、本作は手堅い2作目であり、フランチャイズの未来に希望を抱かせてくれる。
8.0/10 EGM
どんなプレー・スタイルを選ぼうと、ベイエリアで存分に楽しめるはずだ。新たなデバイスや楽しいキャラクターたちなど、『Watch Dogs』フランチャイズの見事な進化である。
80/100 COGconnected
良い点:
・広大なオープンワールド
・柔軟性のあるゲームプレー
・魅力的なストーリーライン
悪い点:
・稀なバグやグリッチ
・一部の単調なミッション・デザイン
・革新性の欠如

全体的に見て、『Watch Dogs 2』は1作目を改善している。新鮮味のある新主人公と舞台設定は、1作目のもの悲しいトーンからの180度の転換であり、その結果楽しい箱庭が生まれている。オープンワールド・ゲームプレーに関しては革新性はないものの、ベテラン・ゲーマーすらをも魅了するのに十分な独創的なアイデアが詰め込まれている。Ubisoftがシリーズを継続するなら、もう次からはリセットする必要はなく、強力な主人公であるMarcusを続投させるだけでいいだろう。

良い点:
・素晴らしいハッキング・メカニック
・興味深いキャラクターたち
・練られた、フィーチャー満載のゲーム世界
・楽しいサイド・コンテンツ
悪い点:
・貧弱な物語
・他のプレー・スタイルほど魅力的でない戦闘

『Watch Dogs 2』は、1作目の短所を修正しつつ、長所を拡張した期待通りの続編だ。主人公と彼を取り巻くキャラクターたちは見ていて楽しいし、ハッキング・メカニックは絶好調。だが物語は、努力は感じられるにもかかわらずプレーヤーを引き込むことに失敗しており、印象に残らないのがとても残念だ。それでも、素晴らしいハッキング・メカニックを交えたオープンワールド体験を探している人は、『Watch Dogs 2』に失望することはないだろう。

4.0/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・より魅力的なヒーローとアナーキーなユーモア
・強力で楽しいミッション・デザイン
・最高の舞台設定と楽しいサイド・アクティビティ
・より優れたツールと増した自由度
悪い点:
・完全に制御できているように感じられないことのある動き
・馬鹿なAI

『Watch Dogs 2』は大きな進化ではないものの、よりカラフルかつ派手で楽しい方向性への移行は、シリーズにとって良いことだ。アクションは手堅い出来だし、ミッション・デザインは面白味を増しており、Ubisoft Montrealは最高のツールと自由をプレーヤーに提供している。1作目が吠えるだけで噛みつかない、しかめ面の猟犬だとするなら、この続編は遊ぶことが大好きな陽気な犬だろう。それでいいのである。

4.0/5.0 Game Rant
『Watch Dogs 2』は、新たな主人公、役立つドローン、1作目よりも優れたユーモアを導入したハッキング・オープンワールドに、プレーヤーを誘ってくれる。
4.0/5.0 USgamer
賑やかで没入感のあるオープンワールド、好感の持てるキャラクターたち、引き込まれるプロットを備えた『Watch Dogs 2』は、美しくて楽しめるハッキング・アドベンチャーで、テクノロジーに依存した現代社会へのメッセージも忘れていない。ミッションは攻略法が豊富で、戦闘を選択することも可能ではあるが、様々なハッキング・スキルを使って敵を欺いてこそ、本作の真髄が見えてくる。引き込まれる、やりがいのある楽しいゲームだ。
7.75/10 Game Informer
コンセプト: Marcus Hollowayとなり、プレーヤーはハッキングとガジェットを用いて、大暴れしながら企業の腐敗を暴くことに
グラフィック: 眩い風景やロケーションが満載のサンフランシスコはゴージャス
サウンド: ヒップホップからロックまで、多種多様なジャンルの音楽を流しながらドライブすることができる。しかし、一部の車のエンジン音や、追跡中のパトカーの怒鳴り声といった効果音はやかましくて神経に障る
プレー性: ハッキングに慣れてしまえば操作は容易だし、カバー・シューター部分も良く出来ているものの、目新しさはない
エンターテイメント性: オープンワールドにはハッキング可能な通行人たちでごった返しているし、メインとサイド・ミッションはどちらも1作目に欠けていたバラエティで楽しませてくれる
リプレー性: 高め

『Watch Dogs 2』は、1作目の問題点の多くを修正し、ハッキングを前面に押し出しているが、物語がプレーヤーを引き込むことに失敗している。キャラクターたちは好感が持てないものの、パロディや能天気さは魅力となっている。宇宙にある衛星を乗っ取ることも可能な素晴らしいハッキング・メカニックは、壮大な万能感を堪能させてくれる。

良い点:
・面白いキャラクターたち
・歓迎すべき楽しいユーモアと仲間意識
・最高に楽しめるハッキング
悪い点:
・キャラクターの動機に一致していないミッション
・クラッシュ
・機能していないオンライン

退屈だった1作目からの大幅な改善となった『Watch Dogs 2』は、1作目に期待を抱かせた重要な要素を犠牲にすることなく、ハチャメチャで馬鹿っぽい部分を謳歌している。手痛い技術的不具合とシームレス・オンライン体験が機能していない点が足を引っ張っているものの、それでも『Watch Dogs 2』はひたすら楽しいゲームである。

7.0/10 Worth Playing
『Watch Dogs 2』は1作目のゲームプレーとプロットを改善した手堅いゲームだが、ある程度の欠点は残されている。極めて簡単に感じることもあるし、練り不足のプロット構造のせいで狙ったようなインパクトが欠けているが、ルーブ・ゴールドバーグに倣い、引っ付き爆弾満載のハックした車をギャング集団に突っ込ませたりできるのだから、欠点を見逃すのも容易いというものだ。1作目が気に入らなかった人を魅了することはないだろうが、欠点に目をつぶって楽しんだ人なら、この続編に施された数々の改善点を楽しめるはずだ。ドロップイン・マルチプレーとゲームプレーの自由度がプレーヤーを飽きさせないが、隅々まで堪能できるかどうかはプレーヤー自身の独創性次第だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: Watch Dogs 2