2017年03月11日(土)00時02分

『スーパーボンバーマン R』海外レビュー

sbr.jpg

『スーパーボンバーマン R』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション
  • 機種:Nintendo Switch
  • 開発:ヘキサドライブ
  • 販売:コナミデジタルエンタテインメント
7.5/10 EGM
歓迎できない作業要素を持ち込んでいるだけに、ゲーム内課金の導入には首を傾げたくなる。そこを許容できるなら、悪くないキャンペーンといつもの中毒的なマルチプレーが、このロンチ・タイトルの柱となっている。
7.5/10 CGMagazine
『スーパーボンバーマン R』はSwitchのロンチ・ラインナップにおける予想外の良作で、昔気質のプレーヤー、マルチプレー狂、可愛いものが大好きな人たちなら検討する価値がある。
7.0/10 GameSpot
良い点:
・超楽しい古典的マルチプレー・バトル
・豊富なマルチプレー・オプション
悪い点:
・アイソメトリック視点のせいで見辛いかも
・時折鬱陶しく感じるカメラの動き

ほぼあらゆる面で、『スーパーボンバーマン R』は定番フォーミュラを用いた無難な出来だ。ストーリー・モードは短い(最長で2時間以下)が、独創的なボス戦や懐かしいオマージュのお陰で楽しめる。本作の肝――バトル・モード――は歓迎すべきレトロな仕上がりで、フランチャイズ誕生から数十年が過ぎた今でも、最高のパーティ・ゲーム足りえている。

7.0/10 Destructoid
まあ、『ボンバーマン』だ。50ドルのアーケード・ゲームという感じ。キャンペーンはポテンシャルを発揮できていないものの、コナミが次回作で本気を出すまでは持つ程度には良く出来ている。
70/100 GamingTrend
良い点:
・革新的で楽しめるボス戦
・コスチュームの購入が楽しい
・マルチプレーに面白い選択肢を加味する8人プレーのアクションと協力プレー・キャンペーン
悪い点:
・「取れ!取れ!取れ!」
・繰り返される音楽が苦痛
・価格の割にコンテンツが薄い

少々コンテンツ不足ではあるものの、『スーパーボンバーマン R』は白熱のアクションでレトロ・ファンを喜ばせてくれる。単調な台詞は嫌気が差すが、チャーミングさとマルチプレーが補っている。8人でハチャメチャなアクションを繰り広げるのが好きなら、『スーパーボンバーマン R』はピッタリかもしれない。追加コントローラーに投資する気がないなら、価格改定後に手にすべきかもしれない。

3.5/5.0 Game Revolution
『スーパーボンバーマン R』の50ドルという価格は、一人でプレーする場合は元が取れないが、『ゼルダ』に疲れた場合や、家族がJoy Conを独り占めしているのにウンザリした場合になら、おススメしない理由は何もない。マルチプレーはかなり長く楽しめるし、『ボンバーマン』フランチャイズの再始動作品として、近い将来かつての栄光を取り戻す劇的な復活の第一歩になることを願う。
3.5/5.0 Hardcore Gamer
『ボンバーマン』が本格的に復活してくれたのは嬉しい。前作から7年も経過しているというのが信じがたい(これまでで最長のブランク)し、完全なパッケージのロンチ・タイトルとして復活を果たしてくれたのはエキサイティングだ。これだけの月日が経過しても未だに色褪せていないゲームプレーも凄いが、当時の開発陣が奇跡を起こしたということなのだろう。アイソメトリック風の視点に移行しているものの、大きな変化はなく、これまでと同じくらい中毒性がある。残念ながら、その魅力自体が足枷になっているのだ。他の『ボンバーマン』との差別化が殆ど図れていないし、洗練され、賑やかな物語を盛り込んではいるものの、改めてプレーする大きな理由にはならないだろう。中毒性はあるものの、コンテンツ不足は間違いないし、カメラ・アングルと操作性が更なる問題となっている。とはいえ、それでもやはり最高に楽しいゲームだし、新コンソールでパーティを開きたいなら最高のゲームになるだろう。『ゼルダ』に対しての完璧なB級ゲーム『スーパーボンバーマン R』はそれなりに楽しめるものの、それだけだ。
6.2/10 IGN
『スーパーボンバーマン R』の万能マルチプレーやボス満載のストーリー・モードは、古典的ゲームプレーを見事に蘇らせているが、深みとカスタマイズ性には失望させられる。対象的に、10年前にXbox 360でリリースされた『ボンバーマンライブ』は見事な出来で、僅か10ドルだった。2017年の50ドルの『ボンバーマン』に、それ以上を期待するのは当然というものだ。
良い点:
・いつも通り素晴らしいマルチプレー
・ローカルとオンリアンの両方ともSwitchとの相性がすこぶる良い
悪い点:
・『ボンバーマン』基準ですら酷く時間の無駄なストーリー・モード
・過去作と酷似していることも考慮すると、馬鹿げた価格設定

