2016年12月01日(木)02時40分

『Assassin’s Creed The Ezio Collection』海外レビュー

ezio.jpg

『Assassin’s Creed The Ezio Collection』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション・アドベンチャー
  • 機種:PS4/Xbox One
  • 開発:Virtuos/Ubisoft Montreal
  • 販売:Ubisoft
8.1/10 NZGamer
1本分の価格で3本手に入るのは嬉しいが、手抜きっぽいキャラクターに耐える心の準備をしておくこと。
8.0/10 Gaming Nexus
『The Ezio Collection』は3本の傑作を同梱した最高のバンドルだが、それだけである。最近このシリーズを好きになったファンは絶対にチェックすべきだが、既に体験済みのファンが手に取る理由は殆ど存在していない。
良い点:
・Ezio時代の追体験
・1080p解像度
・全てのDLCと映画を収録
悪い点:
・大幅なアップグレードが施されていない
・マルチプレーがない

これらのリマスターに目新しいところは何もないとはいえ、『Assassin’s Creed The Ezio Collection』は旧世代の3本の傑作を改めてプレーする完璧な口実になるはずだ。

4.0/5.0 Hardcore Gamer
『Assassin’s Creed: The Ezio Collection』は、多くの人間がフランチャイズ最高とするキャラクターの完全版だ。ビジュアルへの改善は最小限だが、発売当時に絶賛されたゲームプレーと物語は、今でも最高に楽しめる。Ezioのトリロジーは過去にもリリースされているし、マルチプレーの削除に失望する人はいるだろうが、2本の短編映画と全てのシングルプレーDLCの同梱によって決定版となっている。『Assassin’s Creed』は大量生産が祟って近年は勢いを失っているが、シリーズ人気の理由を思い出すのに、このコレクションは最適だ。Ezioサーガを追体験したい人はもちろんのこと、このシリーズに興味はあったが今までプレーせずにいた人たちにとっても、最高の入門編として諸手を挙げておススメできる。
私は超大作ゲームに批判的であり続けてきたが、史実ベースのお陰で、『Assassin’s Creed』は常に楽しんできた。このパッケージは、Ubisoftのリリース・スケジュールに空いた穴を埋めるためのものだ。本作はどの『Assassin’s Creed』本編も時代の流れには逆らえないことを示しているものの、同時に――大作につきまとう期待から解き放たれた時――このシリーズの真の強みは、グラフィックや街の規模などよりもはるかに細かなところにあるということを強調している。
73/100 COGconnected
良い点:
・Ezioのフル・ストーリーを追体験
・短いロード時間
・相変わらず手強いパズル
・新規ユーザーに最適
悪い点:
・雑なフリーラン操作
・奇妙な環境エフェクト
・特典不足

『The Ezio Collection』に関しては、私の中で二分している。この驚異的なトリロジーを通じて語られる物語の追体験は素晴らしく楽しめるし、モンテリッジョーニやローマの復興も素晴らしい。『AC: Brotherhood』のトゥームをクリアし、フル・シンクロを達成するのも最高に楽しい。一方で、フル・プライスで購入することはおススメできないゲームでもある。Ezioの熱狂的なファンと未体験ユーザー向けのコレクションだ。

良い点:
・数百時間に及ぶゲームプレー
・今でもシリーズ最高の主役であるEzio
・世界観を掘り下げる特典映画
悪い点:
・ポテンシャルが無駄になったビジュアル
・どの作品も改善が施されていない
・削除されたマルチプレー・モード

ボリューム満点で全てを網羅しているとはいえ、このパッケージに収められたシリーズ屈指の2本が、この程度のリマスターしか施されなかったのが信じられない。Ezio時代を網羅したこの3本は、不朽の舞台設定と素晴らしい喜びを既に味見した人たちにとっては、限定的な魅力しか備えていない。

