2016年12月17日(土)07時25分

『SUPER MARIO RUN』海外レビュー

smrun.jpg

『SUPER MARIO RUN』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション
  • 機種:iOS/Android
  • 開発:任天堂
  • 販売:任天堂
おススメ Eurogamer
任天堂は、そのデビュー作でスマートフォンのオートランナーを極め、征服してみせた。
8.5/10 God is a Geek
良い点:
・超お手軽にプレーできる
・中毒性のあるゲームプレー
・最高に楽しい王国作り
悪い点:
・少々厄介なジャンプ

遂にAppleデバイスに登場した『マリオ』ゲームは、容易な操作、最高のゲーム・モード、中毒性のある豊富なゲームプレーまで、ひたすら楽しいゲームに仕上がっている。

良い点:
・極めて練りに練られたゲームプレー・メカニックとステージ
・夢中にさせるゲームプレー
・寿命を延ばす追加ゲーム・モードとアンロック要素
悪い点:
・携帯性を損なう常時オンライン
・ステージ数が少なすぎる
・平凡なアート・スタイル

スマートフォンで本物の『スーパーマリオ』がプレーできる日など一生来ないように思えたこともあったが、本作には任天堂の看板ゲームに期待する洗練と魅力がすべて詰まっている。

8.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・モバイルに完璧にフィットした『マリオ』
・充実したリズミカルなプレー
・基本プレー無料ではない
悪い点:
・基本プレー無料のように感じることも
・鬱陶しい常時オンライン必須
・単調なキノピオラリー・ステージ

常時オンラインのような不満点も幾つかあるし、追加ステージの配信があるなら教えてくれると嬉しいが、『SUPER MARIO RUN』は、任天堂で一番人気のあるキャラクターにとって素晴らしいモバイル・デビューとなっている。

8.0/10 IGN
『SUPER MARIO RUN』は巧妙にデザインされたプラットフォーマーで、何度もプレーしたくなる強力な魅力がある。メイン・キャンペーンを終えると、中毒性のあるリプレー可能なステージが、コインをコンプする欲求を駆り立てるのである。王国作りとキノピオラリーはゴール・ラインを目指す更なる動機を提供、これで私も自分のキノコ王国に投資できるというものだ。これまでで最も華麗な『スーパーマリオ』ゲームには程遠いものの、『マリオ』フランチャイズの楽しさと魅力を、片手体験に巧みに凝縮することに成功している。
8.0/10 Nintendo Life
嬉しいことに、『SUPER MARIO RUN』は多くの否定論者が懸念したような、簡略化された駄作とは程遠い仕上がりだ。実際、このモバイル・ゲームで注目すべきなのは、ゲームプレーや手応えが伝統的な『マリオ』ゲームと良く似ているところだろう。限定的な操作しかできないにもかかわらず、プレーヤーのスキルに重きが置かれており、ピンクや紫のコインを全て集めるとなれば尚更である。とはいえ、ボリュームの無さは問題だろう――平均的なプレーヤーなら、道草無しの最初のワールドツアーを1時間程度でクリアできてしまう。その結果、ソーシャル要素が長期的なフォーカスになってくる。洗練されたゲーム内フレンド・システム経由で友達に挑むのは中毒性があるし、王国作りメタゲームを支えるキノピオラリーも末永くプレーできるはずだ。

しかし、その販売モデルの後味が悪いのも事実。一部を試すことができるのは嬉しいが、デモ無しで価格を下げてくれた方がなお良かった――いわゆる基本プレー無料とは違うものの、数分で終わってしまう広告に過ぎないのだ。長年の『マリオ』ファンにとって、メイン・モードの短さはボッタクリのように映るかもしれないが、『SUPER MARIO RUN』はモバイル向けにデザインされたゲームなのだ。短時間友達と競い合うことが真髄であり、そうした心意気で臨めば、一見単純に見えるその裏側に隠された驚くほどの深みに気付くはずだ。

4.0/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・iPhoneで『マリオ』がプレーできるなんて本当にクール
・最高のプラットフォーマー
・シンプルだが中毒になる
・高いリプレー性
悪い点:
・少々価格が高い
・ずば抜けた名作というわけではない

さて、本作に8ポンドの価値はあるのだろうか――iPhoneゲームとしては高価なのは間違いない。Appleのデバイスで『マリオ』をプレーするという目新しさだけでもその価値はあるが、その冠に追加料金を支払っているとも言えるだろう。メカニックはこれまでとそう違いはないが、だからといって質が低いことにはならない。実際、質は高いのだ。マリオが出てくるだけで質が上がるのだ。

任天堂が『SUPER MARIO RUN』で手抜きをしなかったのも当然だろう。任天堂製品である以上、一定のクオリティが期待されるのだ。確かに目新しさはあるし、このフランチャイズが過去に何度も起こしてきたような革命は一切期待できないもの確かだ。とはいえ、質は高い。それで十分なこともあるのだ。