『ボンバーマン』自体は未だ古典だし、Switchとの相性も素晴らしいが、法外な価格のせいでおススメするのは不可能だ。

6.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・古典的『ボンバーマン』ゲームプレー
・最高に楽しいローカル・マルチプレー
悪い点:
・法外な価格
・実質プレー不可能なオンライン・マルチプレー

『スーパーボンバーマン R』はとても50ポンドのゲームとは思えない。人気フランチャイズの手堅い最新作ではあるし、最大限生かすには多額の投資が必要になるとしても、Switchの強みを活かしている。現在のオンラインの惨状のせいでバランスの取れたパッケージには感じられず、熱心な『ボンバーマン』ファン以外にはおススメし難いゲームとなっている。

『スーパーボンバーマン R』は、この価格ではおススメしづらい。我々が愛した古典的マルチプレー復活させるという仕事は果たしている。それに、Switchは発売したばかりのハードに付き物のコンテンツ不足に苦しんでいる。『ボンバーマン』のあのマルチプレーが大好きか、どうしても新しいSwitchゲームが欲しいなら、『スーパーボンバーマン R』はその目的を果たしてくれるだろう。しかし、コンテンツ満載の充実した製品を求めているなら、他を探すべきだ。
グラフィック 3.8: ストーリー・モードは綺麗で、ボスは芸術的で迫力があり、マルチプレー・アリーナはクリーンでシンプル
操作性 2.2: ストーリー・モードの厄介なカメラは言うまでもない
音楽/効果音/ボイスアクト 2.8: レトロ感満載の音楽だが、一部の楽曲は鬱陶しく単調。声優の演技は救いの神で、効果音は「ドカーン」しかない
バリュー 2.2: 50ドルという価格では極めてバリューは低いと言わざるを得ない。熱心な『ボンバーマン』ファンでもない限り、爆発的な値下げを待つべき

たまに友達や家族を吹き飛ばして楽しむために『スーパーボンバーマン R』を買おうと考えているなら、検討する価値はあるかもしれないが、大幅に値下げされた場合にのみ購入すべきだろう。50ドルにしてはとにかくボリューム不足だ。これほどの問題点を見ると、新コンソール発売の勢いに乗るために、コナミが突貫工事で発売してしまったのではと推測せざるをえない。

5.0/10 Game Informer
コンセプト: マップや敵、たまには自分を吹き飛ばして、平凡なストーリー・モードとそれなりのマルチプレーを堪能
グラフィック: グラフィック的に凄いゲームではないが、殆どのステージは色鮮やかで目に優しい
サウンド: アップビートな音楽がスピーディなアクションを盛り上げるが、最初のマッチからセリフの単調さは顕著だ
プレー性: 過去作をプレー済みならすぐに馴染めるが、ストーリー・モードのオブジェクティブにはイライラさせられるだろう
エンターテイメント性: 酷いコンティニュー・システムが平凡なストーリー・モードの足を引っ張っているし、マルチプレーの底の浅さもすぐに露わになる
リプレー性: 低め

飛ばしてもいいストーリー・モード、練られていないゲーム内課金システム、底の浅いマルチプレーなど、『スーパーボンバーマン R』は時間の無駄だ。シングルプレーよりもマルチプレーの方が出来が良いが、マルチプレー自体の出来はそれほどでもない。

2.5/5.0 Twinfinite
良い点:
・古典的『ボンバーマン』のカウチ協力プレー
・楽しい音楽
・ローカル・マルチプレー時に上手く機能するJoy Con
悪い点:
・ラグいオンライン
・短く単調なストーリー・モード
・厄介なゲーム内貨幣システム
・法外な価格
・ストーリー・モードでジェム不足で死んだ時に全てを繰り返さなければならない不当なペナルティ

Switchと一緒に『スーパーボンバーマン R』を買おうと考えているなら、少し待つべきだ。適正価格への値下げだけでなく、オンライン・マルチプレーの修正もその理由だ。『スーパーボンバーマン R』には間違いなく楽しめる箇所はあるものの、それは複数の人間と一緒にプレーした場合のみ。ストーリー・モードもマルチプレーも、同じ部屋で一緒にプレーした場合に進化を発揮するが、練られていないゲーム内貨幣、単調で短いストーリー・モード、今は機能していないオンラインが足を引っ張っており、楽し瞬間もストレスに取って代わられている。

私は『スーパーボンバーマン R』をそれなりに楽しんだし、確かに懐かしい気持ちにもなったが、このリバイバルは突貫工事に感じられるし、おススメするにはあまりに雑すぎる。
2.5/5.0 USgamer
『スーパーボンバーマン R』は古典的な『ボンバーマン』アクションを復活させているものの、全体としては改善の余地があるだろう。短いストーリー・モードをクリアしたら、残るはマルチプレー。ローカルとオンラインのマルチプレーはどちらも手堅い出来だが、過去作にはあるマッチのカスタマイズ性に欠けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: スーパーボンバーマン R