7.0/10 ZTGD
良い点:
・色褪せていない3本の傑作
・Ezioは今でも最高のアサシン
悪い点:
・不安定なフレームレートは健在
・奇妙なグリッチ

『The Ezio Collection』は、練られた3本を収録した手堅いパッケージだ。新世代向けに最適の3本ではあろうが、移植は最高とは言えないし、既にクリア済みの人間にとっては、懐かしさしか感じられない。シリーズを好きにさせてくれたゲーム群を追体験するのは楽しいものの、あまりにボリュームが多いため、このコレクションを目にすることは二度とないだろう。しかし、シリーズへの入門を望んでいる人にとっては、これ以上のタイミングは存在しないだろう。1作目は素通りしても何の問題もない。黙っていてあげよう。

良い点:
・改善されたフレームレート
・Ezioの人生の始まりと終わりを描く、実写を含む2本の映画を収録
・昔気質なアサシンとしての暗殺は変わらず楽しい
悪い点:
・近作の改善を体験した後に昔の操作体系に戻るのは難しい
・古臭いグラフィック

Ezio Auditore da Firenzeがどれだけ年齢を重ねても、無数のテンプラーを刺し殺すのは実に楽しい。とはいえ、楽しめるのは初めてプレーする場合のみ。既に『Black Flag』や『Syndicate』を体験済みの人間が、これほどのゲームプレー退化に耐えられるとは思えないのだ。『The Ezio Collection』は、当然ながらオリジナルを大いに楽しんだ熱心な『Assassin’s Creed』ファンのためのものなので、フランチャイズの新参者や近作だけをプレー済みの人間向けではない。たとえ熱心なファンであっても、近作と比較すると雑に感じられるこれらのゲームをおススメするのは難しい。少なくとも、改善されたフレームレートと、Ezioの物語を完結させるアニメと実写の2本の短編映画は、熱心なファンが本作を購入する理由になるだろう。新参者とベテラン・ファンにEzioを好きになってもらうには、リマスター版が妥当なのかもしれない。

3.5/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・『Creed』の傑作3本のリマスター
・変わらず強力なストーリーラインとミッション・デザイン
・素晴らしい歴史舞台
・最もカリスマ性のあるマスター・アサシン
悪い点:
・出来の良くない『AC2』リマスター
・近作ほど洗練されていない戦闘やゲームプレー

『The Ezio Collection』は、『Assassin’s Creeds』の傑作2本と良作1本を収録しているが、このリマスターは作品の価値を引き出すことができていない。『AC2』と『Brotherhood』のビジュアルを、『Assassin’s Creed: Revelations』の水準に引き上げたり、戦闘や操作体系を統一することは無理だったんだろうか?

とはいえ、Ezioトリロジーの強力なストーリーテリングとフィレンツェのカリスマは色褪せていないが、『The Ezio Collection』は新規ユーザーが追いつくのに最適とはいえ、もう一度プレーしようという古くからのファンには報いてくれない。

『Assassin’s Creed: The Ezio Collection』はUbisoftの人気フランチャイズにとっての最高の入門編だが、既にシリーズに親しんでいる人たちにとって、このリマスター化は精彩を欠いており、おススメすることは難しい。
6.0/10 God is a Geek
良い点:
・相変わらず素晴らしい『Brotherhood』と『Revelations』
悪い点:
・色褪せた『Assassin’s Creed II』
・少し無意味に感じる

オリジナルの記憶に見合っていない、雑なリマスター。

良い点:
・『Assassin’s Creed II』は今でもシリーズ最高のストーリーテリングと舞台設定、そして最も印象的なミッション群を備えている
・グラフィックに問題を抱えているものの、オープンワールドのスケール感は変わらず素晴らしい
悪い点:
・改善が少ない
・ライティングのせいで『Assassin’s Creed II』はより醜くなっている
・古臭く見える3本のゲームプレー

最高のリマスターとは言い難い(それでも最低には程遠い)ものの、『Assassin’s Creed II』の優れている箇所は、今でもフランチャイズのハイライトであり続けている。

6.0/10 IGN
素晴らしいストーリーテリングとキャラクターたち、そしてゴージャスな世界構築など、Ezioトリロジーは『Assassin’s Creed』が現在のような巨大なフランチャイズへと成長した大きな要因となった。本作にもその要素は全て健在ではあるものの、大きな改善が施されておらず、これといった特典もないため、おススメするのが難しいコンピレーションとなっている。
5.5/10 CGMagazine
『Assassin’s Creed: The Ezio Collection』はただただ疲れる製品だ。