『SUPER MARIO RUN』は最高のiPhoneゲームで、期待通りのフォーミュラに沿いながらも、極めて楽しいフォーミュラに仕立てている。それで何の問題もないのだ。

4.0/5.0 Games Radar+
良い点:
・バラエティに富んだステージ
・昔ながらの『マリオ』に感じられる
悪い点:
・少々無意味な王国作り
・かなり単調になりえる

『SUPER MARIO RUN』は素晴らしい出来で、任天堂のモバイル・デビューとして巧みな一歩となっているが、難易度の急上昇はカジュアル・ゲーマーをイライラさせるかもしれない。

4.0/5.0 USgamer
ビジュアル: アニメーションは変わっているが、『New スーパーマリオブラザーズ』風味が復活。全体的に綺麗ではあるが、『New スーパーマリオブラザーズ』風味は流石に古臭い。一つ提案、レトロ・スキンなどどうだろう?
サウンド: 予想通り、『New スーパーマリオブラザーズ』風の楽曲が使われている。だが、悪名高き「ワーワー」はなくなった

オフラインでプレーできないのは痛いが、それを除けば、『SUPER MARIO RUN』は任天堂が優れたモバイル・ゲームの本質を理解していることを示す、魅力的な体験に仕上がっている。モバイル・ゲームが好きではない人も、試してみる価値はあるはずだ。まずは無料で試してみて、気に入ったら残りのステージを購入しよう。

7.0/10 Game Informer
コンセプト: プラットフォーマー・ジャンルのサブ・カテゴリーでマリオがモバイルに進出
グラフィック: アート・スタイルは10年前の『New スーパーマリオブラザーズ』と区別が付かないが、iOSのマリオも美しい
サウンド: 古典的『マリオ』楽曲のリミックスは質が高く、効果音も記憶通り
プレー性: オートランの最中にタップでジャンプ。ゲームプレーは上手く機能しており、進化したプラットフォーミングと驚くようなステージの機会を残している
エンターテイメント性: 非任天堂プラットフォームへのマリオのジャンプは、ゲームプレー面ではスムーズだ。ステージも素晴らしいが、数が十分ではなく、リプレーしても価値あるご褒美はもらえない
リプレー性: 高め

『SUPER MARIO RUN』は、次のステージに向かって疾走している瞬間こそが真骨頂。プラットフォーミングは最高の出来で、レベル・デザインには何度も驚嘆させられた。モバイル版をプレーしていることを忘れてしまったほどだ。残念ながら、そうした感覚もあっという間に消えてしまう。さあこれからという時に、ピーチ姫がキスをしながら感謝してきたのだ。ステージを何度も繰り返しプレーすればリワードも貰えるが、私にとっては十分ではなかったということだ。

7.0/10 GameSpot
良い点:
・現代『マリオ』プラットフォーマーの見た目と感覚を再現
・対戦が盛り上がるキノピオラリー
・新たなプレーアブル・キャラクターといったリワードが豊富
悪い点:
・不十分なステージ数
・常時オンライン接続必須
・法外な価格

様々な理由で『RUN』を批判することは容易いが、シリーズの本質的なゲームプレーをスマートフォンで巧みに再現している点を称賛しないのは困難だ。シンプルな操作性もへったくれもない、『SUPER MARIO RUN』は最高のプラットフォーミングと、任天堂が長年かけて完成させたマリオ特有の魅力を提供してくれる。難易度の低さと、長持ちするプラットフォーミング・アドベンチャーが失われているのは残念だが、いつでもポケットに入れておきたくなるタイプのゲームなのである。全てのキャラクターやスペシャル・コースをアンロックする気がなくとも、一度クリアするだけで、『RUN』のクオリティのルーツである『New スーパーマリオブラザーズ』を引っ張り出したくなるはず――シリーズの洗練されたDNAが『RUN』に引き継がれていることの証である。

7.0/10 Polygon
『SUPER MARIO RUN』は、楽しいが不完全なタッチ画面版『マリオ』ゲームだ。プラットフォーマーにおける任天堂のずば抜けた職人技は、本作最高の瞬間に如実に表れているが、限定的な操作性に足を引っ張られることもある。短すぎるワールド・ツアーが支柱ではあるが、同じステージを繰り返しプレーする以上の何かが欲しかった。任天堂自身のハードウェアの外にも居場所を見つけたマリオだが、彼の最高のアドベンチャーはここにはない。
70/100 GamesBeat
ステージを増やして町作りを減らしてくれたら嬉しかったが、『SUPER MARIO RUN』はたった一つのボタンで本物の『マリオ』作品らしさを出すことに成功している。iOSユーザーの誰もが手軽に楽しめるほどシンプルなアイデアでここまでのことができた任天堂は流石だ。

ただボリュームが足りないのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: SUPER MARIO RUN